「執着を手放す」ということは、「心の滞りを解消すること」でもある。あなたがあなたの親になり、あなたを縛るもの、それを、あなた自身の力で断ち切り、心の滞りを解消して下さい。あなたを救うのはあなたの役目です。

「執着を手放す」ということは、「心の滞りを解消すること」でもある。あなたがあなたの親になり、あなたを縛るもの、それを、あなた自身の力で断ち切り、心の滞りを解消して下さい。あなたを救うのはあなたの役目です。

追記しました

記事下部の「追伸」部分をお読み下さい。

「執着を手放す方法と悩みの正体!(https://amazon.co.jp/dp/B086HLP6YZ)」の方法で、執着を手放すことが出来た人(僕も含め)は、気づいていなかった大切なことに、自分の力で気づきました。第1章の「本当の自分に出会う旅」、ここも読んで欲しいと思います。

「執着を手放す」ということは、「心の滞りを解消すること」でもあるのです。心の滞りが解消されると、「自然な手放し」が出来るのです。無理をする必要も、焦る必要もありません。心の滞りを解消しないまま生きているから、執着も強くなってしまうのです。「執着を手放す方法と悩みの正体!」の方法は、心の滞りを解消するための本でもあるのです。

サヨナラ・モンスターの取り組みは、「sayさま」のレビューに「この本は個々の事例ではなく、総合的な心構えと具体的な方法を説明してくれています。」とあるように、サヨナラ・モンスターは、総合的なものです。

「執着を手放す方法と悩みの正体!(https://amazon.co.jp/dp/B086HLP6YZ)」の方法は、サヨナラ・モンスターの取り組みの一部として役立つこともあるものです。心を、潜在意識(無意識)レベルから変えていくということは、簡単なことではなく、浅い部分は簡単に変わるかもしれませんが、本当の意味での深い部分は、時間をかけて、変えていく必要があるのです。時間がかかればかかるほど良いと言えます。言い換えると、時間をかけないと変えれない部分もあるのです。簡単に変わるということ、浅いということ。サヨナラ・モンスターは浅い部分に働きかけるものではありません。

で、サヨナラ・モンスター教材本編の「モンスターの正体」で、「心の滞り」に関係あることをお伝えしています。何が、大切なものを堰き止めているのか、それを取り除くと滞りが解消するのです。これは、無意識レベルのことですから、自分では気づいていない部分になります。そこに自分の力で気づいていくことが大切なのです。「執着を手放す」ということは、「心の滞りを解消すること」でもありますので、自分を変える取り組みの中で、何かに対し、強い執着がある場合は、自分の心の滞り(気づいていない部分が殆ど)を解消することを忘れないで下さい。

あなたがあなたの親になり、あなたを縛るもの、それを断ち切り、心の滞りを解消して下さい。「執着を手放す方法と悩みの正体!(https://amazon.co.jp/dp/B086HLP6YZ)」の方法や、サヨナラ・モンスターは、そのための方法でもあるのです。

追伸:

「執着を手放す方法と悩みの正体!(https://amazon.co.jp/dp/B086HLP6YZ)」こちらの本の最後のほうに「執着を手放すワーク」があります。執着を手放すということは、心の滞りを解消することでもあるのです。このワークは、そんな心の滞りを流して本来の自分の道に方向転換する…そんなワークです。ぜひ、やってみて下さい(リラックス出来る場所で)。

解して方向転換

このワークで、「心の滞り」を1つ1つ解消していくことで、自然な執着の手放しに繋がることがあります。滞りになっているもの(ワークの1と2)を、(ワークの3〜)解(ほぐ)していきながら方向転換しているので、このワークで素晴らしい変化をする人もいます。

ワークをやってみて、その感想などを送ってくれると嬉しいです!

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)