「無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?」自分を虐待することをやめればよい。

「無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?」自分を虐待することをやめればよい。

無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?

このテーマで僕が思うことを書きます。「少し厳しいことが書いてあるなぁ…」と思うかもしれませんが大事なことなのでハッキリ書いておきます。

なぜ、無条件で自分を肯定できないのか…それは虐待者だから

「どうしても無条件で自分を肯定出来ません」という人にハッキリ言いましょう。自分が虐待者だと気づいて、虐待をやめればいいのですよ。虐待しているから自分を否定しているんですから。

無条件で自分を肯定することが出来ないのは「肯定できない」じゃなく「肯定しない」からなのです。

「自分の本音」と「恐怖への同一化」に真剣に向き合ったほうが早いですよ。その上で「自分で自分を肯定しない理由」を知ればよいでしょう。「自分を否定している分、誰かに媚びへつらっている」のでしょうね。1つ例を挙げます。

Aさんは無条件で自分を肯定できないと悩んでいた。そしてSNSで日々他人の賞賛ばかりしていた

Aさんは自分の良いところを見ない。伸ばさない。自分を育てない。そして他人のことを褒めたたえる日々。これは厳しく言えば「自分を虐待している虐待者」なのですよ。

虐待についての以下の引用を読んでみてください。

虐待行為の分類

身体的虐待
対象に身体的暴力を加える
心理的虐待
対象に心理的暴力を加える
性的虐待
対象に性的暴力を加える
経済的虐待(金銭的虐待)
対象に金銭を使わせない、あるいは勝手に使う
ネグレクト(養育放棄・無視)
対象に必要な資源を提供しない

引用元:虐待 – Wikipedia

虐待行為の分類の中に「ネグレクト」が入っていますよね。ネグレクトも虐待です。

英語のNeglectの「怠慢・粗略」「無視・軽視」から生まれた用法であるが、派生語としての同義語であるNegligenceは運転者のネグリジェンス・機長や船長のネグリジェンス・危険物管理者のネグリジェンスなどというように、全ての分野における義務不履行や(職務などの)怠慢を意味して使われることもある。

引用元:ネグレクト – Wikipedia

「無視」や「軽視」もネグレクトです。

心の中の小さな自分を無視したり、軽視したりするのも立派な虐待なのですよ。自分を虐待しながら肯定できると思いますか?無理ですよ。

ですから、「無条件で自分を肯定できません。どうしたら良いですか?」のような、この手の問いは「自分を虐待し続けたまま自己肯定感を高めたいんですけど、どうにかしろよ?」と同じようなものです。

自分を虐待していることにも気づかないまま自分を無条件で肯定することは基本的には出来ません。

本当に自分を肯定できるようになりたいのなら

本当に自分を肯定できるようになりたいのなら、「サヨナラ・モンスター」を読んでほしいと思いますが、まず、自分が受けてきた深い心の傷や苦しみに真正面から向き合ってください。そして被害者意識を思う存分吐き出してください。今まで一生懸命頑張って生きてきたはずです。そしてたくさん傷ついてきたと思います。だからこそ、その感情を1つ1つ最後まで感じきってあげて下さい。

次に、自分が加害者であることに気が付いてください。自分のことも虐待している虐待者です。自分を虐待することに慣れ親しんでいるのです。かわいそうだと思いませんか?心の中の小さな自分はあなたを裏切っていない。あなたが一方的に裏切って見捨てたのです。そして置き去りにして心の中の小さな自分が「助けて」と言っているのに「無視」して、無視することに慣れ親しんでいる。そんな状態だと気付いて、そこから自分を本当の意味で自分を救い出すことが必要です。

人は皆、被害者でもあり、加害者でもあり、虐待者でもあるのです。僕自身も虐待者でした。被害者としての自分を認め、加害者としての自分も認めることが出来るようになると、無条件で自分を肯定出来ます。

自分を救い出すには敵と戦うことが必要になる場合もある

世の中、敵がいるのが当たり前です。自分を救い出すには敵と戦うことが必要になる場合もあります。敵を敵としてみないで迎合して、恐怖に同一化したりして、自分を虐待している。そんな状態で幸せになることなどできないでしょう。

こちらの記事でも書きましたが、世の中には「身勝手で見当違いな思い込みによる被害者意識を持っている者が、自尊心を傷つけようと近寄ってくる」場合もあります。そこまでいかなくても「あなたに、自己否定感を植え付けようとする者」もいます。それが普通のことです。

そんな中、あなたはそれに対抗する術を身に着けていますか?どんな手法やどんな知識で戦いますか?そういったものを持っていないのなら「自分を守る自分の親」とは言えません。本当に自己肯定感を高めていきたいのなら「自分を虐待することをやめて、戦うために勉強を始める」ことです。自分や大切な家族を守るために寝る間も惜しんで勉強している人もいます。

それでも「見せかけだけの自己肯定感」で良いのなら「他人を称賛し、他人に媚びへつらって、恐怖に同一化して、薄っぺらいメッキをかけてもらえばよい」と思います。そんなメッキはすぐに剥がれ落ちますけど…。あなたの人生はあなたのものです。あなたが自由に選択したらよいのです。

これは僕の単なる一個人の意見に過ぎません。鵜呑みにしないでくださいね。

この記事内容は厳しく感じたり嫌な感じがするという人もいるかと思いますが、本当の意味で自分を救うためには必要なことなのです。自分を大切に扱ってあげてください。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)