本来なら子供に「甘えさせてあげることができないでごめんね」と言うほうが好ましいのに、自分の弱さを隠し「それはただの甘えだろ」と相手のせいにすることも!甘え下手な人が甘え上手になるには?

本来なら子供に「甘えさせてあげることができないでごめんね」と言うほうが好ましいのに、自分の弱さを隠し「それはただの甘えだろ」と相手のせいにすることも!甘え下手な人が甘え上手になるには?

「甘えてはいけない」「甘えるな」「甘ったれてんじゃねぇ」「それはただの甘えだろ」

この言葉誰でも聞いたことはあると思います。

そして「甘えは悪いこと」だということが前提での言葉です。「甘えが悪い!」というのは極端で認知の歪みです。正しくは「好ましくない甘えもあれば、好ましい甘えもある」これが正しい解釈です。

「甘やかす」は、どちらかというと支配的で好ましくない甘えで、「甘えさせる」は、子供の成長に必要なことで親が子供を尊重しなければ出来ない事です。

■甘やかすのは支配
親・・・・・・・・・・・・子
【甘】を上から、下に【やかす】
→ → → 支配 → → →

■甘えさせるは必要なこと
親・・・・・・・・・・・・子
【甘え】下から上に【させる】
← ← ← 必要 ← ← ←

このように、

甘えさせるは子供メイン。
甘やかすは親の支配がメイン。

上から支配的に”甘やかす”ってことです。甘やかすは子供を甘い蜜で釣って子供を道具化する支配的な親があるのです。だから親メインの【甘やかす】なのです。悪い意味での利用です。

●甘やかす支配になる場合
子供がやらなければいけない自分のこと(自分で出来ること)を、親がいつも全部やってあげるのは、子供の為と言いながら、背景に支配しやすいようにする意味が隠れている場合がある。成長を奪ってしまうのです。

●甘えさせる場合
いつも自分でできているけど、ちょっと悲しいことなどがあったりして、今日は親にやってほしいみたいで「ママこれやって」と頼んできたのでやってあげた。これは正しく甘えさせています。

ここで考えてみましょう。甘えから抜け出すことは大人になる過程で非常に大事ですし必要なことです。しかし、甘えから抜け出す過程、そこに「甘えることは誰にでも必要」なのです。

何故必要かと言えば、甘えは他者と自分の境界を曖昧にし癒着することです。癒着は他者と自分の境界を曖昧にすることで相手の感じている感情を自分のものと感じたり、相手を認めることが出来ず自分として扱うようなことです。なので癒着して必要なものを吸収するのです。そこに学ぶべきこともたくさんあります。そして甘えを経験し必要な感情、価値観などを吸収するから、次に自分でやっていきたいと思うものです。成長していく過程で甘えは必要だということです。

心の底から自分でなんでも楽しめる人は、しっかり甘えさせてくれた親から甘えを経験し癒着し必要なものを手にしたのです。甘えると言う事は成長していく上で当たり前で必要なプロセスの一つなのです。その必要なことを経験していないから甘えたい気持ちが出る。ごく自然なことで何も悪い事ではありません。人間は甘えて飽きると勝手に進みだすものです。

実は問題は甘える方にあるのはないのです。問題は「甘えさせる器のない親が、準備も出来ていないのに子供を作った」ことです。人間にとって成長していく上で当たり前に大事な「甘え」を与えることの出来ない親が、自分の都合で無責任に子供を作ってしまったことで、必要な甘えを与えずに育てたから、子供が大人になっても経験していない甘えを欲するのはごく自然なことです。人生を安全に楽しく生きていく上で必要な感情や価値観、解釈が手に入っていないので、入るまで欲するので甘えるのです。

そして、「甘えてはいけない」「甘えるな」「甘ったれてんじゃねぇ」「それはただの甘えだろ」など、こんな言葉を100年投げかけても解決はしないということを理解するべきです。「甘えてはいけない」「甘えるな」「甘ったれてんじゃねぇ」「それはただの甘えだろ」などの言葉の背景には、「親として人生を楽しむ価値観を与えることができない!」と言っているのです。本来なら子供に「甘えさせてあげることができないでごめんね」と言うべきなのに、自分の弱さを隠し「それはただの甘えだろ」と相手のせいにするのです。必要なもの(甘え)を子供が要求しているのに、ダメだと言っているのです。

<<下に続く>>

大工さんが仕事で電ノコを必要としているのに、道具持ち込み禁止の会社が「バカヤロウ!そんなもん念力でやれ!甘えるな!」と言っているようなものです(笑)そうすると大工さんは念力は使えませんから、その会社にいる限りいつまでも電ノコを必要とするのです。結局は仕事が進みません。そこに電ノコを与えるとスムーズに動き出すのです。

甘えとは、こういうもので、与える側が与えるだけの器がないから、怖がって甘える子が悪いと甘える側に責任を擦り付けているのです。必要なものをくれないで困る子に、親を捨てることは悪いことだと、更に子供を追い込んで、子供を道具にしているのは親のほうなのです。意識では甘えてはいけない。と思っていても無意識では甘えが必要なのでいつまでも癒着しようとするのです。ごく自然なことです。

「甘えてはいけない」「甘えるな」「甘ったれてんじゃねぇ」「それはただの甘えだろ」と口に出す方は、人に当たり前に必要な甘えの時期を、自分が甘えさせれる人間か?そこを考え、修正する方が効率的です。そうやって甘えさせてあげると、満たされる時がきて、不思議と動き出すのです。その時まで信じて甘えさせてあげられる親が増えると、必ず子供は自分の足で立派に歩んでいくでしょう。親は、「甘えてくれてうれしいよ(#^^#)」って抱きしめてあげるだけで、子供の心は強くなっていくのです。



甘え下手な人が甘え上手になるには?

甘やかすは「支配」で甘えさせるは「必要な事」ですので親が甘やかすというのは「親のレールの上で甘やかす」ですからレールから、レールから外れた甘えは悪とされる場合があります。逆に「甘えさせる」は子供が自らしたいことを親が尊重して親も一緒に嬉しくなることです。

ですので人次第で「甘えさせる」と「甘やかす」のどちらにでもなりうるのです。 例えばたまに「ココア飲みたいから入れてほしい」と言われたら「可愛い」と思い、「互いにプラスな感情が一致」した時は「甘えさせる」ですが、そこに面倒だからあいつを使ってしまえという心で、頻繁に「ココア飲みたいから入れてほしい」というのは「甘え」というよりは好ましくない「支配」になってしまいやすいです。

同じ出来事でも人が変わるだけで支配になったり依存になったり嫌がらせになったり甘えになったりと変わるのです。

ですので、 「学校に車で送っていってほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか? 「ココア飲みたいから入れてほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか? 「夕飯作ってほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか? これが大事なポイントになります。

これらの複数の選択上手な人が「甘え上手な人」です。甘え上手な人は相手が喜ぶ甘え方を知っているのです。甘えるという事は互いにプラスな感情になることです。どちらかがマイナス感情を抱けば支配にもなりやすいです。甘え下手な人が甘え上手になるには、「自分も相手もプラスな感情になれる丁度よい点」を見つければいいのです。

「ココア飲みたいから入れてほしい」は誰に伝えると相手も喜ぶかな? 「ココア飲みたいから入れてほしい」をいつ言うと相手は喜ぶかな? 「ココア飲みたいから入れてほしい」をココアってリラックス効果があるから「一緒にリラックスしたい」ことを伝えて一緒に飲みたいことを伝えたら相手は喜ぶかな? など、相手が喜ぶことを上手く見つけて一緒にプラスな気持ちになっていけば「甘えていける」ようになれます。

逆を言えば「甘え下手」は「自分のことしか考えていない」ということでもあるのです。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 38 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by はむ

    わたしにも、甘えるということがわかりません。
    家族に体を触られるのが気持ち悪くて、頭撫でられたりとかも、
    普通慣れられたりすると嬉しいものなのかもしれないけど、
    私はそう言うのが愛情だということが感じられません。
    親と私の間に愛情があるのかどうかもよくわかりません。
    学費とか出してくれてるから、あるんだと思うけど。
    長女なので、しっかりしたお姉ちゃんでないといけないという思いがありました。
    でも追い込みすぎてウツになりました。
    母は昔のことを謝ってくれたりしました。
    でも、私の中で、甘えたい、けど甘えられない。そんな子供みたいなこと。っていう考えがぬぐえません。
    甘えるというのは、例えば、学校に車で送っていってほしい とか
    ココア飲みたいから入れてほしいとか、夕飯作ってほしい ってお願いすることなのでしょうか?

    • by 菅原隆志

      「家族に体を触られるのが気持ち悪くて」というのはよくわかります。そうなってしまうのが自然な事だと思います。そして「私の中で、甘えたい、けど甘えられない。そんな子供みたいなこと。っていう考えがぬぐえません。」こちらは「長女だからしっかりしなくてはならない」「弱さを出せない」「弱さを出してしまうと認められなくなってしまう」という強い思いが今も心を縛っているのではないでしょうか。

      もし、そうだとすれば弱さを出すとマイナスになる環境でその時はそうすることが自分を守る方法だったのだと思います。しかし、「弱さを出してしまうと認められなくなってしまう」がもしあったとして、その考えがないほうがプラスになる事もたくさんあるということです。

      記事に書きましたが甘やかすは「支配」で甘えさせるは「必要な事」と書きました。ですので親が甘やかすというのは「親のレールの上で甘やかす」ですからレールからそれた甘えは悪とされる場合があります。逆に「甘えさせる」は子供が自らしたいことを親が尊重して親も一緒に嬉しくなることです。ですので人次第で「甘えさせる」と「甘やかす」のどちらにでもなりうるのです。

      例えばたまに「ココア飲みたいから入れてほしい」と言われたら「可愛い」と思い、互いにプラスな感情が一致した時は「甘えさせる」ですが、そこに面倒だからあいつを使ってしまえという心で頻繁に「ココア飲みたいから入れてほしい」というのは「甘え」というよりは好ましくない「支配」になってしまいやすいです。

      同じ出来事でも人が変わるだけで支配になったり依存になったり嫌がらせになったり甘えになったりと変わるのです。

      ですので、

      「学校に車で送っていってほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか?
      「ココア飲みたいから入れてほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか?
      「夕飯作ってほしい」は誰にいつどのタイミングでどのように伝えると上手く甘えられるか?

      これが大事なポイントになります。

      これらの複数の選択上手な人が「甘え上手な人」です。相手が喜ぶ甘え方を知っているのです。甘えるという事は互いにプラスな感情になることです。どちらかがマイナス感情を抱けば支配にもなりやすいです。

      「ココア飲みたいから入れてほしい」は誰に伝えると相手も喜ぶかな?
      「ココア飲みたいから入れてほしい」をいつ言うと相手は喜ぶかな?
      「ココア飲みたいから入れてほしい」をココアってリラックス効果があるから「一緒にリラックスしたい」ことを伝えて一緒に飲みたいことを伝えたら相手は喜ぶかな?

      など、相手が喜ぶことを上手く見つけて一緒にプラスな気持ちになっていけば「甘えていける」ようになると思います。

      今まで、辛い過去があったと思われますが、その辛さの裏には「相手が喜ぶポイントを探すことがとても上手になる」というプラスな面もあるかもしれませんね!

      何か、参考になれば幸いです。

  2. by 名無し

    『親子の役割逆転』という機能不全家族の典型的なケース。
    親が子を世話しなければいけないのに子が親の顔色を伺い、常に親が求める『良い子』を演じなければならない悲劇は、いち早く断ち切るべきですよね。

    • by 菅原隆志

      断ち切るべきですがマインドコントロールされている場合、子が親を尊敬しているので大変ですよね。

  3. by ゆ

    まだ子供はいませんが、私に子供がいたとしても、甘えさせてあげられるかというと自信ないです。

  4. by シンジ

    子供のうちは甘えさせることも大事ですね。

  5. by 名無し

    子供は親に甘えたり、抱きしめられたりして成長すると思います。

  6. by ユラ

    『甘え』と『わがまま』は紙一重なので
    判断、見分け方が難しい

    私は幼い頃から「親には何を言っても無駄」と、諦めていました

    • by 菅原隆志

      『甘える』は相手の感情や好意がそこにあるので頼る感じで、
      『わがまま』は相手の感情や好意がないのに自分の主張を通す感じだと思います。

      親に甘えさせる器が無いから、親の目にはわがままに映るのではないでしょうか。
      逆に親に甘えさせる器があれば、親の目には正しく『甘え』に映ると思います。

      やはり上に立つ親の解釈次第です。

  7. by なんたま

    わかりました!
    甘えさせてあげるがいつもできず、また自然と動き出すタイミングを待ってあげる事も苦しくなってしまうのが現状ですが、やはり私が考えてら事は間違ってないと思えました。頑張ります

    • by 菅原隆志

      間違っていませんよ^^

      焦らないでゆっくり一つ一つの中にある素晴らしさを見ていきましょう。

      自分の考えを大事に、自信を持って、自分を信じて、そして自分にも甘えさせてあげて下さいね!

      読んでいただき、ありがとうございました。

  8. by ミル

    親等には甘えてもいいのではないでしょうか。甘えらる相手がいるだけで幸せだと思います。

  9. by ∞ひめくるみ∞

    私はまだ親に甘えてるな。

    もし、私に子供が出来たら、居たら、たぶん私は、子供を甘えさすことは出来ないかな(-_-;)

    何か、厳しく育てそう。

    自分は親に甘えてるのに、子供には厳しくしそう。

    • by 菅原隆志

      自分は親に甘えてるのに、子供には厳しくしそう。

      これは親への恨みを実は奥深くに隠している可能性があります。

      心の中の自分を一番大事にしてあげて下さい。

  10. by 伊多波博文

    『甘え』その甘えが本当に怖いのです。可愛いいあまりに無意識に甘えさせてしまったりしがちです。その結果非行にはしってしまうこともあり得ると思います。自分の思い通りにいかなければイジメにもつながります。甘えというのは子供からしてみれば何でも自分の思い通りになってしまったりいたします。子供の育て方は自分の子供であるから絶対可愛がってしまいます。要所要所で甘えさせながらこれはいけない事だよとか幼少の頃から教える必要もあるのではないかと私は思います。大げさかも知れませんが子供の将来の為にも幼少の教育が最も重要になってくるのだと思います。『甘え』『叱り』両方必要なのだと思います。

    • by 菅原隆志

      叱る。

      大事なことですね。

      大事なことですが、正しく叱るためには親が認知の歪みの修正と自己肯定感を高めることが大事ですよね。

      親が勘違いしていると、正しいと思って子供を支配していますからね。

      三つ子の魂百までですので、3歳までに、刷り込まれたものは一生かけて解くものです。

      気づかない方が多いですが、そういうものなのですよ。

  11. by リッチマン

    「親は甘えてくれるだけで嬉しいよって、抱きしめるだけで子供の心は強くなる」この最後の一文に感銘を受けました。そうなのですね。

    うちの家庭は、弟が病気がちで親はそちらにかかりっきり。で私から甘えたりしなかったような気がします。

    でもサッパリ系家族なので、そんなものかと思っていましたね。

    今思うと、私の方が親を抱きしめてあげれば良かったかな。

    子供ができたら、勿論これでもかって、抱きしめちゃいますよ!!!

    • by 菅原隆志

      良い言葉ですよね(#^^#)私も気に入ってしまった言葉です!

      リッチマンさんが親を抱きしめてあげることはないのではないかな?と私は思いました。

      子供が出来たら、是非、いっぱい抱きしめてあげて下さい!

      甘えてくれてありがとうと思える心があれば、それは言葉を超えて子供にまっすぐ伝わるはずです。

  12. by ゆいか

    甘えるって、私にはよくわかりません。
    今の自分が甘えているのかどうかも、よくわかりません。
    ですが、甘えるなと言う人は間違いなく、甘えると言うことがよくわかっていないんじゃないかと思います。

    • by 菅原隆志

      そうなんです!

      甘えるなと言う人は甘えさせてもらえなかったので、
      それがどんなものか分からないのです。

      なので、ここで必要になるのが、自分に甘えさせてあげることです。

      心の中にインナーチャイルド(内なる子)がいますので、その内なる子に甘えさせてあげることが大事です。

      自分の良い点は高評価し、甘えさせてあげることが大事なんです。

      甘える=悪いもの、ダサいものだと思っている人は勘違いしているので、勘違いからの脱出も必要です。

  13. by つかmama

    子供の成長時期に甘えさせることは、とても大切で必要なことです。
    充分に甘えさせたもらった子は、心の成長があります。ここで、甘やかすと言っても
    いろんな意味あいがありますが
    私が思う甘やかすというのは、わがままを聞くのではなく、子供の心の言葉、行動をうけとめることです。子供の話を良く聞き、褒める、同意する
    共感する、ときには、間違っていることを教える
    ことだと思います。
    親も最初は、完璧な親なんていないですよ。
    親も、子供と一緒に最長していく部分もあります
    それが育自ってことです。
    私は、子供を持ってお互い様ということを学びました。子供は、悪気は、なくても人様に迷惑をかけたりお世話になったりするときがありますね。でも、うちの子もいつ人様に迷惑をかけるかわかりません。いろんな形で、お世話なっているかわかりません。
    お互い様だからと、広い心で物事を考えるようになりました。広い心で、自分の子供を信じ、愛することが子供を甘やかし、育てる、基本かもしれませんね

    • by 菅原隆志

      子供にお互いさまというのは、少し、親の都合の良い逃げの心だと思います。

      お互いさまと言う意味は、両方とも同じ立場や状態に置かれていることです。

      子供と親では同じ立場にはなれません。
      スタート時から子は親に依存しなければいけないので、親が権限持っていますから。

      それではお互いさまは無理ですし、そうすることも好ましくありません。

      子と親がお互いさまになるために、親は責任を持って育てるのです。

      子供が悪気はなくても人様に迷惑をかけたりお世話になったりするときと言いますが、それが親の無意識の問題を映し出す時です。

      子は親の鏡です。

      子は親の投影で動きます。

      子は親の劣等感を刷り込まれています。

      子は親の無意識を表に、表します。

      子に悪気はなくても迷惑をかけるというのは、子が無意識でやってしまうからです。

      子供の無意識に迷惑をかける行為をするような価値観を刷り込んでいるのは親ですよ。

      親が理解できないから気づかないだけです。

      理解が深まった親は気づけます。

      つかmamaさんが言う『私が思う甘やかすというのは、わがままを聞くのではなく、子供の心の言葉、行動をうけとめることです。』は意味が違います。

      甘やかすは、支配的な意味です。

      【甘】を上から、下に【やかす】

      【甘え】下から上に【させる】
                   ←

      このように甘えさせるは子供メイン
      甘やかすは親の支配がメイン
      上から支配的に甘やかすってことです。
      そこに子供を道具化する自分があるのです。

      甘やかすは、どちらかというと支配など好ましくない甘えで、甘えさせるは、子供の成長に必要で尊重しなければ出来ない事です。

      甘えさせてあげることが大事なのです。

      甘やかすのと褒めるのは全く違います!
      甘えさせると褒めるも全く違います!

      甘やかすは支配。

      褒めるは当たり前に子供良いところ正当に評価することです。

      そこを混同しているのは、当たり前の正当に評価しなければいけないことを使って、褒めるを子供にチラつかせて支配している可能性があります。

      文章だけなのではっきり言えませんが、子供をディスカウントし軽視している感じが見受けられました。

      つかmamaさんも傷ついていると思いますので、癒されてくださいね(#^^#)

  14. by 名無し

    そんな風に言える親になりたいです

  15. by 名無し

    甘えは悪い事だと思い込んでいました。
    子供はまだ居ませんが、もし出来たら参考にさせてもらいたいと思います。

    • by 菅原隆志

      子供に甘えを与えないと、機能不全家庭として子供の心にトラウマを形成しますので、適切な甘えは大事にして下さいね(#^^#)

  16. by meteor9

    とても勉強になりました。

    未だに精神面が成長仕切れないのは、
    子供の頃に十分甘える事が出来なかったのも、あるのかもしれないと気付きました。

    問題点が1つ解ったので解決して行きたいですね。

    • by 菅原隆志

      そうですね。子供の頃に甘えることが出来ないのは機能不全家庭で、機能不全家庭で育ったことにより、成人してもトラウマを持つ状態です。

      ですのでインナーチャイルド(自分の中の内なる子供)を癒す必要があります。

      アダルトチルドレンの場合、自分に厳しい評価をしているので自分を甘やかし認めることが大事なことです(#^^#)

  17. by 名無し

    「甘え」は人間の成長にとって欠かせないものなのですね。

  18. by あっちゃん

    甘えられるとかわいさと面倒な感じがあると思います。私はうれしいです。

    • by 菅原隆志

      そうなんです!甘えは当たり前の自然なことなので可愛いものなんです^^

      その可愛さを知らない人に可愛さを伝えることが出来ると素敵ですよね☆

  19. by アイコン

    甘えは必要だと思う。子供が大人になる過程で甘えない人はいないです。

  20. by 名無し

    子どもの器はやはり、広げた方が将来性が広がると思います。

  21. by かず

    甘やかすと、甘えさせるはぜんぜん違いますよね

    • by 菅原隆志

      甘やかすは、どちらかというと支配など好ましくない甘えで、
      甘えさせるは、子供の成長に必要で尊重しなければ出来ない事です^^

  22. by 苺

    これは自分にあてはまる。
    私には幼少期に甘えが足りなかったのです。

    甘え方として、絶対的なスキンシップが足りませんでした。

    親は何でも買い与えて、教育を受けさせる環境が甘えと思っていたようです。

    絵本は図書館並みに与えるが、頭をなでながら読み聞かせはしませんでした。

    会話も親より家庭教師とでしたからね〜

    たしかに 歪みましたね〜。
    その頃を思い出すと、グスッと切なくなります。
    (´Д`)メソメソ

    よし!
    雪だし、寒いし、母親に抱きついてくるわ!

    ついでに頭もなでてもらうわ!

    • by 菅原隆志

      それはいまだに依存から抜け出せていないかな?と思います。

      今までの苺さんの反応を見ていたのですが、親系の話に反応する感じがするんですね。

      必死に目を背けたがっているかな?

      それはよくあるのですが無意識にあるインナーペアレントの邪魔です。

      インナーペアレントに媚びるとインナーチャイルドを傷つけます。

      つまり悪い親を親を悪く言ってはいけない勘違いがあるので、基準がずれてしまうのですね。

      母親に抱きつかなくていいのです。ついでに頭もなでてもらわなくていいのです。

      悪いメソメソがいつまでも母親に抱きついたり、ついでに頭もなでてもらいたくなるのです。

      与える側になってくださいね(#^^#)

      親を棄てても良いのですよ。

      子を棄てた親にしがみつくと、いつまでも自己肯定感は高まりません。

      そうしないと、子供を作りたいと思えない事が多いのです。

      そうすると、苺さんの歪んだ解釈も消えてくると思います。

      他者の心をこっそり傷をつけても自分は癒されないのですね。

      自分に返ってきてしまうのです。

      自分を大事にしてあげて下さいね(#^^#)

      ですのでコメントに『メソメソしてんじゃねぇ』と本音を隠して入れ込まなくても大丈夫です。

      気づいていますよみんな(笑)

      心の中のインナーペアレント(自分で作った内なる親)に媚びると、弱いものをみつけて叩きたくなってしますものです。

      傷ついた自分を癒してあげて下さい。

  23. by ゆうりん

    器というか、なかなか線引きが難しいですよね。
    やはりしつけの名のもとに、つい怒りがちになりますから。

    • by 菅原隆志

      その怒りはゆうりんさんの悲しみなんです。

      悲しみに怒りや恨みでカモフラージュしているのですね。

      そして本当に寂しさを分かってほしい存在への期待や依存があり、それが叶わないので、

      無意識で理由づけをしてしまい子供を怒ってしまうのです。

      ゆうりんさん自身も傷ついているので、自分を癒してあげましょう。

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)