サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

集中力アップで雑念を振り払って脳の疲れを取ろう!人は1つの事に集中すれば余計なものが入り込む余地がなくなります。「雑念」に「憑かれ」るから「疲れる」のです。

未分類(仕分け前)

脳の疲れは雑念の蓄積によって起こる

集中力アップで雑念を振り払うことは脳を疲れさせないためにも大切なことです。脳の疲れは日々の「雑念」の蓄積によって起こります。人は1つの事に集中すれば余計なもの(雑念)が入り込む余地がなくなります。それは脳を疲れさせないことに繋がるのです。脳が疲れていると寝ても寝ても疲れが取れない。ぼーっとする。だるい。頭が重い。そういった状態になります。

疲れ」は「憑かれ」とも言えます。何故か。「雑念」に「憑かれ」るから「疲れる」のです。

雑念ってどこから来るの!?

雑念ってどこから来るの!?

雑念は「無意識」から来ます。そして「過去」や「未来」に関することで自動で浮かんできます。「こうなったらどうしよう…」とか「くそ、あの時、あんなこと言いやがって」と。

人は同時に2つのことを考えることは出来ません。つまり、「今」に集中していれば「過去」や「未来」が入り込む余地がなくなりますので、雑念が浮かんでこないのです。

だけど、「今」に集中していないときは「過去」や「未来」が入り込んできて雑念に支配されていくのです。

過去に支配されている

人から見下されることが怖く、責められることが怖いというAさん。Aさんは何故見下されるのが怖いのか、何故責められる気がするのかを冷静に考えていきました。すると、自分の中に相手への攻撃性が隠れていて、相手を見下していることに気が付きました。

まさに被害者意識は加害者意識です。

自分が見下されるのが怖く、相手から責められているようで怖い時、自分が相手を見下し相手を責めていたのです。そして相手を見下すかのようなコミュニケーションとフォーカスで相手を無意識で攻撃していたという事です。 「そっか、自分が相手を見下して、相手を馬鹿にし、責める心があるから、そういったものにフォーカスしているから、鏡のように相手からもそう見られている、そうされるかもって思うんだ」と気づいたようでした。

では何故、そんな人を見下し馬鹿にし責めることを無意識の癖になったのか、それはAさんが言うところによると自分の母親と全く同じ!母親の価値観をそっくり受け継いでいる。そう気づいたとのことです。 「こんな価値観は捨てて良いのだ」 そう決心したのです。 母親の価値観を捨てるという事は母親を傷つけてしまい、やってはいけないことだと感じたそうです。

自分は自分、親は親、区別し別々でも良いのだと分かって来たとのことです。

つまり、過去の記憶で今を見ていたのです。過去に支配され、過去の記憶が無意識のうちに雑念を生み出して、そのまま見ていたのです。そのことに気づいて「今」に集中すれば違う見方が出来るのです。

人は1つの事に集中すれば余計なものは入り込む余地はありません。つまり「人を尊重し感謝すること(今)」に集中出来ていれば「人を見下す、馬鹿にする、責める(過去)」などが入り込む余地などないという事です。

集中力を高め、自分はどんな考えで、どんな価値観の人間なのかを、明確にして他者の価値観は捨てても良いんだと自分に言ってあげることが大事な事です。

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。