文章作成によって人は幸せになる

985 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
文章作成によって人は幸せになる

今日、お伝えしたいことは、
タイトルにもあるように、
文章作成によって人は幸せになる」ということ。

Plusという文章作成代行サイトをやっているのですが、
Plusのランキング上位にいる会員様は、
既に「豊富な知識の持ち主」です。

ですので、文章を書くことによって、
幸せへと近づいていると思います。

僕は、文章を書くことで少しずつ不幸から抜け出せてきました。
文章を書けるということは、とてもありがたいことです。

では、なぜ文章を書き続けることで幸せになれるのか。

幸せ」とは「心が満ち足りていること」を言います。
人それぞれ幸せの形は違いますが、自分の心が満ち足りていることを幸せと言います。

逆に「不幸」とは何なのか。
不幸は「心が満ち足りていること」が「不足」していることです。

つまり、心が満たされれば人は幸せであり、
満たされていないと不幸なわけです。

幸せになるには、「心を満たせばよい」ということ。

じゃあ、心ってどうしたら満たされるのか。
まず重要なことが、「心の傷を癒すこと」です。

これは、どうしてかというと、バケツで例えてもらえばわかりやすいですが、
バケツの底に傷があり、ひび割れていれば、そこに水を入れても漏れるので満たされません。

心も同じで、ひび割れするほどの傷があると、
いつまでも満たされません。そして”他人に満たしてもらおう”としますが、
それでも一時的なものにしかならないのです。

大事なことは、自分の心の傷、ひび割れ、穴、そういたものを塞ぐことなんです。

じゃあ、塞ぐにはどうしたら良いのか。

自分を大切にする」ってことです。

人は、無自覚で「自分を心理的に虐待している」ことがよくあります。
それが、満たされない原因であり、
自分の心の傷、ひび割れ、穴を作ってしまっている原因なのです。

どうして、
無自覚で「自分を心理的に虐待している」のか。

これは、「問題解決力」と関係してきます。
人生、色々な問題が起こってきます。

問題の連続、それが人生です。

<<下に続く>>

それを1つ1つクリアしていくことで、人は成長し、強くなり、
本当の自分を生きていけるようになります。

本当の自分を生きれるようになれば、当然、幸せになれます。

つまり、幸せになるには「問題解決力」が”必要”だということです。

その、問題解決力を上げるためには、問題を解く力が必要です。
問題を解くには、その問題の道筋を知り、道筋をもって解くことが必要です。

道筋とは、「」のことです。
」をもって「解く」こと。それが「本当の理解」です。

理解力を上げるには「学習」です。

学習効果が高い方法は「インプット」と「アウトプット」です。

「インプット」はネットで調べるということ。
「アウトプット」は調べた内容を理解し、人に話したり文章にしたり、行動にうつくすことです。

ここで最初に話に戻ります。
文章作成によって人は幸せになる

文章を書くということは、間違いを書かないように正しいことを調べます。
そして、それを理解し、文章作成をしていきます。

素晴らしいほどの「学習」です。

この学習により、理解力も上がり、問題解決力も上がる。
それが自身の日常生活にも現れてきて、問題を解決しやすくなります。

そうすると、自分を心理的に虐待することはなくなっていきます。
問題解決が出来ないと、嘘を無駄についたり、誰かの所為にしたり、
誰かを陥れたりという方法で問題から逃避しようとするのです。

そうやって、自分の心に傷をつけ、穴をあけてしまうのです。

問題解決力があれば、そんなことをする必要がありません。

ですから、自分で自分の心に穴をあけるようなことはしなくなる。
だから、ちゃんと「満たされる心の器」となっていくのです。

そして、心が満たされていき、幸せへと近づいていくのです。

僕は、不幸をたくさん味わった(自分で自分を傷つけていた)からこそ、
この素晴らしさがよくわかってきました。

幸せになるには、心を自分の力で癒し、そして満たしていけば幸せになれます。

間違いありません。

あなたも、もしよかったら文章作成を始めてみませんか?

500円から報酬をお振込しておりますのですぐに報酬を手にすることが出来ます。

→ Plus記事作成代行サービス

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)