Google検索

モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

モラルハラスメントの親は巧妙に操作する

「モラルハラスメントの被害者たちは気付こう」にも書きましたが、モラルハラスメントを行う親の一例です。

「いつでもお前たち子供のことを親は心配し考えてきたんだぞ。」と言いながら、「そんなことも出来ないのか?」「生きてる価値がない」など、無理難題を押し付けておきながら子供の自尊心を徐々に傷つけていく。

自尊心を傷つけると子供は愛情や承認をもっと欲することを知った上でモラルハラスメントを行う親からの承認や愛情を欲しがり出す時を待っている。

そしてモラルハラスメント加害者はこう言う「被害者意識でしょそれ!」と被害者意識を持つダサい奴だと思わせることで、自分たちの巧妙な手口に気づかせないように仕向けているのである。

子供が愛情や承認を欲するのは当たり前で、子供が生きていく上で愛情や承認がなければ精神が餓死するからである。

そして愛情や承認を欲しがったら、愛情を1あげて2~10の見返りを巧妙に子供が出したくなるように要求する。

定期的に言語メッセージを巧みに使い「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。いつでも守る覚悟がある」と子供をコントロールしていく。「素直ないい子だな」「優しいな」など何度も子供に刷り込み、「いつでもお前たち子供ことを親は心配し考えてきたんだぞ。」とモラハラ毒親は立派だと植え込んでいくのです。

そうすると素直で優しい子供はこう思うのです。

「俺も親の為に命をいつでも捨てなければいけない」

<<下に続く>>

つまり、この罠は、モラハラ親が徐々に自分が与える愛情を減らしていくので、最終的には僅かな1の愛情をもらうためには、命まで投げ出さないといけないといけない心理にまで追い込まれるのです。そしてその間に、命を投げ出す映画を繰り返し繰り返し進めてくるのです。映画のように親にとことんまで尽くせと。そうやってコントロールしていくのです。

子供の理解力では気付くことも出来ないし、到底精神も雁字搦めにされているので、気づいても立ち向かうことも出来ないし、親が悪でコントロールしているなど気が付けない。

何故なら見抜くには無意識を見抜き非言語メッセージをしっかり見抜かなくてはならなくて、それを子供が知ることは不可能に近い点を利用している。

こうやってモラルハラスメントの毒親が、隠れて自分の精神的大罪をばれないようにしながら社会に異常者を量産していることに繋がっている事もあるでしょう。それが無差別殺人、非行、引きこもり、心の問題、いじめ問題、キチガイ、などだ。

 このことに気づきだすことが、学びであるし、謎解きゲームのように楽しいので、是非やってみて下さい。

気付けば恨みが出てきますが、その恨みは悪いことではなく当然です。当然ですが恨みの出し方に注意です。誰かを傷つける恨みの出し方は自分を傷つけますので、言葉でもって、論理的にやりとりして、すべて自分のプラスにしちゃってください。精神を食いつぶし巧妙に細工するモラルハラスメントの毒親。向き合えばプラスです!本当のプラスはネガティブをポジティブにすること。許可すればよいのです。弱い親が自分に分かってほしかったんだからしょうがないなぁ(笑)と。

その後に理解が深まってくると、それでも一生懸命やってくれていたことや、別の視点、親の愛、なども見えてくると思います。大事なのは自分のペースです。

モラルハラスメントをする親に育てられると、それが「普通」という価値観になっていることがあり、そのまま新しい自分の家族を作ったり恋愛をすると、そこでモラルハラスメントが再現されることもあります。彼氏や夫からのモラルハラスメントに悩んでいる方はモラルハラスメント実践対策がおすすめです。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。