洗脳された亡者(心を守らない者)たちが、子供たちの心を殺している!

洗脳された亡者(心を守らない者)たちが、子供たちの心を殺している!

目と洗脳は、深い関係がある。本格化してくる洗脳時代、心をしっかり守れ!

以前、上記の記事で大切なことをお伝えしました。洗脳時代は既に始まっており、ゆでガエルの法則の如く、もう既にジワジワと侵食されています。そうすると下のほうで苦しみが滲み出てきますから、虐待、ハラスメント、子供の自殺などが増えてくるのです。洗脳された亡者(心を守らない者)たちが、子供たちの心を殺すようになり(心理的な虐待等)、シワ寄せが子供ったいにいき、洗脳された亡者(心を守らない者)たちは生きのびて、心を殺された子供たちが自殺するのです。

それは、こういうことです。

自殺率、未成年が最悪=SNS相談2万件超-政府白書

引用元:【図解・社会】自殺率の推移(2019年7月):時事ドットコム

10代の自殺率は過去最悪に、LINEでも相談できない男子生徒を見守る必要性は高い(高橋暁子) – 個人 – Yahoo!ニュース

洗脳された亡者(心を守らない者)たちは生きのびて、心を殺された子供たち(スケープゴート)が自殺するのです。心を守らないことが問題なのです。1人1人が勉強をして、心を守れるようになれば、犠牲(スケープゴート)を創る必要はありませんから、子供の自殺は増えにくいのです。しかし、心を守ることに関してどうでも良いと思っている煩悩まみれな大人が増えて、餌にホイホイ食いついていますから、当然、子供の自殺は増えてしまうのです。

大人が目を覚ましてしっかりしない限り、いつまでも犠牲が生まれます。ですので、色々と、「目を覚まさなければいけない、それ相応の問題」が、これからも起こってくるでしょう。それが、自然とか、人工とか、どうでも良いのです。大事なことは、自分たちが目を覚まして、細部までしっかり見て、心を守り、身近なものを大切にしていくことです。それが嫌なら、それ相応の困難が訪れて、そして飲み込まれるだけです。

心への攻撃は、愚か者の心の隙間から、静かに侵食していくのです。愚か者は「マヌケ」な部分が多いので、そこから入っていき、その影響に気づかないのです。気づいた時にはもう遅いのです。手遅れに近い。そうなる前に気づくことが大切であり、それが、愛や思いやりでしょう。

→ Amazon.co.jp: 悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち: マヌケな彼らは、何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく… eBook: 菅原隆志: Kindleストア

そして、洗脳された亡者(心を守らない者)は、下記記事でお伝えしたことが全く理解できないのです。

インターネットは悪魔の蜘蛛の巣であり大きな海でもある!人はその中で泳ぐ「お魚さん」です。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)