アファメーション。肯定的でポジティブで断言した言葉を使い潜在意識に働きかけるものです。 継続することでとても効果的に潜在意識をポジティブに変えることが出来ます。

24237 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

アファメーション。肯定的でポジティブで断言した言葉を使い潜在意識に働きかけるものです。 継続することでとても効果的に潜在意識をポジティブに変えることが出来ます。

自己暗示法の創始者、フランスのエミール・クーエ氏が提唱したアファメーション。 こちらは何なのかと言いますと肯定的でポジティブで断言した言葉を使い潜在意識に働きかけるものです。 継続することでとても効果的に潜在意識をポジティブに変えることが出来ます。

人気の『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)の4つのトレーニングの1つもアファメーションです。 アファメーション例ですがルールは色々ありますが、簡単に書きたいので省略します。 断定的で肯定的でポジティブな言葉を使い、必ず一人称を使用し、今現在そうなっているかのように書いて下さい。

例えば心が弱くて悩んでいるのなら 「私は、とっても心が強いし、強いから人生も上手くいくし楽しい♪」 こう書いちゃってください。

このように断定的で肯定的な言葉だけを使用し、実際に紙にも書いて下さい。 そして、自分で声に出して何度か繰り返してみて下さい。 これを繰り返すと、かなり効果的に変われます! ここで「嘘言ってもむなしくなるだけっす!」と言う声が聞こえてきそうですが、そう思うのも無理はありません。 そう思っちゃいますよね(*^_^*)

しかし!潜在意識には本当の事と嘘を見分けることが出来ないのです。 つまり、嘘であろうが本当であろうが潜在意識はちゃんと受け取ってくれるのです。 よく考えてみて下さい。 嘘には良い嘘と悪い嘘があります。 これは良い嘘です。 しかし、自分に自信が無く勇気もない、情けない自分の人はなぜそうなっているか?? そう、他者の嘘を信じて、他者の嘘を受け入れ、他者のデマを潜在意識に入れてしまったのです。

自信が無い方は思い出してみて下さい。 「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」と子供の頃に、しつこくいじめられた人がいたとして、今でも自分に自信がないとしましょう。 それって他者の「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」はデマですよ!? そのデマを信じてしまい、自分の潜在意識に入れてしまったんです。 それこそ悪い嘘じゃないですか!

ここでアファメーションの役立つ時なのです。 「私は素晴らしい!心が美しいし、まっすぐな心を持っているから、人生楽しい事が起きまくってくるし!♪」 このような圧倒的な思いで自分の潜在意識に語り掛けるのです。

すると…

「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」

「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」

「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」

「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」

「うわっ きもっ!wwww生きてる価値なし!お陀仏決定!」

  「うわっ きもっ!wwww生きてる価値な…」  

「うわっ きもっ!wwww生きて…」

  「……………」

このようにくっだらない過去の遺物ともいえる他者からの刷り込みは宇宙の塵となるわけです。

「私は素晴らしい!心が美しいし、まっすぐな心を持っているから、人生楽しい事が起きまくってくるし!♪」 自分の思いが圧倒的に上回るくらい繰り返し潜在意識に刷り込んでいけば間違いなくあなたは変わるのです。

最初はこの断定的で肯定的な宣言をすると、体に不調が起きる場合があります。 ですがこれは好転反応とも言えます。 潜在意識に巣喰っている他者の嘘が出ていくのを嫌がると最後のあがきかのように、頭痛がしたり肩や首が痛くなったり、お腹が痛くなったりします。

お腹が痛くなるのは潜在意識の中で色々あるからなのです。こちらに書いたように背や腹は潜在意識を意味します。 あがり症で悩んでいる方は 「私は、人前で堂々と力強く楽しく話している!」など。 出来なくてもいいし嘘でもいいのです。 慣れて潜在意識に刷り込まれるまで繰り返すと効果抜群です! そしてこれを強くイメージして下さい。 それでもネガティブに負けそうになる方は、そのネガティブをイメージの中でぼっこぼこにしちゃってください(笑) 人はイメージで思い込みの生き物ですから、めちゃくちゃ効果あります。

 さぁ あなたの肯定的で断定的な言葉を使っていきましょう! ネガティブは肯定的なパワーを引き立たせるものですから。

コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

あがり症の方は、こちらの記事も読んでみて下さい。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

良かったらグッドボタンを押そう!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)

24238 views

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。