苦しみが怖い。苦しみを避けたい。苦しみたくない。と思いながら苦しんでいますよね…。さぁ、勘違いを解きましょう!

苦しみが怖い。苦しみを避けたい。苦しみたくない。と思いながら苦しんでいますよね…。さぁ、勘違いを解きましょう!

「苦しみが怖い」「苦しみを避けたい」「苦しみたくない」と思いながら人は苦しんでいますよね…。

「あんな苦しみは二度と味わいたくない!」「なんでこんなに苦しいんだ!」と。そして人はまた苦しみます。

今回の記事はそんな「苦しみ」についてです。

苦しみとは

苦しみ (くる -) あるいは 苦痛 (Suffering or pain) は、不快さの基礎的で感情的な経験であり、危害と結び付けられた嫌悪あるいは個人における危害の恐れである。

引用元:苦しみ – Wikipedia

上記の引用にある「危害の恐れ」が「苦しみ」です。例えば機能不全家庭で心理的な虐待を受け続けて育った人が過去を思い出すだけで苦しくなる。それが過去に受けた危害(身体や命に及ぼす危険や損害)への恐れです。

さぁ、勘違いを解きましょう

ここで勘違いを解かないといけないことがあります。

それは、最初に書いたこと。

「苦しみが怖い」「苦しみを避けたい」「苦しみたくない」と思いながら人は苦しんでいる

「あんな苦しみは二度と味わいたくない!」「なんでこんなに苦しいんだ!」と。そして人はまた苦しみます

なんか変だと思いませんか?

苦しみ」=「危害(身体や命に及ぼす危険や損害)への恐れ」です。

つまり、身体や命に及ぼす危険や損害を受けたくないんですよね?だから「苦しみの感情」が出ているのです。つまり、苦しみの感情って味方なんです。あなたを危険や損害から守ろうとするために生まれている感情が「苦しみ」なのです。

その、あなたを危険や損害から守ろうとするために生まれている感情である「苦しみ」を忌み嫌っているっておかしいと思いませんか?

画像なし子
ん??? これって、自分で苦しみたくないって言いながら苦しむようにしてる? 苦しみたくないなら、身体や命に及ぼす危険や損害を受けない対策や問題解決しますよね??
菅原
そうです。その通りです。「生みの苦しみ」って言いますよね。自分の身体や命に及ぼす危険や損害から自分を守る必要がある時に生み出さなければいけない新しいこと(考え方や能力など)があります。それを生み出すためのメッセージのようなものが苦しみなのです。

1、苦しみが生まれる → 自分の身体や命に及ぼす危険や損害への対策や問題解決をする → 苦しみが消える

2、苦しみが生まれる → 苦しみたくない!と思うだけ → ますます苦しみが増える

「1」は、自分が自分の親になる道です。

「2」は、自分で自分を無視する自分への心理的な虐待の道です。

苦しみが指し示す先に何があるのか

つまり、今あなたが苦しんでいる。それは身体や命に及ぼす危険や損害について教えてくれている何らかのメッセージなのです。その苦しみを味わって、今、何をするべきなのか。何を学ぶべきなのか。何の能力を高めるべきなのか。心の中の小さな自分を守ってあげる。そんな自分の親になる気持ちになれば、自ずと(おのずと)見えてくるものです。

自分の子供が苦しんでいる。その姿を見てあなたは黙っているのですか?それともその苦しみを解放してあげたいと思いますか?自分に対しても同じです。自分の苦しみ(自分の身体や命に及ぼす危険や損害に対する恐れ)を解放することが自分を大切にするということです。

苦しみが”指し示す先”に何があるのか。

苦しい、苦しい、苦しい…。と思う存分、感情を感じきれば必要なことが見えてくるでしょう。

新しいことを生み出さなくてはいけないときに、人は苦しみます。

やるべきことは、苦しみが指し示す身体や命に及ぼす危険や損害への恐れを明らかにし、問題解決を始めることです。

僕自身は、長い間の心の苦しみから色々と学べました。サヨナラ・モンスターの方法で自分の感情を取り戻し、知るべきことを知ることで、苦しみが減っていきました。苦しみは今気づいていること、これを教えてくれたのでした。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)