僕とパートナーの実名を書いて、「悪い噂を作って流布していたアカウント」の違反が判明し凍結されました。

僕とパートナーの実名を書いて、「悪い噂を作って流布していたアカウント」があり、それを、ツイッター社に報告していたのですが、「このアカウントがTwitterルールに違反していることが判明しました」と、ツイッター社も違反だと認めてくれました。名誉毀損を行う者が減ってほしいですね!その後、その垢は「凍結」!ツイッター運営さんありがとう☆

実は、この件、パートナーが警察に相談に行っていて、「プリントアウトしたもの(証拠)を持ってきて」と言われ、証拠を渡していました。今回は、デマを書かれたアカウントも凍結されていますし、もうこれで終わりで良いと思っています。公然の場に「デマ」を書くのはやめて欲しい。何だろうか。

このように、「問題」が「解決」されると、頭も、心もスッキリします。目の前の問題を、「問題だと思わないようにして逃げる」ことは簡単ですが、それが「蓄積」することで、「大きな問題」に繋がることもあります。だから、「問題意識」と「予防意識」をもって、問題解決しておくことが大事なのです。

虐待者の特徴の1つに、「問題だと思わないようにして逃げる」があります。「気にしなければ問題ではない…」と。そして周囲の誰かがいつも犠牲になっている…。健全な人たちは、問題意識を持って問題解決をしています。これは【重要】です。虐待者は問題解決しません。機能不全家庭も問題解決が無い。

健全な人たちは、賢くて、優しい。だから、「問題を問題だと思わなければOK」なんて、「無責任」なことは言わない。それが、次、どの「点」に繋がり、その「シワ寄せ」がどこに行くかもわかる。だから、問題が小さいうちにちゃんと解決している…(温かい)。僕も、そういう人たちを見習いたいな。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)