自慢している人がウザい!どうしたらいいの!?相手の背後にある気持ちを少し理解して「優しい言葉」がけが良い。

自慢している人がウザい!どうしたらいいの!?相手の背後にある気持ちを少し理解して「優しい言葉」がけが良い。

「自慢している人がウザい!どうしたらいいの!?」というお悩み。これは人を変えることは出来ませんから、自分が変わるのが良いです。自分の解釈を変えれば良いのです。僕は、今現在、自慢をしている人をウザいとは思いません。なぜあまりウザいと思わないのかというと、自慢をしている人を受け入れているからです。

その人が自分の良いところを自分で素直に良いと思って、それを他の人にもわかってほしいと思っているのですから、「その人の成長過程」だと思うことで、ウザいと思わないのです。しつこく言われたら別ですが、少しの自慢程度なら「その人にとってプラスになること」なので、時には、僕も嬉しい気持ちになることもあります。

考え方や、解釈を変えるだけで、相手の自慢がプラスに思えることもありますので、色々な解釈を探してみると良いと思います。自慢とは、精神的自立をしていくために経験するものであり、その背後には自信がない、劣等感がある、心の傷がある、認められたい、褒められたい、価値ある人間だと思ってもらいたいなど、何か隠れています。

ですので、そんな背後にある気持ちを少し理解して「優しい言葉」をかけてあげると、相手は少しずつ満たされていき、自然と自慢をしなくなる日がくるかもしれません。そういった温かい目で見守ってあげると良いと思いますよ。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)