幽霊に足が無い理由!日常生活はすべて催眠

3575 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
幽霊に足が無い理由!日常生活はすべて催眠

※あくまでも個人的意見としてお読みください。
※正確性を保証するものでもなくすべてに当てはまるわけでもありません。

日常生活はすべて催眠だと言ったら、あなたは信じられないかもしれません。

しかし、これは本当です。

催眠と聞くと勘違いで魔術や不思議なものだと思い込んでいる方がおられますが、それは間違いで催眠術は脳科学の根拠に基づき脳の仕組みを利用されている心理学で、1958年に米医師会で催眠の効果が認められていて医療の現場でも使われてきたものです。

昔は催眠の仕組みが分からなかったので不思議な力だと思っていたのです。

催眠と幽霊が何の関係があるの?と思った方もいるかと思います。

そんなあなたは良いところに目を付けました(#^^#)

催眠と幽霊は関係があると私は自身の経験からも確信しております。

催眠とは暗示を受けやすい変性意識状態のひとつです。

暗示が無意識に入ってしまうと、そう思い込んでしまいます。

無意識レベルで思い込んでしまうと感覚、行動、記憶が無意識に支配されます。

つまり、無意識レベルで幽霊が見えると思い込むと幻覚が見えるのです。

感覚だって出てくることもあるのです。

それが無意識の力です。

で、幽霊の話ですが、よく幽霊には足が無いといいますよね。

幽霊と言うのは心の状態のことです。自分の足でしっかり歩かないから、幽霊には足が無いと言われるのです。

<<下に続く>>

つまり自己肯定感の低い人は心の状態が幽霊になっているというわけです。

霊は無意識の情報です。

自分の足で歩くというのは、他者の暗示で行動せず自分の本音で行動するという意味です。

昔の『足を洗う』という意味も、他者からの暗示で行動していた自分を変えるために暗示を洗い流し自分の本音で行動するという意味なのです。

ですので他者の暗示で動く人は自己否定があるので、心が幽霊の状態なのです。そう、無意識レベルの自分が幽霊の状態なのです。

ですので、変性意識状態(トランス状態)になると、無意識にある情報により幻覚のようなものが見えるのです。

これを幽霊だと多くの方は言っているのです。

日常生活には気付いていませんが、催眠状態に誰でもなっています。

しかも一日に何度でも変性意識状態(トランス状態)になって、暗示をうけやすいようになっているのです。

その暗示に気づいていないだけなのです。

もっと深く知りたい方は、日常生活はすべて催眠 正しい自己洗脳の方法(※外部)で学ぶと良いと思います。

時代は変わっています。

あらゆる常識は壊れ、新しい価値観がどんどん広まります。

知ることを深めていきましょう!

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ∞ひめくるみ∞

    幽霊と人間は、区別が付かない場合があるそうですね。

    人間と思ったら、幽霊やった。。。

    人生は催眠??
    これは、、、
    ‘生きている。’
    じゃなくて、
    ‘生かされてる’ってこと?

    〜〜〜〜〜(m–)m
    {emj_v_0117}{emj_v_0117}{emj_v_0117}

    ヘ(・・ヘ)。。
    へ(^^へ)

  2. 催眠…。
    そう考えると、催眠とは特別なものではなく、日常の行動に表れているのかもしれませんね。

  3. まさか幽霊の話が出てくることは思わなくて何となく楽しかったです(笑)とても面白い考え方だなと思いました☆

  4. そうですよね(^^)

    イタリア人に幽霊を信じているひとはいないとかも言いますのでイタリア人には幽霊を思い込ますことは難しいんでしょうね(笑)

  5. 「足を洗う」の喩えがすんなりと腑に落ちました。
    戦時中シンガポールで従軍した祖父いわく、「南国の幽霊は足があって、普通に歩く!」。
    所変われば、人の心も変わるんだな…と、漠然と感じ入った思い出があります。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)