どちらかが悪いという前に、どちらにもある心の傷を知り理解を深めましょう。

どちらかが悪いという前に、どちらにもある心の傷を知り理解を深めましょう。

人は相手とトラブルが起こると「相手を悪いと思いたい」気持ちが出てくることがあります。互いに自分が正しいと思っているので引くことは中々出来ない事もありますよね。しかし実際はどちらかが悪いということではなく、どちらも心の傷があることで自分を守るために心理的利点を得て安定を保つことから出ている影響の場合もあるのです。

つまりどちらも正しい場合もあるということです。自分の心を守る為、安定させる為に得ている心理的利点の影響が、相手にとっては攻撃されていると勘違いしてしまうことに繋がっていることがあるのです。

例えば、子供の頃に、AさんとBさんと他数人で鬼ごっこしたとしましょう。 Aさんは、Bさんの迫力感ある体型のことを言い、Bさんに「Bがデカいし迫力あるから絶対鬼ね!Bが鬼じゃないと絶対いやだ!」と伝え、いつも鬼ごっこの時はBさんが鬼でした。

このことを、Bさんは「いじめられている…」と思い傷つきました。しかし、Aさんには悪気はないのです。ですので、ここで癒しの本質である理解が必要になるのです。理解の言葉の意味は、物事の理由、原因、意味を正しく知ること。そう、このBさんとAさんのトラブルの理由、原因などを正しく知れば理解になり癒しになるのです。

ここでも問題は二つ。 何故、Aさんは「Bがデカいし迫力あるから絶対鬼ね!Bが鬼じゃないと絶対いやだ!」と言ったか? もう一つは何故Bさんは迫力あると言われ、それをいじめだと思ったか? Aさんはどうしても迫力感あると思うBさんを鬼にどうしてもしたかったのか、そこにAさんの心の傷が見えてきます。

<<下に続く>>

迫力の言葉の意味は、見る人や聞く人の心に強く迫る力のことですから、Aさんは無意識で迫力を必要としていた可能性があるのです。親や環境から心理的な無視、放置、虐待をされることで現実感は薄れていきます。ですので、子供ながらにして深く傷ついていて現実感が薄れてきていて、自分の存在に透明感が出ているほど辛いから、Aさん自身気づいていませんが、無意識で迫力を感じて現実感をぎりぎり保っていた場合もあるのです。その自分が崩壊しそうな辛さをぎりぎり保つために迫力を無意識で必要としていた場合も。

こういった場合ならAさんに悪気はないのです。 Bさんも親や環境で無駄な否定をされることが多く、良い愛情を与えられず育ったので、必要以上にいじめらていると思ってしまうようになっていて傷ついたいたのです。

AさんもBさんも似たような親、環境で育っているので、本当は痛みが分かる二人なのです。 このように理解していけば、攻撃されていたと思っていたことは実は攻撃ではなく、相手が自分をこれ以上傷つかないように守っている場合もあるので、自分が攻撃されたと感じた時は、「本当に攻撃かどうか」深く理解してみると良いです。 本当は深く傷ついている人がいることが分かってくる場合もあると思います。攻撃ではないと分かると相手への怒りも出てこなくなったりします。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 37 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    誰かのせいにしてしまえばその場は楽です。でも自分には微塵も非がなかったのか?少し時間をおいてもう一度見つめ直す作業をするかしないかで今後の言動が変わってきます。

  2. by ミル

    AさんもBさんも、両者とも悪いんではないでしょうか。
    ケンカ両成敗。
    お互いに一歩譲り合えば、この様な事にはならないと思います。

  3. by ぜろ

    正に、この世は“お互い様"で成り立っているんですね♪♪

  4. by さおり

    こういう理解になるのが
    凄いなっと思いました。

    私も、この立場だったら
    Bさんのように嫌われてるって思うかもしれません。

    自分に言われたことを
    なるべく理解しつつ
    言っている相手の意味も考えるように
    していきたいなっと思いました。

    • by 菅原隆志

      そうなんですよね;
      中々思えることではありませんけど、もう一歩理解を深めてみると
      違うものが見えてくることがあります^^

      理解を深めるってすごく素敵なことですね^^

  5. by メグミ(二児のママ)

    確かにいえると思います、子供の頃は遊びなんかが原因とかって思いますが。大人になると、友達とのつき合いでも分かり合っていけない部分があり大変です。さらに恋愛なんかはもっと心に傷つけてしまい、心の傷を隠してしまうため誤解やなんかも出来て、結婚したあとは子供が出来てからお互いに両親が分かり合っていけないための離婚で、子供が犠牲者になっていく悪循環になってしまうようになります。
    お互いに心の傷も含めて分かり合っていけたら、癒やしあっていけるからと思います、現実の世界に《妖怪ウォッチ》に登場する『バクロバア』がいて状況に応じて人間さん達と考慮してくれたら、こういう時にはいいかなと思います。

  6. by サリー

    難しい問題です。何気ない自分の言葉が、相手を傷つけていることもあるのだとわかりました。これからは、気をつけようと思います。

  7. by サージ

    なかなかうまくいかない関係性の人はたしかにいます。で、やっぱり相手が悪い、自分は正しいと思いがちだけど、ちょっとボタンの掛け違いが続いてるだけなんだと思うようにしました。何かの弾みで掛け違いがほどけた時には、数年間うまくいかなかった人とでも、奇跡的に仲良くなれたりしますしね。

    • by 菅原隆志

      そうなんですよね~
      ズレた部分が修正されるとうまくいくこともありますよね^^

  8. by T.K.

    自分から相手に対して謝ることって中々難しいですよね(:_;)
    大人になればなるほど「ゴメンナサイ」って言葉は言いづらくなるものだと思います。
    でも、それは人間にも誰にでもある感情の1つだと思います。
    自分が悪いと思っていても「ゴメンナサイ」を言い出せないプライドが生まれるのです。
    相手から謝ってきたら自分も謝ろう!なんて思っている人も多いと思います。
    でも、何故その時このような事を発言したか、
    そして、何故怒っているのかを言い合うべきだと思います。そうすることにより、相手の気持ちを理解できるようになるのです。
    時間が解決する事もあるでしょう。
    しかし逆に、時間が過ぎ謝るタイミングを逃す事もあります。
    まずは、勇気を出して自分の気持ちを伝えるのも大事な事だと思います(^^)

    • by 菅原隆志

      そうですよね~^^

      仰る通り気づいてからでも難しいのですから
      傷ついているのにその原因に気づいていない場合はもっと難しいのです;^^

  9. by ヒマワリ

    もしかしてみんな何かしら傷ついて生きているということでしょうか?

    自分が攻撃されたと感じた時、その人の立場に立って考えてみると理解が深まり、そこにマイナスではなくプラスが見えてくるのかもしれませんね。

    • by 菅原隆志

      その通りです!

      傷ついているのに、傷ついていることに気づいていない人が多いのです。
      気づいてしまえば、不利になることや、恩恵を受けられなくなるので、無意識で気づかないようにしているのです。

      深い理解をすると、マイナスではなくプラスがあったりするんです。

      いじめ問題もそうです。

      相手をもっと深く理解すると見えてくるものがあります。

  10. by ゆ

    攻撃されたと思っても、違う場合もあるんですね。

    あまり見えない家庭のこともあるし、相手の事を知るのって時間が掛かるなと思いました。

  11. by シンジ

    難しい問題ですね。

  12. by 伊多波博文

    どちら側にも原因があるというのはよくある事だと思います

  13. by ナオニャン

    対立が起こると、どちらも悪いのだと思っていました。

    どちらも、相手を傷付ける為ではなく、自分を守る為と思えば、どちらも悪くないですね。

    どちらも悪いのだからと、争いを避けずに、もっと自分を大切にしようと思いました。

  14. by あっちゃん

    家庭環境などなや偏見によってそうなるのだと思います。根本は難しいですね。

    • by 菅原隆志

      スタートは親や家庭環境の影響がほとんどです。

      しかし自分の力で思考し判断していけるようになったら、その刷り込まれた価値観を捨てる権利があります。

      親や環境から刷り込まれた価値観は捨てても良いのです。

      捨てずに深い理解をしても良いです。

  15. by ペンティア

    悪気がない事がいじめにつながっていることが多いと思います。双方の理解にもよりますが実際に私があった話です。

    • by 菅原隆志

      双方に理解が深まっていけば抜け出せます。

      相手を加害者としてみていると抜け出せない悪循環になるんですよね;^^

  16. by a

    善と悪、常に平行線。本当の悪は善の仮面をかぶっていて判別が困難だ。底なし沼に陥ってやっと気がつく。でももはや手遅れ。必ず悪い方に原因がある。

    • by 菅原隆志

      そうですね。

      全の仮面をつけて生きると、無意識に悪が蓄積されていってしまうので、バランスが大事なんです。

      手遅れなんてことはないです。
      手遅れだと思った瞬間に手遅れになるのです。

      悪い方に原因があるのではなく、極論で言えば原因は自分の内側にあります。

      早い話、くっつかなければ悪い影響は受けません。

      それほど人はくっつきたがるものです。

      くっついて依存すると相手の心の闇も背負うことになるのです。

  17. by 空

    深く理解するということは難しいですね。自分の無意識を理解しないと相手の事も理解出来ない気がしました。
    人は自分を守ろうとする心理が無意識に働いて、自分に必要な環境を無意識に求めてしまう。考えて過ぎてしまうと妄想になりそうです。

    • by 菅原隆志

      そうですね。
      自分の無意識から心の癖を見つけ省けないと相手の無意識も理解出来ませんし、下手に知ろうとするとマイナスになります。

      考えて過ぎてしまうと妄想になりそうなのは論理で矯正しないからです。

      妄想を防ぐには論理ですので、論理的思考をする癖を付けると良いですよ。

  18. by ぷにぷに

    自分が傷つきたくないと思ってる人は知らずに相手を傷つけてることが多いと思います。
    自分のことしか考えてないから。
    相手のためになんて言いながら自分を守るためのその行動が相手を攻撃してることになり嫌な思いさせてしまう原因になり誤解が生まれ結果的自分が傷つくことになります。

    敵意を向けてるのは相手ではなく自分が敵意を向けた、または、敵意を向けられたと思われたからなのだときづいてほしいです。

  19. by じゃこねこ

    大人同士でも諍いはよくありますよね。私の職場は全員女性で、たまに諍いが起こります。諍いを起こすのは決まって同じ人が多いです。なかなか理解するのは難しいですが、その時は感情も入ってしまい冷静な判断ができません。
    でも、後々時間が経つと冷静に観察できるようにもなります。
    私はとりあえずその人の良い所を探すようにしています。そうすればあんまりその人に対しての嫌悪感は和らぎます。
    なかなか理解するのは難しいですが、努力って必要ですよね。

    • by 菅原隆志

      そうですよね。

      その、よく諍いを起こす人ですが、
      無意識レベルでの助けてほしいというメッセージの場合があります。

      深く理解してあげると、意外な原因が見えることがあります。

      怒っている人は悪者にされやすいですが、怒りは「危険にさらされたぞ!」という解釈から生成さえる感情ですので、本当に危険にさらされているか見極めが必要です。
      見極めたうえで怒っている人が正当な怒りか、勘違いの怒りか判断が必要です。

      悪い暗示で自尊心を傷つけられた時も怒りは出ます。

  20. by kapipara

    私は、どちらかと言うと、何かおきたときに、自分が悪いと、責めてしまいます。
    だからいつも自責の念に苦しめられ、心をとざしてしまいます。

    自分が陰湿ないじめを受けたときも、自分が悪いと思い、自責の念に追い詰められ、自分自身で自分を壊してしまいました。

    • by 菅原隆志

      自分が悪いという根拠はありますか?
      無い場合は思わなくても大丈夫です。

      大事なことは、自責の念を紐解いてみると良いです。

      何故?
      何故?
      と調べていってみて下さい。

      自分を大事に出来るのは自分です。
      唯一の自分を許し大事にしてあげましょう^^

  21. by ふぅ

    偶然なんだろうけど、いつも私の心の中を覗かれているんじゃないかと思うようなことがメールで届きます(笑)

    • by 菅原隆志

      私は心の中は覗けませんよ(笑)

  22. by S.Knight

    痛いほど、今回の話の内容が分かります…。どこかでその「負の連鎖」を断ち切らないといけないと、最近ではそう思っています。
    ただ、理解して欲しかったのです。
    こういった心の動きは、自分を守る為に必要だったものですが…これが“必要ではなくなった”今現在の自分にも影響を及ぼし、結果的に苦しい状態を作り出している。
    「本来の愛情」を受けて育つ事が出来た人は、幸せです。そうでない人が多いからこそ、子供から大人→社会へと問題が起きてくるわけで…。
    もはや、ほぼ全ての人々に対して“気付くための”カウンセリングが必要なのではないかと思ってしまいます(^^;

    • by 菅原隆志

      解ってくださり有難うございます。

      「負の連鎖」を断ち切る大切さを分かっているという事が嬉しいですね(#^^#)

      「必要ではなくなった”今現在の自分にも影響を及ぼし」

      こちらも良く分かります。

      なので、必要ないものは「省く、捨てる、帰す」ことが必要になってくるんですよね。

      「本来の愛情」があれば、こんなことにはならないのも納得です。
      大きく歯車がずれてしまっているので、おっしゃる通り全人類といっても良いくらい「気づき」が大事だと思っております。

      そしてもう、カウンセリングという形では不十分だとも私は思います。

      組織レベルでの集団カウンセリング。
      気づきを与えるドラマ展開が必要だと分かってくるようにもなりました。

      そこが分かってくると、この世界も気づきを出すためにあらゆる仕掛け、カラクリがあることが分かってきました。

      簡単に言えば、世の中自体が試練とか気づきの為のドラマなのだと。

      世界レベルで気づきは与えようとしているのでしょう。

      しかし人間の無意識の奥底では、そこまでの世界レベルでの気づきでもなかなか変化できない無意識のクセがあるともわかりました。

      カウンセラーは常に成長が大事なんですね(#^^#)

      本物のカウンセリングとはリアリティのある強烈な感動を生み出すことで気づきを与えることではないか?と感じます。

  23. by 苺

    思った事を伝えて誤解がとける。

    自分の頭の中だけで決めつけると、ややこしくなりますね

    • by 菅原隆志

      そうですね。

      ですが両者が気付いていない無意識の場合は、誤解は解くのはすごく難しいんですよね。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)