Google検索

「正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」でいると、それこそが歪みの原因になる!正義感が強い人は警察官になったり、弁護士になったり、消防士、自衛隊員。私たちはその正義を重んじる人たちに少なからず守っていただいたはず!

「正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」でいると、それこそが歪みの原因になる!正義感が強い人は警察官になったり、弁護士になったり、消防士、自衛隊員。私たちはその正義を重んじる人たちに少なからず守っていただいたはず!

「正しさ」に支配されてしまう「正しさ恐怖症」でいると、それこそが「歪みの原因」になります。

あらゆる病気の原因にもなる「認知の歪み」は「修”正”」することで病気の原因を減らせます。姿勢を正して生きれば体の歪みも正されていく。修正とは「修めて正して整えること」です。

「認知の歪み」は、新たなストレス要因を作り出したり、脳に負担をかけ機能低下を起こし、思考力や精神力が無くなっていきうつ病にもなると言われています。ストレスが貯まることで影響を受けやすい「自律神経」「免疫機能」「血管」などに障害が起き、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、感染症、狭心症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気や心の病気になる原因となります。それほど「認知の歪み」が生み出すストレスは強烈なのです。

引用元:認知の歪み | 幸せの種「気づき」

これを見ても「認知のゆがみ」を「修めて正して整えること」である「正す」ということは、とてもプラスなことで幸せになるために大切であり、ありがたいことだとわかりますよね。正しさは幸せになるために大切なことです。。

では、なぜ「正しさ」を嫌がり、怖がる人たちがいるのか?その答えは今私が考えられるのは大きく2つあります。

1つは「不正と書いて歪み」と書くように、不正ばかりすると正しさが怖くなり正しさを嫌がります。そして正しさに支配されて正しさを忌み嫌い、正しさを主張するものすべてを支配者に見てしまうのです。

2つめは、「正しさの強要」をする人がいるからです。問題であるのは「正しさの強要」であって、自分をよくするために自分に正しさを使う分には何も問題がないし素晴らしいことです。「正しさ」とは「自分が正しさに支配される」ものではなく「自分を幸せにするために正しさを使う」のです。

この字の様にスッキリと整えるというのは、掃除をしたようにスッキリします。こんな素晴らしいことを嫌がったり、人に押し付けるということは「正したくない」が本音だと思います。そして「正したくない」と思うことが悪いわけでもないんです。本人がそれがいいのならそれでいいんです。

私は「正しさ」が好きなので、それもそれであるし、正しさが嫌いな人もそれでいいんです。お互いに押し付けあわなければいいんです。だから正しさ恐怖症のようになる必要はないんです。自分の人生ですから自由に自己責任で選んでいけばいいんですよ。

<<下に続く>>

問題なのは、誰かが勝手に作り出した「正しさ」。これに苦しめられてはいけないと思います。人が勝手に作った正しさや正解は捨ててしまえばよいと思います。私の言う正しさは、姿勢を正すこと、修正すること、掃除をすること、整理すること、整わせることなどです。これらは心がスッキリするので、とても良い正しさだと思っています。そして、一年の始まりである「正月」もリセットして生きているための月として正すので良い正しさだと思っています。

「正義」ですべては救われません。これは間違いないと思います。そして「正義」の名のもとに「酷い行い」がある「正義のフリ」だってあると思います。だけど「正義」に守ってもらっていたのも事実ではないでしょうか。正義感が強い人は警察官になったり、弁護士になったり、消防士、自衛隊員。私たちはその正義を重んじる人たちに少なからず守っていただいたはずです。

なぜか?それはたった1人で自分で解決できない問題だったからですよね。本当の意味での極限状態での「精神的自立」は、警察にも頼らず、法にも頼らず、自分の因果関係で起こるすべてのことを自分1人で解決することです。それは無理ですよね。だから私たちは誰かに頼るんです。そこで正義感のある人たちに頼るんです。そして自分で解決できない問題を解決する手助けをしてもらっているんです。

法律の正義を象徴する正義の女神テミス。私たちは正義である「法律」に守っていただいていますよね。前に見た映画で1年に1回法律がなくなるような映画を見たのですが、その日は殺人をしても逮捕されません。もしも正義の法律がなくなる日が来たら、あなたは自分の身を守れますか?無法地帯になった中、守ることが出来ますか?

「正義」が全てではない。だけど「正義」のおかげで安心もある。問題なのは「正義」の名のもとに「酷い行い」がある「正義のフリ」だと思います。だけど、そんな人たちばかりではないのです。

私が思う正義は「オムツをはいた大人(自分も含め)」が自分の力で解決できることを増やしていくための「補強」なんだと思います。その正義では社会は救えない。それを超えるものは「本当の愛」だと思います。

ここで一番しっくり歌が大黒摩季さんの「熱くなれ」です。歌詞をみてみてください。「愛が正義に勝る」ことがよくわかります。

「正義」は「補強」の役割と「親代わり」をしてくれます。だけど正義に依存していてはいけません。正義は完璧じゃない。だから「正義のフリ」や「正義の押し付け」によって苦しめられるんです。それは「本当の愛」を知るためです。

この記事によって、あなたの「自分にとって好ましくない正しさ」「自分にとって好ましい正しさ」の区別が出来たら幸いです。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。