IQ(知能指数)テストには「見えない法則性」がある。これが見えない人ほど、問題意識がないので、自分で自分を不幸にしていることにすら気づけない。

IQ(知能指数)テストには「見えない法則性」がある。これが見えない人ほど、問題意識がないので、自分で自分を不幸にしていることにすら気づけない。

僕のIQ(知能指数)は127でした!東大生の平均IQ(知能指数)は120と言われているので中卒にしては上出来だと思います。

先日、上記の記事でIQ(知能指数)テストをご紹介しました。その中で、「IQテスト メンサ」は無料で出来るものです。実際にやってみるとわかりますが、後になればなるほど難しくなります。そこに隠れている法則性を見つけ出して解く必要があります。

IQ(知能指数)テストには「見えない法則性」があります。これが見えない人ほど、問題意識がない(問題があるのに気づいていない)ので、自分で自分を不幸にしていることにすら気づけないのです。点と点を繋げて考えられないから。

IQ(知能指数)が低いと、IQ(知能指数)テストに隠れている法則が見えないのです。そこには確かに法則性がある。しかし、IQ(知能指数)が低い人には法則性が見えない。気づけない。逆に、IQ(知能指数)が高い人ほど、その法則性が見えるし、気づけるのです。だからIQ(知能指数)が高い人は問題意識と予防意識を持って、不幸になる原因を事前に取り除いているのです。しかし、IQ(知能指数)が低い人の一部の人は、責任転嫁が得意で、問題意識がないことによる問題を理解する気がないので、「過剰反応しすぎ」とか「大袈裟に捉え過ぎ」と言うこともあるのです。そしてあとで問題が起こっても、自分が原因だとも気が付かないのです。彼らは、自分の愚かさを、他人を悪くみることで安定を保っている(スケープゴートを創る)の場合があるので、問題が起きても自業自得ですから、放っておけば良いのです。他人の問題に介入してはいけませんし。

心理的虐待の一種である「ガスライティング」もターゲットに気づかれない水準で仕掛けるので、仕掛けられた被害者は被害に気づかないまま、周囲も気づかないまま、被害がジワジワと広がっていくのです。広がって大きくなり、気づいた時には手遅れの場合もあります。また、被害に気づかないまま混乱し、妄想状態に入ってしまう被害者もいます。

ですから、IQ(知能指数)を高めて、1つ、2つ上の階層にあるものに気づけるようになることが【重要】なことなのです。つまり、今よりも高い視点に気づけるようになるということ。そのためには「人間的成長」が必要不可欠なのです。脳で言えば、人間らしさを司る前頭前野の活性化ということ。そのための生活習慣が大切なのです。

愚かになってしまった人間は、目の前にある問題に気づけないので、「問題だと思わないことが大事!楽しくね!」なんて言って、問題が深刻になっているのに、それにも気づけないのです。そしてスケープゴートが背負わせられて苦しんでいることもあるので、とても悲しい気持ちになります。なんで1人に背負わして自分たちはのうのうと生きているの? と思うこともあります。

ですので、誰か1人を自殺させないためにも、問題意識を持つことは、重要なことです。寝ぼけていてはいけないのです。専門家も、「起きながらにして寝ている人々」というような表現をしていましたが、本当に、そうであってはいけないのです。思いやりや、愛情があるなら、自然と問題意識を持つものです。

 

知能段階点

 

知能段階 ウェクスラー式IQ この段階の割合
非常に高い 130以上 2.3%
高い 120–129 6.8%
平均の上 110–119 16.1%
平均 90–109 49.5%
平均の下 80–89 16.1%
低い(境界域) 70–79 6.8%
非常に低い 69以下 2.3%
知能段階 ビネー式IQ ビネー式ISS この段階の割合
最上(最優) 141以上 75以上 0.6%
上(優) 125–140 65–74 6.1%
中の上 109–124 55–64 24.2%
93–108 45–54 38.3%
中の下 77–92 35–44 24.2%
下(劣) 61–76 25–34 6.1%
最下(最劣) 60以下 24以下 0.6%

引用元:知能指数 – Wikipedia

「IQテスト メンサ」は無料で出来るのでやってみてください。無料テストで出た数字を上記の表と照らし合わせて見て下さい。自分の知能の状態がわかります。

追記

IQが上がると、見えない法則性に気づきやすくなり、それまで気づけなかった階層の気づきが増えます。つまりそれは、自分に対しても同じこと。自分の良い部分にも、もっと気づけるようになるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)