ツイッターで「印象操作」の嫌がらせをしていたけど改心したJさん。「今思うとキモかった」とのこと。人間的成長ですね!

180 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
ツイッターで「印象操作」の嫌がらせをしていたけど改心したJさん。「今思うとキモかった」とのこと。人間的成長ですね!

過去にツイッターで嫌がらせをしていたけど改心したJさん。

嫌がらせ仲間と一緒に、ある人物の印象を操作するために、その人を複数人(嫌がらせ仲間)でフォローして、その人のツイートを無視して、その人がRTしたものだけをRTやいいねすることを意図的に繰り返していて今思うとキモかった」とのこと。

つまり、嫌がらせ仲間と共謀して、ターゲットの発言を読んだ他のフォロワーさんに、「あの人の発言は無価値だよ」という悪い印象を与えるためのどうしょもない小細工なわけです。

そのことを自分で「今思うとキモかった」と言えるようになったということは、これは人間的成長ですね!

素晴らしいなと思います。

人間的に成長すればしょうもないことに興味がなくなる

人間は大きな目的を持てば持つほど、このようなしょうもない嫌がらせを考えることはしなくなります。目的を見失うと細かい嫌がらせが考えつき、そこに価値を見出してしまうものです。もっと自分の価値を感じて「志(こころざし)」を持って良いのです。嫌がらせに価値を見出しても、虚しいだけです。

なぜ印象を操作するのか

他人の印象を操作するために、必死に小細工ばかりする。一体何なのだろうか。

・・・・・・・・

それは「何らかの目的のために相手の印象が悪くなるようにしたい」のです。例えば他の誰かに対して「相手の発言を信じさせないようにする目的」だったり、「孤立をさせるため」だったり、何らかの奇妙な目的を持っているのです。

普通に、日々一生懸命生きていれば、そんなことをする必要はありませんよね。まして、他人の印象を悪くする暇があるののなら「自分が頑張ればよい」のですから。

つまり、印象操作をするということは、自分で自分を育てないための言い訳に過ぎないのです。所詮は。

個人的な感想ですが、くだらないの一言に尽きます。そんなくだらなさに気がついて改心したJさんは人間的に成長したと言えます。

<<下に続く>>

印象操作をしてくる者への対処法

印象操作をしてくる者は、相手の「好印象」部分を壊したいものです。例えば「声が良い」場合は「なんか声がキモイよね…」と嫌がらせ仲間と複数人で、「ほんとキモイ」と言えば、どうにかなると思って必死に相手の「好印象」部分を操作して変なものに変えようとします。

つまり、それは嫌がらせをする者が「好印象を与えているもの」または「好印象を与える恐れのあるもの」だとわかっているから印象操作の嫌がらせをするのですから、その部分をもっと伸ばせば良いのです。

「なんか声がキモイよね…」に対して「もっと良い声だと思われる話し方を身につける」など。

あとは、やってもいないこと。例えば「あの人は誰かの文章パクっているよね」と嘘で泥棒のような印象を与えようとした場合は、逆に相手がどうおかしいのか、はっきり、明確にして説明すればよいのです。カウンターのように相手に返っていき、「理解力のない人間だから、誰かの文章パクっているように勘違いした人」と周囲に見られるようになります。

つまり、相手が印象操作しようとして部分を成長させたり、明確にしたりして「成長材料」にしちゃえば良いのです。相手の嘘も明るみに出て成長も出来て一石二鳥です(笑)

嫌がらせをしている側が変わるには

Jさんのように印象操作の嫌がらせをやめたい人は、本当の自分を大切にして「大きな目的」や「人生の喜び」などを見つけると良いと思います。大丈夫。人は自分は心から変わりたいと思えばちゃんと変われます。今まで、印象操作の嫌がらせをしたりしていたのは、そういったことが自分の何かの安定を保っていたから…かもしれません。

それで安定を保つ必要がなくなったら自然と興味がなくなっていくのだと思いますよ。嫌がらせなどを生きがいにしている状態から抜け出すには、自分自身を心の拠り所にしていけたらよいのです。自分自身を心の拠り所にしていけたら、心が満たされます。そして自分を大切に思えます。自分を大切に思うようになったら、自分にそんなことはさせたくない…と思うことが増えていくので嫌がらせをしたくない自分になります。

嫌がらせをする人は、過去に嫌がらせをされてきた人が多いです。その悪循環から抜け出して、相手に喜んでもらい、自分も喜ぶという好循環を作っていけると素敵ですね。マイナスが出来たのだから、きっとプラスも出来ると思いますよ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)