インターホンや電話がなるだけでも心臓がバクバクして恐怖する!?更にその理由もわからない!?大丈夫。その恐怖消えます。

インターホンや電話がなるだけでも心臓がバクバクして恐怖する!?更にその理由もわからない!?大丈夫。その恐怖消えます。

インターホンや電話がなるだけでも心臓がバクバクして恐怖して、その理由もわからない…という苦しみを抱えている人は本当に苦しい状態だと思います。だけど、その恐怖を消すことは可能です。僕自身、この恐怖があった時期がありますが消えましたので。

恐怖に恐怖する必要はない

酷い恐怖を抱えていた頃、インターホンや電話がなるだけでも心臓がバクバクしていたことがあります。どうしてそうなるのかさっぱり理由がわからず「恐怖に恐怖していた」のでした。恐怖に恐怖していた…というのが重要なポイントの1つです。恐怖を恐怖せずにありのままの感情を感じれば良いのです。

心の中の小さな自分をネグレクトしている

恐怖というのは感情の1つです。自分の感情です。その自分の感情を怖がる必要はないということ。自分の感情を怖がり、否定して、ないものにしようとする。だから恐怖はますます強くなるのです。これは自分で自分を無視(ネグレクト)しているということです。

子供が怖がっているのに親が子供を無視したらどうなりますか。子供はもっと怖がりますよね。それと同じことです。心の中の小さな自分が恐怖しているのに、自分がそれを無視するから恐怖の感情はますます強くなっていくのです。ですから、恐怖に恐怖するのではなく、恐怖を認めて感じきればよいのです。

得体の知れない恐怖を消していくには

得体の知れない恐怖を消していくには、心の中の小さな自分の親になるということが必要なのです。心の中の小さな自分の親になるということは「自分の感情をしっかり感じきる」ということ。生まれた恐怖の感情をしっかり感じきれば自分をしっかり理解できます。自分のことが理解できれば、恐怖に対して、対処することも出来ます。

1つ1つ、明確にして対処していけば恐怖もちゃんと消えます。得体の知れない恐怖は、1つ1つ対処していないことが山積みになって何が何だかわからない状態になり、危険だから心の中の小さな自分が恐怖の感情を生み出して「危険だから何とかして!」と恐怖の感情でメッセージを送ってくれているのです。それを無視すれば、恐怖はますます強くなって当然なのです。

知らないから怖いのです。知ってしまえば怖くなくなります。つまり、「知るべきことがあるよ」と教えてくれているのが恐怖の感情なのです。なので、恐怖を恐怖する必要はないということです。恐怖に向き合って、知るべきをことを知って、身につけるものを身につけたら、心の中の小さな自分は安心するので恐怖はちゃんと消えていきます。

恐怖を消していきたい。そう思うのなら「サヨナラ・モンスター」をお試しください。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)