心の支配から脱出し「本当の自分」に近づくため5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

「モラルハラスメントの被害者たちは気付こう」にも書きましたが、モラルハラスメントを行う親の一例です。

「いつでもお前たち子供のことを親は心配し考えてきたんだぞ。」と言いながら、「そんなことも出来ないのか?」「生きてる価値がない」など、無理難題を押し付けておきながら子供の自尊心を徐々に傷つけていく。

自尊心を傷つけると子供は愛情や承認をもっと欲することを知った上でモラルハラスメントを行う親からの承認や愛情を欲しがり出す時を待っている。

そしてモラルハラスメント加害者はこう言う「被害者意識でしょそれ!」と被害者意識を持つダサい奴だと思わせることで、自分たちの巧妙な手口に気づかせないように仕向けているのである。

子供が愛情や承認を欲するのは当たり前で、子供が生きていく上で愛情や承認がなければ精神が餓死するからである。

そして愛情や承認を欲しがったら、愛情を1あげて2~10の見返りを巧妙に子供が出したくなるように要求する。

定期的に言語メッセージを巧みに使い「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。いつでも守る覚悟がある」と子供をコントロールしていく。「素直ないい子だな」「優しいな」など何度も子供に刷り込み、「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。」とモラハラ毒親は立派だと植え込んでいくのです。

そうすると素直で優しい子供はこう思うのです。

「俺も親の為に命をいつでも捨てなければいけない」

<<下に続く>>

つまり、この罠は、モラハラ親が徐々に自分が与える愛情を減らしていくので、最終的には僅かな1の愛情をもらうためには、命まで投げ出さないといけないといけない心理にまで追い込まれるのです。そしてその間に、命を投げ出す映画を繰り返し繰り返し進めてくるのです。映画のように親にとことんまで尽くせと。そうやってコントロールしていくのです。

子供の理解力では気付くことも出来ないし、到底精神も雁字搦めにされているので、気づいても立ち向かうことも出来ないし、親が悪でコントロールしているなど気が付けない。

何故なら見抜くには無意識を見抜き非言語メッセージをしっかり見抜かなくてはならなくて、それを子供が知ることは不可能に近い点を利用している。

こうやってモラルハラスメントの毒親が、隠れて自分の精神的大罪をばれないようにしながら社会に異常者を量産していることに繋がっている事もあるでしょう。それが無差別殺人、非行、引きこもり、心の問題、いじめ問題、キチガイ、などだ。

 このことに気づきだすことが、学びであるし、謎解きゲームのように楽しいので、是非やってみて下さい。

気付けば恨みが出てきますが、その恨みは悪いことではなく当然です。当然ですが恨みの出し方に注意です。誰かを傷つける恨みの出し方は自分を傷つけますので、言葉でもって、論理的にやりとりして、すべて自分のプラスにしちゃってください。精神を食いつぶし巧妙に細工するモラルハラスメントの毒親。向き合えばプラスです!本当のプラスはネガティブをポジティブにすること。許可すればよいのです。弱い親が自分に分かってほしかったんだからしょうがないなぁ(笑)と。

その後に理解が深まってくると、それでも一生懸命やってくれていたことや、別の視点、親の愛、なども見えてくると思います。大事なのは自分のペースです。

モラルハラスメントをする親に育てられると、それが「普通」という価値観になっていることがあり、そのまま新しい自分の家族を作ったり恋愛をすると、そこでモラルハラスメントが再現されることもあります。彼氏や夫からのモラルハラスメントに悩んでいる方はモラルハラスメント実践対策がおすすめです。

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

あなたを救うことが出来るのは、
あなた自身です。

あなたが自分の「」になり、
自分がしてほしかったことを
あなた自身にしてあげるのです。

自分の「」になるということ
それは「本当の自分」を取り戻すということ。

1歩ずつ、日々、歩いていきましょう。

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)
・記事を読んであなたの「気づき」に繋がったことがあれば投稿して下さい。
・あなたの「気づき」が誰かの心に届くかもしれません。
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)