ツイッターアカウントの不当ロック、凍結が解除されました!

ツイッターアカウントの不当ロック、凍結が解除されました!

不当ロック、凍結されていた僕らのアカウントが解除! ツイッター社から、「”~解除されました。ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。~省略~誤認識をお詫びいたしますとともに、またのTwitterのご利用をお待ちしております。”」とメールが届き、凍結解除! 「誤認識」が起こったとのこと。

通報があれば、根拠も示さず異議も受け付けずアカウントを使用不能にする。ルールの内容に問題があるのではなく、運用プロセスの致命的な欠陥であることは明らかだ。

引用元:相次ぐ凍結&ロック! Twitter「凍結問題」と表現の自由【「やや日刊カルト新聞」藤倉善郎氏緊急寄稿】 (2017年10月22日) – エキサイトニュース

仲間などを使って、大量報告、通報をすれば、凍結させることが可能なようです。以前、「デマ流し加害者」が、僕らのアカウントを報告していたとツイートしていましたが、恐らくあの者の通報によって、誤認識(システムの)に繋がり、凍結に至ったのでしょう。本当、迷惑なデマ流し加害者です。

兎に角、僕らに問題がないことが明らかとなり、ツイッター社からも「”誤認識をお詫びいたしますとともに、またのTwitterのご利用をお待ちしております。”」とメールが届き、1つ、問題が解決されてスッキリしました☆

デマ流し加害者があなたのデマを流すとする。すると、そのデマを信じる者も出てきます。だけど、デマを信じるような者は、あなたにとって有害な存在なので、消えてもらった方がプラスなのです。確認もせずデマを信じるのですから…。デマ流し加害者が掃除をしてくれたようなものです。

デマ流し加害者がデマを流したことで、有害なフォロワー(未確認情報を鵜呑みにしてすぐに思い込みたがる者)が減って、このアカウントも整理されて、綺麗に掃除されたようです。自分で確認もせずデマを信じる者は、自分にとって有害因子ですから、離れてもらうほうがお互いにとってプラスになります。

※追記

また、他にも凍結されてアカウントが多数ありまして、それも今、ツイッター社にメールを送っています。不当凍結を解除してくれるのならば今後も有益情報をツイッターのほうでも発信していこうと思っています。他のアカウントの不当凍結が解除されない場合は、使わないと思います。僕としては「元に戻してくれるのなら再度利用したい」という思いはありますので。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)