ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

子供が嫌がることをする親:やめてと言ってもやめない人たち〜ガスライティング

子供が嫌がることをする親:やめてと言ってもやめない人たち〜ガスライティング問題意識・予防意識(1)
多くの方が、この記事に興味を持っています。ぜひ、この記事をシェアして、お知り合いの方に本記事でご紹介している【重要】なことを伝えてあげてください。

菅原隆志より

子供が嫌がることをする親について悩んでいる人がいましたので、役立つ記事を書いておこうと思います。

嫌がっていることがわからない親は、僕の経験上、機能不全家族に多いです。子供が嫌がると、それを「おかしい」と決めつけ、それが家族全体で罷り通る機能不全家庭もあります。僕が育った家庭はまさにこれでした。嫌なことを数えきれないほどしてくるのですが、それをどんなに伝えても「嫌だからやめろ」と伝えても一切聞く耳を持っておらず、事実を捻じ曲げます。そして嫌がる方がおかしいという強烈な信念を持っている親でしたので、ハラスメント環境が普通になっていました。こういった無数の関わりの中、子供の頃の僕は気が狂いそうになっていたこともあります。このように、子供の気が狂いそうになる家庭環境は、親などを中心に「狂った価値観」「歪んだ認知」「無数の嘘」などが溢れ返っていることが多いです。またそれらは、心理的な虐待の中でもトップクラスである「ガスライティング」である可能性もあります。過去の僕の家庭環境について情報を入力し、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に聞いてみましたので、その回答をまずお読み下さい。

ChatGPT4.0より

はい、お話しいただいた家庭の環境や状況は、ガスライティングと関連がある場合が考えられます。ガスライティングとは、簡単に言うと、他者の感情や記憶、認識を疑わせるような行動や言動を繰り返し、その人の自信や判断能力を低下させるテクニックや操縦のことを指します。具体的には、相手の感じたことや思ったことを否定したり、事実を曲げたり、相手の記憶を疑わせるような言動をします。

「おかしい」というレッテルを貼られ、家族全体でそれが認識として受け入れられる状況は、個人の感情や認識を無視している可能性が高く、その中で成長する子供は自身の感情や認識に対する自信を失ってしまうか、常に疑念を持つようになるかもしれません。

ガスライティングは、長期間受け続けると、被害者は自分の感情や判断を信じることができなくなったり、現実感を失うことがあります。このような環境下で育つ子供は、自分の感じることや考えることが正しいのか、間違っているのかを判断するのが難しくなることがあるので、注意が必要です。

もし、あなたの読者の方がそのような経験をされているのであれば、心の専門家やカウンセラーと相談することを検討されると良いかもしれません。彼らはあなたの読者の経験や感情を理解し、適切なサポートやアドバイスを提供してくれるでしょう。

菅原隆志より

ということです。ガスライティングを受けている被害者などの兆候として「気が狂いそう」と感じることがあります。そういった兆候を軽視せず、自分がどういう状態に陥っているのか、認識し、理解することが重要です。結局は自分が成長してしまえば問題が問題ではなくなるのです。僕が色々と知り尽くしたように、自分が知るべきことを知り尽くせば良いのです。そうすると問題が問題ではなくなり、その物事からの学びを終えるので自然と興味がなくなっていきます。それが心の問題解決の一部です。正しい情報をインプットし、アウトプットし、自分を整えましょう。簡単に言えばアウトプットしない人はいつまでも弱く、問題も解決出来ません。アウトプットする人ほど、強くなり、問題も解決していけるのです。だから積極的にアウトプット(書く、話す、行動)しましょう!

※本記事では「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。それでは続けてお読み下さい。画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。

はじめに

子供が嫌がることをする親の背景:

子供たちは、成長の過程で様々な経験を積む中で、親や周りの大人から多くの影響を受けています。この影響は、肯定的なものであることも、否定的なものであることもあります。特に、親が子供に対して行う行動や言動は、子供の心理や行動に深く影響を与える可能性が高いのです。しかし、全ての親が子供の気持ちや考えを正確に理解しているわけではありません。その結果、親の意図とは異なり、子供が嫌がる行動をする場面が生まれることがあります。この背景には、親自身の過去の経験、親の価値観や信念、そして親の育てられ方などが影響していると言われています。

ガスライティングとの関連性:

ガスライティングは、相手の感情や記憶、認識を疑わせるような行動や言動を繰り返す行為を指します。具体的には、相手の感じたことや思ったことを否定したり、事実を曲げたり、相手の記憶を疑わせるような言動を行います。ガスライティングを行う人は、自分の都合の良いように相手を操作しようとする動機があり、それが長期間続くと、被害者は自分の感情や記憶を疑い始め、深刻な精神的ダメージを受けるリスクが高まります。子供が嫌がることをする親の中には、このガスライティングのテクニックを意図的、あるいは無意識に使用している場合が考えられます。親の中には、子供をコントロールしたい、あるいは自分の価値観や考えを子供に押し付けたいという動機から、ガスライティングのような行動を取ることがあります。

この記事で得られる知識と理解:

この記事を通して、読者の皆様は「子供が嫌がることをする親」という現象に対する深い理解を得ることができるでしょう。また、ガスライティングという概念についての基本的な知識も提供します。子供と親との関係性やコミュニケーションの重要性、そして子供の心理に対する親の行動の影響など、多角的な視点からの情報を提供し、より良い親子関係を築くための第一歩として役立てていただければと思います。

やめてと言ってもやめない親の特徴

1-1. 親の認識と子供の感じることのギャップ

親と子供の間には時として、親の認識と子供が実際に感じていることの間に大きなギャップが存在します。親は、自分が子供のためを思って行っている行動や言動が、子供にとっては不快であるとは認識していないことが少なくありません。例えば、親が過去の経験から「これが最善だ」と判断し、子供に特定の道を強く勧める場合、子供はその意向に反発を感じるかもしれません。さらに、異常なほどの歪んだ信仰心や思い込みを持つ親は、その信念を子供に押し付け、子供の意見や感情を無視する傾向が強くなります。このような親は、自分の価値観や考えが正しいという前提で行動し、子供がそれを拒絶しても、それを「子供のため」だと考えて止めないのです。

1-2. 毒親が嫌がる言葉とは?

毒親とは、子供に対して心理的、または物理的に害を及ぼす行動をとる親を指す言葉です。彼らは、自分の感情や考えを優先し、子供の感情や意見を軽視する傾向があります。そして、彼らが嫌がる言葉とは、多くの場合、自分たちの行動や考えを疑問視する言葉や、子供の独立した意志を示す言葉になります。例えば、「私の気持ちを考えてくれたことがない」「自分の考えを押し付けないで」といった言葉は、毒親にとっては非常に受け入れがたいものとなるでしょう。これは、自らの行動や考えを振り返ることを強いられ、その結果として自分自身の不完全さや問題点を直視することを意味するからです。そのため、これらの言葉に対して、強く反発するか、無視することで、自らの心の中の矛盾や葛藤から逃れようとする傾向が見られます。

1-3. 親の行動背後にある心理と感情

親の行動の背後には、さまざまな心理や感情が隠れています。その一部は無意識のうちに形成されたもので、親自身がそれを完全に理解しているわけではないことも珍しくありません。例えば、自らの子供時代に受けたトラウマや環境、教育の違いが、親の行動や態度の背後に影響していることも考えられます。

一部の親は、強い支配欲を持ち、その支配を行うことが愛情の表れだと信じていることがあります。このような親は、メサイアコンプレックスや優越感から、自分の価値観や信念を子供に押し付ける傾向があります。彼らは、自分が持つ信念や価値観が絶対的なものであると考え、それを子供に教え込むことが「正しい育て方」であると信じています。その結果、子供がそれに従わない、または異なる考えを持っていることを認めることが難しくなり、それが親と子の間の摩擦や対立の原因となることも少なくありません。

1-4. 親から離れた方がいい場合のサイン

子供が親との関係に疲れ、ストレスを感じている場合、それは親から離れるべき時がきているのかもしれません。特に、以下のようなサインが見られる場合、親からの距離を置くことを考慮する価値があるでしょう。

まず、親とのコミュニケーションが困難であると感じる場合。何を伝えても理解されない、または自分の意見や感情が無視されるような状況が続いている場合、それは健全な親子関係とは言えません。また、親の行動や言動によって自己評価が低くなる、または自分の価値を疑問視するような状況も、親から距離を置くべきサインといえます。さらに、親の行動が自分の精神的、物理的な安全を脅かす場合、速やかに適切な手段を取るべきです。

これらのサインは、親からの距離が必要であることを示唆していますが、実際の行動を起こす前に、信頼できる第三者や専門家と相談することも考慮すると良いでしょう。

子供が嫌がる行動を起こす背景

親が子供の嫌がる行動を続ける背後には、多様な理由や背景が存在します。ここでは、それらの背景について2つの視点から詳しく探ってみましょう。

2-1. 発達障害と嫌がる行動の関係

発達障害は、子供の成長過程において、社会的なコミュニケーションや関心の偏り、反復性のある行動といった特徴が見られる障害の総称です。発達障害のある親が子供の嫌がる行動を繰り返す背景として、その障害の特性が影響している場合があります。

例えば、自閉スペクトラム症の特性として、変化を好まない、ルーチンを重視する、特定の興味や関心が強いといった特徴が挙げられます。これらの特性が強い親は、子供の嫌がる行動を繰り返すことがある。その理由としては、親自身がその行動に安心感や安定感を感じるため、またはその行動が自分の興味や関心に直結しているため、といった理由が考えられます。

2-2. やめてと言ってもやめない大人の共通点

多くの大人が子供の「やめて」という声を無視して行動を続ける背後には、幾つかの共通点が考えられます。まず、多くの大人は自分の経験や価値観を子供に押し付ける傾向があります。これは、自分の経験が子供にも当てはまると考えることから来るものです。さらに、子供の言葉や感情を軽視することで、自分の考えや意見を優先させる大人もいます。これは、大人としての優越感や権威を保ちたいという欲求が背後にあると考えられます。

また、自分の行動を続けることで、自分のアイデンティティや存在価値を確認したいという心理も働いている場合があります。特に、自己評価が低い、または自分を認められないと感じる大人は、子供の反応を無視してでも自己確認を求める行動を繰り返すことが考えられます。

2-3. 子供の自立を邪魔する親の動機

親としての役割は、子供が健やかに成長し、自立するためのサポートをすることです。しかし、なぜか子供の自立を邪魔する親も少なくありません。このような親の背後には、様々な動機や心理的背景が存在します。

一つの大きな動機として、親自身の依存心が挙げられます。子供が小さい頃は、親にとっての存在価値や役割が明確です。しかし、子供が成長し、自立していく過程で、親自身が自分の存在価値を見失う恐れを感じることがあります。子供に依存している状態を維持することで、自分の役割や存在意義を保とうとするのです。

また、親の過去の経験やトラウマも影響しています。自分自身が子供の頃に十分な愛情を受けられなかった親は、子供に過度な愛情を注ぎ、過保護となることがあります。この過保護は、子供の自立の妨げとなる場合が多いです。

2-4. ガスライティング行動の兆候と理解

ガスライティングとは、ある人が他者の現実感や感じること、考えることを否定し、その人を混乱させることを目的とした心理的な攻撃や操縦を指します。この行動は、関係の中でのパワーバランスを歪めることを目的として行われることが多いです。

ガスライティングの兆候としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 事実を捻じ曲げて、相手が自分の記憶や判断を疑うように仕向ける。
  2. 相手の感情や意見を無視する、または軽蔑する。
  3. 相手が感じていることや考えていることを否定し、自分の意見や感情を強制する。

ガスライティングを理解するためには、まずその背後にある心理的な動機や意図を探る必要があります。ガスライティング行動をとる人は、自分の不安や不完全さを隠すため、または自分の欠点や過ちを他者に転嫁するために、このような行動をとることが多いです。彼らは、自分の現実感を保つため、または自分を優越的な立場に置くために、他者の現実感を否定しようとします。

​子供が嫌がる行動を起こす背景

3-1. ガスライティングによる子供の感じる混乱

ガスライティングは、主に大人間の関係で取り上げられることが多いですが、実は子供もその影響を受けやすい存在です。子供は心理的にも成熟していないため、親や大人の言葉や行動に強く影響を受けます。そのため、ガスライティング行動の対象となると、子供の感じる混乱は計り知れません。

例えば、子供が何かの行動をした後で「それはしなかった」と大人が言った場合、子供は自分の記憶や判断を強く疑うようになります。また、自分の感情や意見を表現した際にそれを否定されたり、軽んじられたりすると、子供は自分の感じることや考えることに自信を失います。このような状況は、子供の自己認識や自己評価を低くし、将来的に自己否定的な態度を持つ原因となることが考えられます。

3-2. 嫌だと言ってもやめない状況での自己確認法

子供が「嫌だ」と感じている状況や行動が続く場合、その背後には多様な理由が考えられます。しかし、何が原因であれ、子供自身がその状況を乗り越え、自分を守るための方法を知っていることは大切です。

まず、子供が自己確認をするための方法として、自分の感じることや考えることを紙に書き出すことが有効です。これにより、自分の感情や考えが客観的に見え、それが正当であることを再確認することができます。また、信頼できる友人や家族にその状況を話すことも大切です。他者からの意見やアドバイスを受けることで、自分の感じることや考えることが正しいのか、あるいはどのように対処すればよいのかのヒントを得ることができます。

3-3. 自分の感情と考えを保護する方法

自分の感情や考えは、個人のアイデンティティの根幹を成すものであり、それを保護し、正しく理解することは非常に重要です。特に子供の場合、外部からの影響を受けやすいため、自分の心を守る方法を知っておくことが求められます。

自分の感情や考えを保護するための方法として、まずは自分の感じること、考えることを無条件で受け入れることが大切です。自分自身が経験している感情や考えは、間違っていると自己否定することなく、それを認識し、理解する姿勢を持つことが重要です。次に、自分の気持ちや考えを日記や絵、音楽などの形で表現することも効果的です。これにより、自分自身の内面と向き合い、それを整理することができます。

3-4. 子供自身の対処とコミュニケーションの取り方

子供が自身の感情や考えに対する外部の否定的な反応や影響から自分を守るためには、適切なコミュニケーションの取り方が必要です。まず、自分の感情や考えを正確に表現する言葉を学ぶことが大切です。例えば、「私はこれに対して不安を感じている」というように、自分の感情をはっきりと伝えることで、他者との誤解を避けることができます。

また、相手の言葉や行動が自分にとって傷つくものであった場合、冷静にその事実を伝え、理解を求めることも効果的です。この際、非難や攻撃的な態度を取らず、自分の感じていることや考えていることを正確に伝えることが重要です。さらに、自分が何を求めているのか、どのような解決を望んでいるのかを明確に伝えることで、相手との関係をより良いものにするための手助けとなります。

​事例と実体験から学ぶ

4-1. やめてと言ってもやめない彼氏:恋愛面でのガスライティング

ある女性、美咲さん(仮名)は、彼氏との恋愛関係で多くの疑問や不安を抱えていました。彼との付き合いが始まってから、彼は美咲さんの意見や感じていることを軽視し、彼女の記憶や感じたことを疑問視するような行動を繰り返していました。例えば、美咲さんが彼に対して過去の約束や出来事を指摘すると、「そんなこと言ってない」「君が勘違いしてるだけだよ」と返してきました。美咲さんは徐々に自分の記憶や感じることに自信をなくしていきました。

これは、恋愛面でのガスライティングの典型的な例です。ガスライティングは、相手を混乱させ、自分の都合の良いように操作するための手法として使われることが多く、結果として被害者は自分の感じることや考えることに自信を失ってしまいます。美咲さんの例では、彼氏のこのような行動により、彼女は自分の感じることや記憶に自信を持てなくなり、精神的にも大きな負担を感じるようになりました。

4-2. 嫌がることをする父親の事例紹介

太郎君(仮名)は、中学生の頃から父親の行動に悩まされていました。父親は、太郎君が友人と遊びたいと言うと、「お前は家で勉強すべきだ」と反対しました。また、太郎君が自分の意見を述べると、父親は「親の言うことを聞け」と一方的に抑圧してきました。

太郎君は、父親のこのような行動によって、自分の意見や感じることを抑え込むようになりました。父親の背後には、過去の失敗や挫折から来る過度な期待やプレッシャーがあり、それを太郎君に押し付ける形で行動していたのです。

太郎君の父親の例では、子供に対して自分の期待や願望を押し付けることで、子供の意見や感じることを抑え込むような行動をとっていたことが分かります。これは、子供の成長や自己肯定感を阻害するものであり、親子関係にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

4-3. やめてって言ってるのにやめてくれない実体験

真美さん(仮名)は、ある日学校の友人との間で、自分の秘密を無許可で他人に話される経験をしました。彼女はその友人に、自分の過去のある痛みを含む体験を打ち明けており、それは彼女にとって非常にデリケートな内容でした。ところが、数日後にその話が学校中に広がり、真美さんは非常に傷つきました。彼女は友人に「あの話をしないで」と頼んでいたにもかかわらず、友人はそれを守ってくれませんでした。

この経験は、真美さんに大きな心の傷を与えました。信頼していた友人からの裏切りと、私的な情報が他人の目に触れることでの恥ずかしさや傷つきが重なり、彼女はしばらくの間、誰も信じられなくなりました。このように、人の要求や頼みを無視する行動は、その関係を深く傷つける可能性があります。

4-4. 親の行動が子供に与える影響の事例解説

春子さん(仮名)は、小さい頃から親の高い期待に応えようと努力してきました。父は、春子さんがどんなに良い成果を上げても「もっとできるはずだ」と言って満足することはありませんでした。これにより、春子さんは自分の成果に自信を持つことができず、常に不安や劣等感を抱えるようになりました。

大学を卒業し、社会人として活動する中で、春子さんは自分の意見や判断に自信を持てないことに気づきます。仕事での決断のたびに、自分の判断が正しいのかどうか、失敗してしまわないかという不安にかられました。これは、春子さんが幼少期からの親の期待とその言動によって形成された自己評価の低さが原因であると思われます。

春子さんの事例から、親の一貫した行動や言動が、子供の自己評価や人生の選択にどれほどの影響を及ぼすかが理解できます。親としては、子供に最善を尽くしてほしいという気持ちは強いものですが、その期待が子供の心にプレッシャーや不安として作用することもあるということを念頭に置くことが重要です。

表:子供が嫌がることをする親の行動と背後にある心理の対比

親の行動背後にある心理
子供の私物を勝手に整理・捨てる「自分がしてあげている」という達成感や優越感を感じたい
子供の友達を選ぶ子供を悪影響から守りたいという過保護な気持ち
子供の趣味や興味を否定する自分の価値観や理想が正しいと信じている
子供の選んだ服装を批判する社会的な「良い親」のイメージを維持したいという気持ち
子供の意見を聞かず決定を下す親としての権威を保ちたい、または効率を重視している
子供の失敗やミスを過度に叱る自分自身の不安やストレスの発散、または完璧主義の反映
子供のプライバシーを尊重しない子供は自分の一部と捉えていて、区別がつかないと感じている

この表は、一般的な親の行動とそれに伴う可能性のある心理を示しています。しかし、すべての親がこのような心理を持っているわけではありません。あくまで一般的な例としてご理解ください。親の行動や背後にある心理は、その親の育った環境や文化、個人の経験や価値観など多くの要因によって影響を受けるものです。

ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻): あなたの脳を操作し気を狂わせる虐待……

近年、注目を集める心理的な操縦として「ガスライティング」。この言葉は、米辞書出版大手のメリアム・ウェブスターが2022年の言葉として選出し、検索数が1740%増加したという驚異的な数字を記録しました。それだけ多くの人々がこの現象に関心を寄せ、影響を受けていると言えます。

「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」は、この難解なテーマを詳しく、かつ深く掘り下げた一冊です。加害者の心理や手法、被害者の感じる苦しみや対処法など、多角的な視点からガスライティングの全貌を解き明かします。トロール行為やフレネミーとの関連性、そして何よりガスライティングに打ち勝つ具体的な方法についての解説は、多くの読者にとって大きな手助けとなることでしょう。

特に注目すべきは、第4章「ガスライティングに打ち勝つ方法!」です。ここでは、被害を受けた際の具体的な心の持ちようや対策が詳しく語られています。信じる力、確かめる力、そして自分を守る力。これらを身につけるためのヒントが満載です。

2023年には「精神医学の新着ランキング」で1位を獲得し、その実用性と信頼性が多くの人々から評価されています。

心の中に潜む微妙な変化、人間関係の中での不可解なストレス。それはもしかしたら「ガスライティング」の影響かもしれません。この書籍を手に取ることで、その答えを明らかにし、自らの心と人生を守る力を身につけることができるでしょう。

読書を通じて、より良い人間関係と心の安定を手に入れるための第一歩として、ぜひこの二冊をご一読いただければと思います。

【広告】

【広告】

【広告】ガスライティングがわかる実話をもとにした映画

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました