【電子書籍に移行】親への恨みを克服するためには、しっかりと親を恨むこと!しっかり悲しむこと!これが大切です。親の財産目当てで親に媚びて「もう親を許したよ」と自分に嘘をついても解決にはなりません。

【電子書籍に移行】親への恨みを克服するためには、しっかりと親を恨むこと!しっかり悲しむこと!これが大切です。親の財産目当てで親に媚びて「もう親を許したよ」と自分に嘘をついても解決にはなりません。

親への恨みを克服するためには、しっかりと親を恨んで、しっかり悲しむことが大切です。かっこつけたり、親の財産目当てで親に媚びて「もう親を許したよ」と自分に嘘をついても解決にはなりません。自分の気持ちに嘘をついて蓋をしても無駄です。誰でも親への恨みや悲しみを抱えているもの。

大切なことは自分の感情に素直になって感情を感じ切ることです。そうすれば感情は消えていくのです。自分に嘘をついて「もう親を許したよ」と誤魔化すから心の奥で親への恨みが無自覚のうちに増幅していくのです。そして、増幅した親への恨みに気づかないようにするから罪のない別の者の所為にするのです。

罪のない人や動物を虐待したり殺したりする人がいますが、そういった者も、心の奥に封じ込めてしまっている気づいていない親への恨みが形を変えて罪のない人や動物へ向けられている場合があるのです。この記事の続きは、電子書籍に移行しました。ぜひ、読んでみて下さい。

親への恨みを一生持ち続けるか、それとも解決するか、これは自分次第です。恨みを抱えたまま苦しむ…、そんな道で良いのですか?

今なら、、、Kindle Unlimited
月額980円)に登録している方は、
読み放題」で読むことが出来ます。

58万回も閲覧された衝撃的な記事が電子書籍化!
本書は一部の人にとっては「劇薬」と感じるかもしれません。
親への恨みはでっち上げ(Amazon Kindleストア)

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)