世の中の不満に必死に食いついてどうするの?

8691 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
世の中の不満に必死に食いついてどうするの?

世の中の不満に必死に食いついてどうするの? と、いうのが私の意見。

テロがどう、 戦争がどう、 いじめがどう、 モラハラがどう、 犯罪がどう、 キリがないって気づいていない人が90%くらいいます。 私も過去はそうでした。 正直「この腐った日本を変えたい!」と思っていたこともあり、 今では、お子様だったと思っています。

世の中の不満に必死に食いついて、世の中は変わりますか? イジメ問題に必死に取り組んでイジメは消えますか? 消えませんよね。 犯罪もなくなりませんよね。 逆に、食いつくからいつまでもなくならないのです。

奥が深い話ですが、、、 「食いつくから、生み出してしまう」というわけです。 真理と言っても良いでしょう。言葉を変えれば「食いついて無自覚で生み出している」と言うわけです。 私のように気づいてしまえば、楽になれる部分があります。

よく観察してみて欲しいのですが、ごく一部ですが「イジメは絶対に許さない!」なんて正義を振りかざしながら「いじめ加害者を煽って次の被害者を生み出すキッカケ作りをしている」人がいます。これは無意識でマッチポンプで作り出している可能性があります。

だって、いじめ加害者は弱いんですよ?芯が無い。つまり親や環境から傷つけられて生きてきた可能性が高い。そんな弱くて芯の無い、いじめ加害者は矛先を弱い者に向けます。これは当然わかりますよね?特にいじめ問題に熟知していればいるほど、わかりますよね!そのいじめ加害者は矛先を弱い者に向ける性質があると知っている者が「イジメは絶対に許さない!」と、いじめ加害者を追いつめれば、ますます、いじめ加害者は次の被害者を作り出す可能性があります。本当に「いじめを必要としている人」は一体誰なのか…。。。

<<下に続く>>

このような感じで、その人が自覚無いにしても「食いつくから、生み出してしまう」こともあるのです。

つまり、世の中に期待している事が問題なのです。 世の中に期待しているから、世の中の暗示にかかるのです。 暗示は期待するからかかります。 世の中に期待するから、自分の考えで生きていけないのです。 自分の考えで生きていけないから?? そう、問題がループするのです。

だから、世の中に期待することをやめ、 食いつくことをやめて、抜け出せばいいのです。 お医者さんに頼ると不安が軽減されますよね。 世の中に頼ると人のせいに出来ます。 そこから自分軸へとシフトすれば、 右ならえ思考が嫌になります。 自分の考えを自由に持つことの素晴らしさに気づけます。

ですから、キリの無い底なし沼の世の中の不満に 必死に食いついてどうするの? ってのが今の私の考えです。 個人的に言えば、 「いつまでも、無駄にしがみついてやんのーwww」って思う事もあります。 抜け出せばいいのです。 自分から縛られに行く必要などないのです。

最後に、世の中や社会は、親の喩えです。 つまり、世の中や社会への不満は、親への不満と同じであり、精神的自立が出来ていないというわけです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)