どちらかが悪いという前に、どちらにもある心の傷を知り理解を深めましょう。

どちらかが悪いという前に、どちらにもある心の傷を知り理解を深めましょう。

人は相手とトラブルが起こると「相手を悪いと思いたい」気持ちが出てくることがあります。互いに自分が正しいと思っているので引くことは中々出来ない事もありますよね。しかし実際はどちらかが悪いということではなく、どちらも心の傷があることで自分を守るために心理的利点を得て安定を保つことから出ている影響の場合もあるのです。

つまりどちらも正しい場合もあるということです。自分の心を守る為、安定させる為に得ている心理的利点の影響が、相手にとっては攻撃されていると勘違いしてしまうことに繋がっていることがあるのです。

例えば、子供の頃に、AさんとBさんと他数人で鬼ごっこしたとしましょう。 Aさんは、Bさんの迫力感ある体型のことを言い、Bさんに「Bがデカいし迫力あるから絶対鬼ね!Bが鬼じゃないと絶対いやだ!」と伝え、いつも鬼ごっこの時はBさんが鬼でした。

このことを、Bさんは「いじめられている…」と思い傷つきました。しかし、Aさんには悪気はないのです。ですので、ここで癒しの本質である理解が必要になるのです。理解の言葉の意味は、物事の理由、原因、意味を正しく知ること。そう、このBさんとAさんのトラブルの理由、原因などを正しく知れば理解になり癒しになるのです。

ここでも問題は二つ。 何故、Aさんは「Bがデカいし迫力あるから絶対鬼ね!Bが鬼じゃないと絶対いやだ!」と言ったか? もう一つは何故Bさんは迫力あると言われ、それをいじめだと思ったか? Aさんはどうしても迫力感あると思うBさんを鬼にどうしてもしたかったのか、そこにAさんの心の傷が見えてきます。

迫力の言葉の意味は、見る人や聞く人の心に強く迫る力のことですから、Aさんは無意識で迫力を必要としていた可能性があるのです。親や環境から心理的な無視、放置、虐待をされることで現実感は薄れていきます。ですので、子供ながらにして深く傷ついていて現実感が薄れてきていて、自分の存在に透明感が出ているほど辛いから、Aさん自身気づいていませんが、無意識で迫力を感じて現実感をぎりぎり保っていた場合もあるのです。その自分が崩壊しそうな辛さをぎりぎり保つために迫力を無意識で必要としていた場合も。

こういった場合ならAさんに悪気はないのです。 Bさんも親や環境で無駄な否定をされることが多く、良い愛情を与えられず育ったので、必要以上にいじめらていると思ってしまうようになっていて傷ついたいたのです。

AさんもBさんも似たような親、環境で育っているので、本当は痛みが分かる二人なのです。 このように理解していけば、攻撃されていたと思っていたことは実は攻撃ではなく、相手が自分をこれ以上傷つかないように守っている場合もあるので、自分が攻撃されたと感じた時は、「本当に攻撃かどうか」深く理解してみると良いです。 本当は深く傷ついている人がいることが分かってくる場合もあると思います。攻撃ではないと分かると相手への怒りも出てこなくなったりします。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)