あなたの大切な人生がかかっているのですから、正しい仲間を選択することが大事でしょう。

7442 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
あなたの大切な人生がかかっているのですから、正しい仲間を選択することが大事でしょう。

f
根拠のない否定とは「お前って馬鹿だよね」と正しい理由もなしに、そう思いたいからそう勝手に思い決めつけている人の発する否定です。

そんな根拠のない否定をする人の関わると、自分も同じく正しい根拠のない否定をするようになり愚痴っぽくなります。

愛されている人と関われば、愛について学べます。

偽りの愛をばら撒いている人と関わると、偽りの愛があなたに染み込みます。

適当でいい加減な人と関わると自分も適当でいい加減になるのです。

情熱ある人と関わると情熱を注がれ自分も情熱的になります。

<<下に続く>>

楽しい人と関わると楽しい心になります。

裕福な人といると裕福の良さが分かります。

私たちは環境や周囲に作られるのです。

これは必ずと断言しても良いです。

だからこそ、自分の人生において、自分が必要とする人生にする為に正しく仲間を選択する必要があるのです。

そしてこの仲間の選択についてあなたが行動し始めると仲間の数人は気分を害します。

ですが、あなたの選択を認めてくれない仲間、それは本当の仲間ですか?

あなたの変化や選択を喜んでくれず気分を害す仲間と、自分の人生・・・

あなたの大切な人生がかかっているのですから、正しい仲間を選択することが大事でしょう。

自分が変わるのではなく、自分の選択を変えていくのです。

あなたはありのままが素晴らしいのですから。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 33 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いろんな思考の人と交流するのは勉強にもなるけれど、やっぱり親しくする相手は見極めていないと自分にも影響が出てくると思う。

    • 見極めるには心理的賄賂を受け取らない自分になることです。心理的賄賂を受け取っていると相手の心理的な操作には気づけませんよ。

  2. 本当に、仲間に寄って人は変わります。

    関わる人によったり
    周りの環境によって
    影響なのか、ゴロッと変わりますね。

    私は、仲間は本当にお互いに分かり合える人だけ
    関わりますが
    上辺だけで接する人がほとんどです。

    本当の仲間だと思っているのは
    幼馴染の人、ただ一人です。

    喧嘩もするけれど
    お互いに分かり合えるからこそ
    未だに遊んだりしますし
    連絡もよく取り合います。

    一番、遊んでいて楽しいと思えるので
    私も楽しい!となります。

    上辺は所詮上辺であって
    深く関わる事はしないです。

    何が言いたいのか
    分かりにくいかもしれませんが
    関わる人間は
    本当に考えた方がいいと
    つくづく思います。

  3. メグミ(二児のママ)

    自分にとっては、一度しかない人生ですよね…。世代間格差、世代間の考え方の違いは年代によっても違いますからね。
    考え方は夫婦の間でも子供については別になってしまうとかっていうし。とくに最近は、イジメられて学校に何しにいくのか…行くだけで身体の限界になってしまう子供達も多いくなってるとか。自分にとって一度だけの現世の人生です、追いつめられてま一度落ち着いてから、自分の気持ちと向き合って答えを出してプラス思考で行ける答えを自分で見つけていく事が必要だなと思いはじめています。

  4. 私は無理をして付き合う仲間は仲間ではないと思います。自分が気を許せて相手も気を許してくれて、滅多に連絡をとらずとも繋がっていられる友達が本当の仲間だと思っています。
    自分を出せず、遠慮して付き合ったって疲れるだけだと思います。

  5. 自分が間違った選択をしないよう判断していきプラス生活を送れるようにしたいですね。
    そして誰かのプラス生活の為に選ばれるような人になりたいですね。

    プラスはプラスを生み出し
    マイナスはマイナスを生み出す

    簡単なようで難しい事ですね。

  6. 自分も影響を与えている立場にあるという事ですね。
    お互いプラスになる付き合いになるようにしたいものです。
    私と交流を持ってくれている友人には感謝ですね{emj_v_0335}

  7. 最初から偏見で人を判断する人が多くいます。
    金髪=遊んでる・軽そう・派手etc

    同性愛者=気持ち悪い・心が弱いetc

    母子家庭=育ちが良くない・貧乏etc

    何故なにも知らないのに、人を見かけや環境で判断するのだろう…
    その人の人生を全て否定して自分は正しいのだと優位に立ちたいのだろうか…?

  8. よく『馬鹿が感染る』なんて、相手の愚かさを伝染病のように言う事がありますが、確かにあると思います。愚かな発言を繰り返す人間と会話を続けていると、自分までその愚鈍さに引っ張られる感覚があります。同じ引っ張られるなら建設的で前向き、希望を持った人と会話したいですね。

  9. 本当に、その通りに思います。お金の使い方が、ハデな人を好きになれば、自分も使いすぎてしまい、あとから後悔する。私は、一人の人間として、騙す人間より騙される人間になりたいと思うけど、それが良いかといえば、そうとも言えません

  10. ∞ひめくるみ∞

    なんだか、目からウロコです。

    あなたの選択を認めてくれない人は、私の本当の仲間ではないってことですか?

    仲間って難しいですね。グループで行動すると必ず、意見が合わない時がある。

    あと、よく似た人が集まるよね。

    派手な人には派手な人が集まるなあ。

    • そうです。

      自分の選択を正しい納得いく根拠もなしに認めてくれない人は仲間ではないのです。

      何故か?正しい納得いく根拠が無いということは相手が「そう思いたい、そうしたい」のが理由なので、「認めたくないだけ」ってことになります。

      本当に心配で相手の為になる否定でしたら、正しい根拠が出せるものですから。

  11. 自分の人生なので、仲間であろうが親であろうが聞く耳は持ちますが、とやかく言われたく無いです。例え上手くいかなくても、自分の人生なので悔いはないです。

    • あいての意見が、妄想か論理的かで影響は180度変わります。

      むやみやたらに聞く耳を持つと混乱の原因にもなります。

      自分の人生ですから自由ですね^^

  12. 類は友を呼んだのだと思います。
    誰かがそんなことを言ってましたが、共感したのを覚えています。自分が変わると、自然に付き合いが終わると思います。

    この人と離れたいという想いが沸き起こる。それ自体がすでに同類ではなくなったということです。

    一緒にいるのが苦痛になったなら、遠慮なく離れていいのです。彼らがまだ離れたくないと思ったならば、たぶん彼らからまた、同類になってゆくのだと思います。

  13. 「朱に交われば赤くなる」の諺通り、仲間選びは本当に大切ですね。

    仲間には恵まれていると思います。だから今まで無事に生きてこれたのかも。

    親の次に、何でも相談していますね。

    おかげさまで、仲間には感謝しないと、と改めて気付かせていただきました。

    • 良い仲間に支えられ、人は生きていけますよね^^

      自分の無意識も今よりもプラスになれば、自分も周りをプラスに出来ますよね^^

  14. 人は人、自分は自分みずから生きて他を生かせ!と、言う言葉があります。仲間を信じるも信じないのも自分ですが、自分の力になる人を信じてついて行けば大丈夫だと想いますよ。

  15. 全くその通りで関わる人間によってその人間も大きく変わってしまいます。愛はいろんな意味で本当に大切なものです。軽く語るものでは有りません。これも私がキリスト教に入信しクリスチャンの方々と接してでた回答です。プラスになるだろうと思う人と接して行くべきだと思います。

  16. 私は、今まで仲間には恵まれてきたように思います。でも、職場では信じていた仲間に疎外され、すべてを否定されたように感じました。
    今、そのせいもあり心身共に病んだ状態で生きています。
    生きる価値さえも見えなくなりました

    • そんな根拠のない否定をする人間のことは離れることが正解です^^

      そして考えないようにすることが大事ですが、考えてしまう場合、何故か?って解いていく必要もありますよね。

      プラスに考えたら関わっていてもマイナスになる仲間に早いうちに気づけて幸せという見かたもあります。

      きっと、これから幸せになっていくための通過点だと私は思います。

  17. 正しい仲間は必要です。人生の出会いは限られているのでその中でも色々選択しないといけないと感じさせられました。

  18. 自分の選択は、あまり喜んでもらえない時の方が多いです。

    やっぱり身近な人に選択や変化を喜んでもらえると嬉しいですね。

    • ゆさんは、ゆさんの選択を喜んでもらえず傷ついてきたのですね。

      ゆさんの良いところを見ることが出来る人もいますので、そういった人に近寄っていくことが素敵なことですね!

  19. 38年生きてきて思うのは「類は友を呼ぶ」ですね。良い友人とは長くご縁がありますが、ヘンな人は縁が切れちゃいます(笑)広く浅くの付き合いが多いせいかもしれませんが、それでもふるいにかけてますね。友人は大切です。

  20. 私は人生観は一緒にいる仲間などに影響されるのは事実だと思います。よりよい環境にみをおきたいと思います。

    • 影響の正体は脳の神経細胞ミラーニューロンです。

      モノマネ細胞とも呼ばれ、相手の脳を真似するのです。

      ですので、脳の当り前の仕組みとしても他者に影響されるんです。

      このミラニューロンの仕組みが分からない時代は「人のせいにするなんてかっこ悪い」と古い時代は言ったのです。

      正しい選択をしていきましょうね(#^^#)

  21. 様々な出会いがある中で、自分にとって本当に必要な仲間を見極めていくことはとても大切なことだと思います?
    子供にももう少し大きくなったら、その必要性を教えていこうと思っております。

    • 素敵なお母さんですね^^

      大事なことを子供に教えていける姿は立派です。

      そういったことを子供のうちはロールプレイングなどのゲームを通して教えてあげるのもいいですね^^

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)