→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

有名にならない方がいいよ

創造

最近では、有名にならない方がいいという考え方が増えています。これは、有名になることで嫌な思いや苦しい経験をする人が増えているからです。芸能人でさえ、「有名になるのが怖い」「無名になりたい」と言って、無名を望む人もいます。僕の本の中では、お笑いタレントの方の事例も紹介しています。実際に有名になったからこそ、そのリスクや負担を理解できるようになったのだと思います。

有名になりたくない人のための一冊

有名になりたくない、無名になりたい、そういう人に役立つのがこの一冊です。

【広告】無名になる勇気

有名になりたがっている人たちは(一部のお話ですが)、まだまだ精神的に子供の状態なのです(悪い意味ではない)。内側を固めて創ることが出来ず、その良さも知らない人たちが、求め彷徨う世界なのです。それがダメだと言っているのではありません。その世界でしか学べないことがありますから、飽きるまで遊んで、勉強すれば良いのです(貴重な経験になる)。

そしてそのうち成長してくると嫌になる時がくる場合もありますから、その時に上記の本を読むと、良い気づきがあるでしょう。有名になりたいと思っていた状態から、有名は嫌だ、無名になりたい、そう思えるようになってきたら自分の人生が次のステージに向かい出したということです。

世の中には、無名の人の中に優れた人たちが沢山います。それがわかる視点を持つことが大事なことです。その視点がないまま有名になりたがり、本の中でお伝えしている「2つの囲い」に囲われて、支配されて、病んでしまい、最悪自死を選択する……、そうならない為にもこの視点を持っておいた方が良いと思います。有名人たちを取り囲む側の一部に、まるでハイエナのような者たちもいます。ハイエナが餌を求めて近寄る、それが有名人の世界です。

僕自身は、有名になりたいという気持ちは一切なく、逆に、無名で静かに暮らしたいと思っています。なので何年も前から出来るだけ目立たないように静かに情報発信をしております。

精神的に弱い時期は有名になるのも良い

有名になりたがっている人たちは、まだまだ精神的に子供の状態(悪い意味ではない)とお伝えしました。下記の格言をお読み下さい。

名声は魂の快美な糧です。それは精神を強め高め、心に活気を与えます。それゆえ、弱い人間の心はそれによって元気づけられることを望みます。しかし有名になると、やがて名声を軽視するようになります。一般の考えは人間を神と崇めると同時に、神をけがします。一般の考えはしばしば。

エピクテトス(古代ギリシアのストア派の哲学者)

このように、有名になり名声を得ると精神を強くし、高め、心のエネルギーになります。つまり外部からエネルギーをもらうということです。しかしこれは自分で生きられない子供が親からご飯を食べさせてもらうのと同じことです。精神的な自立が出来るようになると、外部から心のエネルギーをもらわなくても内側で生み出す(創る)ことが出来るようになってくるので、有名になりたくなくなり、名声もいらないものになってきます。鬱陶しいものとなります。なので自分の力で心のエネルギーを生み出すことが出来ない時期は、外部からエネルギーをもらうことも悪くありません。しかしそれは「借り物」であるので、出来るだけ早く自分で創り出せるようになることが大切です。

自分で心のエネルギーを創り出す力はIQではなくEQ(心の知能指数)です。この構成要素の1つに感情を創り出して利用するというものがあります。それが出来るようになると、内側から心のエネルギーを生み出せるので、有名になることも名声も不要になります。その為のトレーニングは、下記がおすすめです。

【広告】エモーションプラス(第二版)

有名になると徐々にダメになる。馬鹿になる。

有名になってしまうと、駄目になります。

太宰治『津軽』

人は有名になると徐々にダメになります。まるで茹でガエルの法則の如く、気付かないうちにじわじわと茹で上がってダメになります。必ずではないけど、ダメになりやすい世界です。それは支配者の餌に食いついているうちに自分を見失いながら低次の欲の虜になるからです。

最初は心に響く歌詞を沢山書いていた人でも、人気が出ていくうちに、全く心に響かない曲(歌詞)ばかりになるのはよくあることです。人は有名になればなるほど大切なものを失います。

本当に斬新なアイデアを思いつくのは若いときだけです。その後は経験を積み、有名になって、ついには馬鹿になります。

アルベルト・アインシュタイン(天才物理学者)

アインシュタインが言っているように、有名になるとバカになってしまうのです。バカになっているのに賢いと思い込んでしまうようになります。本当に大切なことを忘れてしまい、自由な発想を生み出すことさえ出来なくなるのです。そして心理的に雁字搦めになり、金の亡者たちに心理的に拘束されるようになるのです。その拘束された状態、つまりは心理的に飼われている状態、その中での自由だけを自由だと思い込んで、徐々に更なる馬鹿へと落ちてしまうのです。

有名になれば人は変わってしまう

(名声は)毒薬ですよ。(ジヤアナリズムなんて)有名になったとたんに、たいてい腑抜けになっていますからね。

太宰治『津軽』

有名になればなるほど人は大切なものを失います。それが代償の1つです。

名声、有名、そこにあるものは低次の欲の視点での価値

名声などというものに、いったい何の価値があるだろうか。本当に内容も価値もある人間たちが、みな有名になって後世に知られているとでも、あなたは思っているのだろうか。

ヘルマン・ヘッセ

名声、有名、そこにあるものは低次の欲の視点での価値です。それも良いのですが、それよりももっと深い喜びを知れる成長も出来るので、歳をとるごとに成長して有名から無名を好むようになる方が良いと思います。有名でありたいのは子供の欲の世界です。

その通り!徐々にくだらないと思うようになる

有名になるなんて、つまらないことさ。はじめはきっと面白いだろう。でも、だんだん慣れっこになって、しまいには嫌になるだけだろうね。メリーゴーランドに乗るようなものじゃないか。

スナフキン(ムーミン)

有名になっても、徐々にくだらないと思うようになるでしょう。有名になればなるほど、子供の頃に感じていた大切なことを感じることが出来なくなっていき、心の中は虚しくなります。その虚しさを埋めるために、欲望に塗れて、表面上の輝かしさを求めるのです。

おわりに

※アフィリエイトリンクになっています。リンク先はAmazonです。

無名になる勇気
有名を求めることに飽きたら、無名になる勇気を持って、自分の心の内側でエネルギーを創って、感謝の心で満たされるようになりましょう!!

エモーションプラス(第二版)

感謝できない人が感謝できるようになるために大切なこと!

この記事でご紹介した3冊、良かったら読んでみて下さい。

関連記事:

有名になろうとすると、トラブルに巻き込まれやすくなります。小さなことで言えば、誹謗中傷などを受けることになります。僕個人が思うことは「色々な意味で、有名にならないほうがいいよ」ということです。有名になればなるほど、目には見えない「しがらみ(柵)」によって自由が失われていきます。自分でも気づかないうちに、本当の自分を見失い、「本当の自分って何?w」という状態になってしまうこともあるからです。下記の関連記事もお読み下さい。

表現や発信には責任が付き纏う。命を落とさないよう予防意識と問題意識を持とう。
この記事は、インターネット時代における表現と発信の重要性に焦点を当てています。法律が存在しない極端な状況を想像することで、現実世界の法律と社会秩序の必要性を強調しています。特に、インターネット配信者やインフルエンサーは、自分の行動や発言が持

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
創造感謝(2)成長(2)社会貢献・価値創造信念・夢・目的(2)成長(3)心の問題解決(3)自由と責任
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。