病は気から…。モラルハラスメントの加害者と一緒にいるだけでマイナスの気のようなものが相手にも伝わり「理由はわからないけど疲れる」などのマイナス影響が出ることもあります。

6415 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

病は気から…。モラルハラスメントの加害者と一緒にいるだけでマイナスの気のようなものが相手にも伝わり「理由はわからないけど疲れる」などのマイナス影響が出ることもあります。

タイトルに「方法」と書いていますが、目的はこのことを知り、防げるようになっていただきたいという思いから「方法」と書きました。

誰でも知っているであろう「病は気から」という言葉の通り、気を汚せば病気になりやすくなります。気の正体とは何かと言いますと全日本気功師会副会長。現在、株式会社ドクター苫米地ワークス代表である苫米地英人さんは著書でこのように書かれています。

「気は存在する」「気は言葉を使わない情報伝達手段」「赤外線などの周波数帯の電磁波にエンコードされた情報内容が気の正体」

詳しくは以下のP145をご覧下さい。


エヴァンゲリオン庵野 秀明(あんの ひであき)氏も絶賛!

そして、表面的には善人に見えるモラルハラスメントの加害者。表面上は善人でも言葉を使わないマイナス情報伝達を無意識のうちに行います。こういったマイナスの気のようなものが相手にも伝わり「理由はわからないけど疲れる」などのマイナス影響が出ることもあります。

美徳による支配を行うモラルハラスメントの加害者と関わると、兎に角、理由もわからずに病んでいきやすいのです。まるで精神の吸血鬼かのように精神エネルギーが吸い取られていきます。これが慢性的になれば、慢性的なストレスや、体調不良などから、あらゆる病気の原因になっていく場合もあるでしょう。

巧妙なモラルハラスメントの加害者は、相手を混乱させたり、変性意識状態にして暗示を入れてコントロールする高レベルのモラルハラスメントを仕掛ける場合もあります。

何故、巧妙なモラルハラスメントの加害者と関わると病むのかというと、その人が無意識のうちに出す非言語的メッセージが、その場の気を汚すのです。前述したことですが「気は言葉を使わない情報伝達手段」ですから無意識のうちに出す非言語コミュニケーションから相手にマイナス影響を出す場合があるのです。このお話は以下の記事の内容とも繋がることです。

十字架やニンニク嫌いな吸血鬼は実在する!?相手のエネルギーを奪うことで元気になっている。しかも無意識のうちに行っているから本人も自覚がない。

非言語コミュニケーションの多くは無意識的なので、互いに気づいていない場合が多くあり、表情や顔色、視線、声のトーン、姿勢、手振り、身振り、臭い、など言葉を使わない部分での相手とのコミュニケーションです。

つまり、どれだけ良い言葉を使っていても、非言語的メッセージ部分が悪いものがあれば、相手にはマイナス影響となっていきやすいのです。巧妙なモラルハラスメントは言葉は善人です。「家族の為」とは「家族が、あなたが大事」と言いますが、非言語的メッセージでは逆のことをやるのです。

そのように言葉以外の非言語を使い、その場の無意識的な世界を掌握し流れている気を汚すのです。汚れた気が充満している部分で変性意識状態になり「空気を読む」とどうなるのか?

そう、汚れた空気を読んでしまった事で無意識に汚れた情報を入れ込んでしまうのです。昔に「空気読め」「KY」などと広まった意味が違う視点で分かった方もいるのではないでしょうか。

予め読ますための空気を汚しておけば病気はますます増えやすくなるでしょう。

こういった無意識を汚す情報は溢れかえっている中で人は生きていますし全てを避けることは出来ません。大事なのは精神的防衛が必要なこの時代で心の拠り所を自分に出来ない人は、自分で気が付いていない間に無意識を書き換えられていき病気になりやすく、依存しやすくなり、無駄なお金を落としていき精神が病んでくるという結果につながるのです。

更に精神が病んできたことにも気付かないで、無理してポジティブになろうとポジティブメッキをかけるので自分で自分を欺くようにもなるのです。楽しい笑顔の裏では泣いている人・・・多いものです。


こちらの本は、そういった巧妙なモラルハラスメントの加害者から洗脳されないために役立つ一冊です。是非読んでみて下さい。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。