実際に効果があった陥れられる恐怖を克服する方法!陥れられる夢を続けて見ていませんか?それは、もしかすると潜在意識からのメッセージかもしれません。

1930 views
約 5 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
実際に効果があった陥れられる恐怖を克服する方法!陥れられる夢を続けて見ていませんか?それは、もしかすると潜在意識からのメッセージかもしれません。

陥れられる夢を続けて見ていませんか?それは、もしかすると潜在意識からのメッセージかもしれません。潜在意識は夢を通じて生存のためにメッセージを送ってくることがあります。「お願い!気づいて!」とか「問題解決して!」という意味で。

例えば「他人から陥れられるんではないかという恐怖心がある」というと、あまり知識がない人は「それは被害妄想だよ」と片付けようとします。これは、その人が知識がないので仕方ないことなのです。

有名な、スイスの精神科医・心理療法家であったカール・グスタフ・ユングは「統合失調症患者の支離滅裂な言動や妄想にもその人なりの理由やメッセージが隠されていて、それが表れているという考え方」をしたそう。「妄想だと切り捨てる」やり方とは違い素晴らしいと思います。本物ですね。

知識があると、本当の妄想と、そうではないことの区別が出来やすいのですが、あまり知識がないと「それは被害妄想だよ」とすぐ蓋をするように片づけようとしてしまうものです。認知の歪みの10パターンのうちの「結論の飛躍」です。

ですので、ご本人が「他人から陥れられるんではないかという恐怖心がある」のならば、”何かある”のだと思いますよ。

ここから、僕の話となります。実は、僕自身も過去に「他人から陥れられるんではないかという恐怖心」がものすごくありました。それは、今でもありますが、かなり克服しました。実際に、陥れられる恐怖をかなり克服した僕だからこそわかることをお伝えしたいなと思います。

まず、大事なことは「自分の心に素直になること」です。他人があなたのことをわかるのは難しいことです。自分で自分のことを知ることが大切なことです。自分が「他人から陥れられるんではないかという恐怖心がある」と思うのであれば、自分を信じてあげて下さい。

自分が「他人から陥れられるんではないかという恐怖心がある」と、怖がっているのです。「大丈夫だよ」と優しく声をかけてあげて、その上で、少しずつ深めていくと良いです。「どんな?」「誰に?」という感じで。すると、僕の場合ですが、僕の周囲に「陥れてくる人が実際にいた」のです。それなのに「人を悪く見てはいけない」という考えに縛られて気づいていなかったのです。

つまり、僕は自分で気づいていなかった「実在した陥れてくる人」に気づいて、その手口も知り尽くすことで「他人から陥れられるんではないかという恐怖心」を克服していったのです。「怖い」というのは「知らないから」なんです。知れば知るほど恐怖心って消えていくのです。

なので、僕は、「実在した陥れてくる人」の「手口を知る努力」をしたのです。それまで、僕は人を陥れたことがなかったのでさっぱり理解できなかったのです。だから、得体のしれない恐怖になっていたのです。得体のしれない恐怖は、得体(正体)が知れたら恐怖ではなくなってくるのです。

そして、陥れられる夢も見なくなりました。

陥れてくる人は、当然ですが、「陥れたことに気づかせないように誘導する」ものです。そんな人ほど「それは被害妄想だよ」とすぐに結論付けようとして、更に蓋をするために、「人を悪く見てはいけない」で蓋をして、更に蓋をするために「兎に角、行動しなよ」と逸らさせようとします。

<<下に続く>>

それが、行き過ぎると、「行動強要ハラスメント」をしてくる場合もあるのです。

親切の押し売りは詐欺師による昭和の名残り!そういった者は「行動しろ」と「行動強要ハラスメント加害者」となっている場合もある。自然な成長を阻害する迷惑行為です。

人には、それぞれ合った、解決法があります。焦って行動をすることで悪化する危険性もあります。大事なことは「自分の心に素直になる」ということです。僕は、それにより、陥れてくる人がわかったし、恐怖もかなり減りました。実際に、恐怖心が減った方法ですから、同じような悩みを抱えている方に、役立つかもしれないと、この記事を書きました。

他人から陥れられるんではないかという恐怖心がある人」の心が軽くなることに、何か、参考になればい幸いです。

ヤフー知恵袋からご紹介

以下の引用文を読んで下さい。

他人から陥れられるんではないかという恐怖心を振り払いたいです。

引用元:他人から陥れられるんではないかという恐怖心を振り払いたいで… – Yahoo!知恵袋

この質問者の方に対して以下のベストアンサーのご回答。

あえて怖い事柄に近づいてはいかがですか?

引用元:他人から陥れられるんではないかという恐怖心を振り払いたいで… – Yahoo!知恵袋

そう、こちらなんです。この記事でお伝えしたいことは「陥れられる恐怖があるなら、あえて陥れる存在に近づいて、人生勉強する」ということなのです。「仕掛けられたのですが、黙っていてはいけない」と思います。

僕の陥れられる恐怖が激減したのは、まさにこれで、実在した、隠れてコソコソ陥れてくる存在を知ったからです。対処能力が身に付くことで恐怖も減っていったのです。

モラルハラスメントの被害者の方たちは、なぜ陥れられやすいのか。それは、被害者に選ばれる人たちには「真面目」で「責任感が強い」けど「自分を見失っているから他人を良く見ようとする」傾向があるから陥れやすいのです。

反対に、モラルハラスメントの加害者は「無責任」です。罪悪感を持たず、責任を持たず、猫なで声をあげ、愛の人を演じ、すり替えることが上手い。怖いですよね。僕も怖かったですね。知らないから怖いのです。知ってしまえばモラルハラスメントの加害者という事実がそこに在るだけなのです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)