生活

役立つ研究情報

【アメリカ】イェール大学の最新研究(2024年6月13日)で判明!脳の特定領域がパラノイア(傷つけられる妄想)を引き起こす可能性

【アメリカ】イェール大学の最新研究(2024年6月13日)で判明!脳の特定領域がパラノイアを引き起こす可能性 前頭前野の機能が低下すると、被害妄想が発生する可能性がある 説明:前頭前野は、認知機能や感情の制御、社会的行動の調整に重要な役割を...
成長(3)

【目を醒ませ】心の問題は「正しくないこと」が生み出している。だから正せばいい。

今日は最も大事なことで価値があることをお伝えします。 心の問題は、正しくない思考、正しくない感情、正しくない言葉、正しくない行動から生まれていることが多いです。これは絶対にそうというわけではありませんが、心の問題を抱えていた過去の自分や、そ...
問題意識・予防意識(1)

虚言者は20年ほどで現実と妄想の境界が曖昧になり、狂い始める可能性

はじめに:前回の記事 上記の記事は読んでいただけましたでしょうか? 嘘をつき続けて生きる人は、後に自分が狂うことになるなんて夢にも思わないのでしょう。 あと僕が伝えたいことを代わりに最新のChatGPT-4oに説明したもらいましたので、下記...
自己理解・自己受容(1)

うつ病でも幸せになる方法:病を受容し、ありのまま生きる自己受容の力【専門家の視点】

1. はじめに:うつ病と幸せの関係 うつ病を抱えている方にとって、「幸せになること」は時に遠い目標のように感じられるかもしれません。多くの人がうつ病を経験すると、孤独や無力感に苛まれ、幸せを感じることが難しくなります。しかし、うつ病と幸せは...
役立つ研究情報

【米国屈指の医療教育機関】ウェイクフォレスト大学の研究(2024年6月6日)で解明!週1回激しい運動で高血圧患者の認知機能低下を防ぐ!

アメリカのウェイクフォレスト大学医学部(Wake Forest University School of Medicine)のリチャード・カジブウェ博士(Richard Kazibwe, M.D., 内科助教授)によって行われた「週1回の激...
自己理解・自己受容(1)

この世の汚さを知って絶望?希望の光を見つけるための5つのステップ

はじめに 菅原隆志 前回の記事がよく読まれているので続きを書きました。 この世の汚さを知って絶望?希望の光を見つけるために 私たちは皆、人生のどこかで現実の厳しさや不条理に直面する瞬間を経験します。そのような時、世界の汚さや無情さに打ちのめ...
謙虚(他者の価値を高める)

綺麗な花は「心の栄養」になる。なぜ花は心の栄養になるのか?

菅原隆志 noteに記事『子供時代「花なんか気持ち悪いやつが好むもの」と思っていたのに、今では・・・』を投稿しました。この記事の続きを最新のChatGPT-4oを活用して記事を書きました。従来のChatGPT-4(米国の司法試験で上位10%...
トラウマ

【アメリカ】アリゾナ大学の最新研究が示す!たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下!

たったの3か月間介助犬と過ごすだけで退役軍人のPTSDリスクが66%低下! アリゾナ大学(University of Arizona)の「マギー・オヘア教授(Professor Maggie O'Haire)」によって行われた「退役軍人と介...
家族問題(1)

機能不全家族は一度バラバラになって離れることが必要:ワークブックが完成!

家族から独立し、自己発見の旅を進める 機能不全家族は一度バラバラになって離れることが必要です。その理由はいろいろありますが、共依存家族で、それが非常に複雑でドロドロした心理的な問題を生み出し続けているので、切り離されることが大事です。そして...
気づき(3)

人生は苦しいもの:その苦しみを乗り越えるための心構え〜人生は自分を変えていけばいい〜

はじめに 菅原隆志 人生は苦しいもので、苦しみが基本です。それを如何に、自分の力で減らしていけるかが重要です。しかし勘違いしてはいけないのは、ポジティブ信仰ではただ苦しみに蓋をするだけです。無理やり前を向いたり誤魔化したり、見ないように、な...