幽霊に足が無い理由!日常生活はすべて催眠

※あくまでも個人的意見としてお読みください。
※正確性を保証するものでもなくすべてに当てはまるわけでもありません。

日常生活はすべて催眠だと言ったら、あなたは信じられないかもしれません。

しかし、これは本当です。

催眠と聞くと勘違いで魔術や不思議なものだと思い込んでいる方がおられますが、それは間違いで催眠術は脳科学の根拠に基づき脳の仕組みを利用されている心理学で、1958年に米医師会で催眠の効果が認められていて医療の現場でも使われてきたものです。

昔は催眠の仕組みが分からなかったので不思議な力だと思っていたのです。

催眠と幽霊が何の関係があるの?と思った方もいるかと思います。

そんなあなたは良いところに目を付けました(#^^#)

催眠と幽霊は関係があると私は自身の経験からも確信しております。

催眠とは暗示を受けやすい変性意識状態のひとつです。

暗示が無意識に入ってしまうと、そう思い込んでしまいます。

無意識レベルで思い込んでしまうと感覚、行動、記憶が無意識に支配されます。

つまり、無意識レベルで幽霊が見えると思い込むと幻覚が見えるのです。

感覚だって出てくることもあるのです。

それが無意識の力です。

で、幽霊の話ですが、よく幽霊には足が無いといいますよね。

幽霊と言うのは心の状態のことです。自分の足でしっかり歩かないから、幽霊には足が無いと言われるのです。

つまり自己肯定感の低い人は心の状態が幽霊になっているというわけです。

霊は無意識の情報です。

自分の足で歩くというのは、他者の暗示で行動せず自分の本音で行動するという意味です。

昔の『足を洗う』という意味も、他者からの暗示で行動していた自分を変えるために暗示を洗い流し自分の本音で行動するという意味なのです。

ですので他者の暗示で動く人は自己否定があるので、心が幽霊の状態なのです。そう、無意識レベルの自分が幽霊の状態なのです。

ですので、変性意識状態(トランス状態)になると、無意識にある情報により幻覚のようなものが見えるのです。

これを幽霊だと多くの方は言っているのです。

日常生活には気付いていませんが、催眠状態に誰でもなっています。

しかも一日に何度でも変性意識状態(トランス状態)になって、暗示をうけやすいようになっているのです。

その暗示に気づいていないだけなのです。

もっと深く知りたい方は、日常生活はすべて催眠 正しい自己洗脳の方法(※外部)で学ぶと良いと思います。

時代は変わっています。

あらゆる常識は壊れ、新しい価値観がどんどん広まります。

知ることを深めていきましょう!

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)