自分が受けた被害や心の傷に関して、自分の気持ちを伝えるのが怖い理由は立派なモラルで「口封じ」されているからかもしれない。

1483 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
自分が受けた被害や心の傷に関して、自分の気持ちを伝えるのが怖い理由は立派なモラルで「口封じ」されているからかもしれない。

自分が受けた被害に関して、自分の気持ちを伝えるのが怖い理由について書こうと思う。

深い心の傷を抱えている人ならわかると思いますが、「自分の傷に関することを話そうとすると怖い心理的な圧力がかかってくる…」ことを体感している人も多いでしょう。そういった真の被害者ほどネット上でも声を上げられないものです。その「怖い心理的な圧力がモラルハラスメントの一部」です。

モラルハラスメントの加害者は、一見、正しいかのように「人の所為にするなよ!」「自分次第だろ!」「簡単に騙されるなよ!」と聞こえが良いことを言います。確かに聞こえはいいですよね。まさに「立派なモラル」ですよね。

モラルとは「人としてこうあるべき」みたいなもの。「人の所為にするなよ!」「自分次第だろ!」「簡単に騙されるなよ!」は、まさに人としてこうあるべき立派なものですね。こういったモラルを使った言葉をうまく使うのがモラルハラスメントの加害者です。

この言葉が、被害者の被害を封じ込める「口封じの言葉」と作用することもあるのです。

<<下に続く>>

あなたが潜在意識レベルで、知らず知らずのうちに口封じされていて「自分の傷に関することを話そうとすると怖い心理的な圧力がかかってくる…」のならば、先ほど書いた、「口封じの言葉」によって心を蓋をされているからかもしれません。

被害者は被害を表に吐き出して、それが理解されないと癒されない。だから吐き出そうとする。吐き出して誰かに理解して欲しくて癒されたいから吐き出そうと被害や心の傷を話そうとするのです。

それを、立派なモラルの言葉を使って封じ込めて吐き出させないようにする。それは「モラルハラスメントの加害者」の場合もあります。

他人が、「人の所為にするなよ!」「自分次第だろ!」「簡単に騙されるなよ!」と”わざわざ”被害を主張する人に近寄ってまで立派な言葉で言う必要はないと思います。

自分が受けた被害や心の傷に関して、自分の気持ちを伝えて、それが理解されたなら、癒されていき、また歩き出せると思います。立派なモラルの言葉を使って封じ込めて吐き出させないようにする人からは離れていくことが大切です。

あなたが、自然に自分の気持ちを言える相手に近づいていきましょう。関わる相手は自由に選んでいいのです。縛られる必要はないでしょう。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)