モラルハラスメントは悪魔信仰のようなものから発生!自分を欺くとモラルハラスメント界に入る!偽った分だけ誰かを犠牲にするから人を傷つけずにはいられなくなる!

 2021年11月28日
8217 views
モラルハラスメントは悪魔信仰のようなものから発生!自分を欺くとモラルハラスメント界に入る!偽った分だけ誰かを犠牲にするから人を傷つけずにはいられなくなる!

多くの人は「プラス思考」と「楽観的な思考」を勘違いしています。楽観的って何かと言うと、根拠もなしに正しいプロセスを踏まず「どうにかなるさ!」みたいな適当なものです。つまり、無責任なのに自由を手に入れようとするなんとも身勝手なものです。自由には責任が伴います。

「暗い暗い♪明るくいこうよ♪」

確かに、一見プラスな気がしますね。しかし、所詮は誤魔化しのメッキですから、またあとでメッキ処理をしなければいけません。

「暗い!暗い!明るくいこうぜ♪楽しくいこう!」

更にメッキを施しますが「中身がない」のでメッキが剥げてくるんです。メッキは嘘つきってことです。自分に嘘をついて「明るいフリ」をするのですから、そのつけが回ってきます。つけが回ってくると更に苦しくなるので、次が犠牲が必要になります。

誰かを見て「あいつ暗くね?」とか「あいつ悩んで人生楽しいのかな?おーい!お前人生終わってんじゃんポジティブになりなよ?ゴミ?」と自分の投影で相手を見て相手にダメなレッテルを貼り安定を保っていきます。

その歯車のズレがプログラムのバグのようになり、矛盾や混乱が生まれ、巧妙なモラルハラスメントを無意識でするようになっているのに、本人たちは気が付かない。だから周囲に問題が絶えないのです。

意識で必要以上に良いフリをすると、無意識にはマイナスが蓄積してしまいます。それがコンプレックスの原因になります。ですので「楽観的な思考」ではない、無意識のうちに出てくる「プラス思考」を手に入れることが大切なんです。

本当のプラス思考はマイナスに突入し、それを受け入れ、マイナスからプラスを見つけなければ、いつまでも解決が出来ないのです。楽観的なメッキのポジティブは無責任なのに自由を手に入れようとしますから歯車がズレていきモラハラが生まれます。

やることをやらないクセに結果だけ欲しがり横取りしようとするから歯車がズレていきモラハラが生まれるのです。

モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物の傾向は、秩序を愛する、他者への配慮を働かせる、責任感が強い、几帳面、メランコリー親和型の人物、自分が悪いのではと罪悪感を持ちやすい、誰かを助けたいと思っている。

これらの傾向がある人間が被害者にされるのは、本当のモラハラ加害者が無責任なメッキポジティブを維持するには「犠牲が必要」だからです。偽物が本物に見えるためには、本当の本物があるとばれるかも知れないから責任感が強い人間は邪魔になるからターゲットにするのです。静かに迎合的に蜘蛛の巣にひっかけて料理するわけです。

つまり、偽善の人間がモラルハラスメントを生み出しているのに本人が気づいていないのです。悪人は、自分の悪を隠し善としてみてもらうには、本当の善が存在しなければいい・・・そういった心理です。自分と違う存在を認め合えない・・・。

偽ブランド品がばれない為には本物も歪めばいい・・・・。

それがモラルハラスメントです。

だから見えない攻撃で実に巧妙な操作になるのです。それほどメッキを施す人間の闇が物語っているという事です。区別を学び自分に責任を持って、くっつかないようにしていけば、モラルハラスメントは炙り出されてくるので、そこで叩くのではなく勇気づけを出来るかどうかなのです。本当に苦しんでいる人は自分すら欺いているから苦しみを表に一切出さずいつでも笑顔ですからね。

モラルハラスメントは欺いて誤魔化しているのに、それ以上を手に入れようとするところに生まれます。つまりモラルハラスメントは悪魔信仰のようなものです!悪魔を信じ信仰し呼び寄せているつもりなんてなくても、結果として悪魔信仰のようになっているのです。だって自分を維持するために、犠牲を必要としているから。心理的生贄ですよ。自分が善のフリをするには生贄が必要なのです。だから、人を傷つけずにはいられない心理になりモラルハラスメントで攻撃するのです。

しかも攻撃は攻撃とはわからないように善人のフリで迎合的に行います。迎合的なモラルハラスメントは攻撃的なモラルハラスメントを媒体にしています。

つまり、

上位モラハラ:迎合的なモラルハラスメント
下位モラハラ:攻撃的なモラルハラスメント

こういうことです。モラハラ夫は攻撃的なモラルハラスメントが殆どですから、迎合的なモラルハラスメントをする側に転がされているのでしょう。互いに本当の自分を取り戻し本当の自分の人生を生きれば抜け出せますね。

「他人」の人生を生きると恋愛も結婚も人生もうまくいかなくなる

本当の自分を取り戻していかないと、人を傷つけずにはいられなくなる場合もあります。人を傷つけずにはいられなくなる状態になれば、恋愛も、結婚も、人生もうまくいかなくなります。男運も悪くなり、運命の彼にさえ出会えなくなります。

どうしてうまくいかなくなるのかというと、本当の自分を取り戻していないということは、自分は他人の考えや価値観で生きているからです。他人の考えや価値観は他人のものですから、それを受け入れても自分が幸せを感じるはずはありませんよね。

じゃあ、なんで自分が「他人」の考えや価値観で生きるようになったのか。そもそも「他人」は誰か?

その「他人」の多くは「親」です。「親」の考えや価値観で生きているから、恋愛も、結婚も、人生もうまくいかなくなり、男運も悪くなり、運命の彼にさえ出会えなくなるんです。

だって自分が自分の考えで選んだ相手のつもりでも、無意識のうちに「親」の考えが出てきているので、無意識のうちに「親」が選んでいるような相手に出会うのです。

そう、運命の彼に出会い人生を好転させるには、無意識のうちにしてしまう「親の考え」を「自分の考え」にシフトする必要があるのです。それが出来れば幸せになっていけます。

その方法は、恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わることが出来る「阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間」で学び、実践し、解決できるのです。

ぜひ、この機会に、根本問題と向き合って改善し、運命の彼に出会えるようになってください!

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。