「自分を可哀想と思うこと」は「成長のプロセスの1つ」です。

  • 2019年4月12日
  • 2019年4月13日
  • 未分類
  • 0件

自分が自分を「可哀想」と思うことも、とても大事なことです。「成長のプロセスの1つ」です。それを邪魔してくる者は「虐待者」です。

可哀想とは、

弱い立場にあるものに対して同情を寄せ、その不幸な状況から救ってやりたいと思うさま。

引用元(https://www.weblio.jp/content/%E5%8F%AF%E5%93%80%E6%83%B3)

辞書に書いてある通り、「自分を可哀想と思うこと」は「自分が自分の親となり、心の中の小さな自分を、不幸な状況から救い出したいと思う」ことなのです。素晴らしいことだとわかりますよね。繰り返しますが、自分が自分を「可哀想」と思うことは、大切な「成長のプロセスの1つ」です。

これは、辞書にあるよう「不幸な状況から救ってやりたい」という、前向きな意味。それを時々、下衆の勘繰り、邪推から「可哀想の人は誰々のカモになる」など話を捻じ曲げる人もいる。「それは、お前自身、お前の考えなんだよ」と伝えてもわからないでしょう…。だから変なのとは関わらないことが大事。

人は、自分で「意味づけ」をして、その世界に住んでいます。誰かをカモにしてばかりいる人は「他人が誰かをカモにしているように見える」こともあるのです。それは、その者の「世界」です。自分の人生に不要な者は、切り捨てることが大事です。僕らは他人の犠牲になるために生まれてきたわけではない。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)