在宅支援をご希望の方へ

猫がどうしても好きになれず猫を軽視しイジメてしまう大人の気づき!

猫がどうしても好きになれず猫を軽視しイジメてしまう大人の気づき!

猫がどうしても好きになれず猫を軽視しイジメてしまう大人がいました。その大人が気づいたことについて書きたいと思います。その大人はどうしても猫が好きになれず猫を軽視し軽く蹴飛ばしてしまうそうです。

本人も自分でも何故か分からない・・どうしたら好きになれるのだろう・・・と悩んでいたのです。そんな人にYさんはこう言いました。

Yさん「もしかしたら、猫に優しくすると、あなたは誰かを裏切ってしまう気がするんじゃない?」

猫をいじめる大人「ん?・・・・・あっ!そうだ!」

Yさん「何か気づいた??」

猫をいじめる大人「猫が好きなのに好きになれない理由が分かった」

猫をいじめる大人「猫に優しくすると親を裏切ってしまう気がしてたんだ!」

Yさん「なるほど」

<<下に続く>>

猫をいじめる大人「親の世代は戦争中に知人が食べるものが無くて猫を食べたと言っていて、猫はまずかったし気持ちわりぃって、小さい頃に何度も聞かされてた。だからだ!」

Yさん「そうだったんだね」

猫をいじめる大人「いっしょくたにしてたんだ」

Yさん「本当はネコ好きなの?」

猫をいじめる大人「本当は大好きなんだよ」

Yさん「怖かったんじゃないかな?」

猫をいじめる大人「そうだ親が怖かったんだ。猫を認めると俺は食べ物以下の人間になり下がり親や親戚とかから食べ物以下の扱いをされそうで怖かったんだ。猫に申し訳ない本当。わかった。完全に腑に落ちた」

Yさん「自分の気持ちに気づけて良かったね」

猫をいじめる大人「俺は変われる。絶対に変われるとわかった。ありがとう」

Yさん「全て区別して大丈夫なんですよ(^^♪」

あなたを「回復」させて「改善」する方法

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法
これを見た時、僕は思わず興奮してしましました!理由は僕自身、パニック障害、自律神経失調症の根本を探り続けていくことで「蝶形骨」と「脳幹」「大腰筋」へ辿り着いたからです。カラダの歪み、心の歪み、認知の歪み。歪みこそが根の原因であるということ。そしてカラダの歪みの改善。それが脳幹に関係あるから。だから、この方法こそが、今僕が最もおすすめできる改善法です。本気で改善したいと思う人のみお試し下さい。メールサポート1年間たっぷりあります。本気で取り組みましょう! 1年間サポート・全額返金保証付

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by LV

    気付いて良かったですね!

    親から子への影響って
    動物に対してまでも出てくるんだっと
    思いました。

  2. by 名無し

    潜在意識って本当に怖い。でも猫が好きって気づけて良かったですね。これからはいっぱい可愛がってほしいです。

  3. by けんじ

    猫をいじめるなんて許せない

  4. by 名無し

    原因に気付けて本当に良かった!
    これ以上無駄な暴力を行使せずに済みますものね。

    私も幼い頃、猫皮の三味線の話や、南方戦線で身重の犬を捌いて食べたという祖父の思い出話が怖くて、犬猫に祟られるから大嫌い!と言っていました。
    そういう時代だった、と割りきれるようになってからは、動物が好きになりました。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      素敵なコメントをありがとうございます!

      区別が出来るようになれることで変化できたんですね!

      良かったです(^^♪
      他者の価値観から自分の価値観へと変化できたんですね。

  5. by ancoro

    気が付けるようで気が付けない刷り込み。

    刷り込みを解除するきっかけは案外些細なものだったりするのかも知れません。

    そのためには日頃から自他の区別を明確にする努力が必要ですね。

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      難しいようで簡単な場合もあったり、気が付けるようで気が付けない刷り込み。

      その「きっかけ」があれば簡単だと思いますが、その「きっかけ」と出会う確率が低い、または自分が無意識レベルで望んだら「きっかけ」が不思議と表れてくるのかもしれませんね。

  6. by りん

    自分の気持ちに気が付いて良かったですね。
    親の影響は、思ったより大きいし、色々な場面で出てくるんだなと感じました。
    親は猫を嫌っていて、自分を嫌っていた訳ではないという事ですね。

    全くの別物です。

  7. by ぜろ

    それはきっと、優しさの表現方法を間違えたんですね。

    「全て区別して大丈夫なんですよ(^^♪」

    区別しよっっ♪

    他人(ひと)は他人(ひと)、自分は自分

    人間(ひと)は本来、優しい生き物のはずだから…

  8. by ストリチヤ

    これも親の影響って奴なんですかね。
    虐待の話だったらどうしようかとドキドキしながら読んでたので、ホッとしました。
    男が呪縛から解放された事、男に苛められる猫がいなくなって良かったです。

  9. by kyu

    猫は猫、自分は自分。私達は複雑な心の働きで、何かと人やモノに余計な感情をつけて見てしまいがちだけど、その色を1度とってみて、クリアな目で見てみることが大事だと思いました。

  10. by 名無し

    何かを嫌いという事には全てに何かしらの原因があるという事に気づけたのはいい事だし、それらは誰しもに当てはまる事だと私自身も気付かされました、ありがとう。

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。