毒親に苦しめられた人に対し「親のせいにするな」って言っている人を、例えば「危険地帯」に放り込んでみると?そう、ちょっと怖い目に合ったら「人のせい」が始まる…

8949 views
約 4 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
毒親に苦しめられた人に対し「親のせいにするな」って言っている人を、例えば「危険地帯」に放り込んでみると?そう、ちょっと怖い目に合ったら「人のせい」が始まる…

毒親に苦しめられた人に対し「親のせいにするな!」と偉そうに言っている人っていますよね。それが人を傷つける行為だとも自覚なしで。例えばそんな人を「危険地帯」に放り込んでみると、どうなるか。

そう、ちょっと怖い目に合ったら「人のせい」が始まることが多いでしょう。

人間は、誰もが人のせいにしたり、親のせいにしたりして、そこから学んで成長していくものです。

そして「本当の人の所為(せい)」と「人の所為(せい)にする」の言葉の意味の違いや区別もつかずに、平気で「親のせいにするな!」と偉そうに言っているのです。

本当の「人の所為(せい)にする」は、相手の行為から生じてもいないことを相手の行為から生じたかのように仕立てあげること。だけど誰かの所為だと思っていては何も変わらない。

この記事でお伝えしましたが「人の所為(せい)」というのは「それが原因や理由であるということ」です。

つまり、子供が毒親の影響でこうなった!と言うのが、本当にそれが原因だったなら、「親の所為(せい)」なんですよ。それが親が原因ではないのに毒親の影響でこうなった!と言っているのであれば「親の所為(せい)」ではなく「親の所為(せい)ということにしてすり替えた」と言うことなんです。

この親子間の問題は赤の他人がわかるはずもありません。赤の他人の親子問題を知った気になっている者は妄想です。家族の長い歴史の中、分析したってそうわかることじゃないんです。

「本当の人の所為(せい)」と「人の所為(せい)にする」の違いも分からない人が、「親のせいにするな!」と偉そうに人を傷つけているのです。

<<下に続く>>

1、「親のせいにするな」って言う人は、温室育ちで温室の中から穴をあけて外を眺めている人。

2、「親のせいにするな」って言う人は、自分らが温室から出た途端ピーピー騒ぎだすような人。

3、「親のせいにするな」って言う人を危険地帯に放り込んでみると、ちょっと怖い目に合ったら「人のせい」がはじまる。

これは、分かります。

自分と相手の環境が同じようなものだと思う事が前提だとよくある勘違いで、こういった人は勘違いでセカンドハラスメントをしているようなタイプだったりします。

「親のせい」ではなく「事実」を当たり前に語っているだけのことまでいっしょくたにして「親のせいいするな!」というのは、言う本人に罪悪感が隠れているのかもしれませんね。

親の財産が目当てで言いたいことも言えない。だから親の悪事を言う人間を否定しておかねばいけない。など。

嫌なものは嫌。ダメなものはダメ。悪い事は悪い事。犯罪は犯罪。虐待は虐待。と、はっきり言ったり思うことも大事な場合もあります。

親に媚び諂って悪事を隠す人間ほど、弱い奴を探すのが得意という仕組みがあります。

学校でのいじめ問題も親が隠れて巧妙に子供をいじめると、子供がそれが何かわからないから学校で鬱憤を晴らすのです。

大事なことは、自分の人生を生きていくことです。

親のせいにするな!」と偉そうに何も知らない者が言ってくる場合、無視してほっとくのが一番です。そういった者は本当の現実も知らないのに自分は現実を生きているつもりになっている愚かな状態ですので。

そうやって他人のセルフイメージを下げたがる者ほど、危険地帯に放り込まれて、ちょっと怖い目に合ったら「俺をこんなに苦しめたのはあいつらが悪いんだ!」とか「政治が悪い!」「国が悪い!」と騒ぐものです。

それこそが「人の所為(せい)にする」ことですよね。

危険地帯に放り込まれる前に、幾らでも選択の余地はあったのですから…。

しかし、親子間で子供がまだ小さい時は別です。

親がいなければい生きていけなかった時のことは、「人の所為(せい)にした」わけではなく、実際に「本当の人の所為(せい)」なんですから。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)