巧妙な手口を使うモラルハラスメント加害者はそろそろやめていかないといけない。

395 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
巧妙な手口を使うモラルハラスメント加害者はそろそろやめていかないといけない。

巧妙な手口を使うモラルハラスメント加害者についてはよくわかった。そろそろやめていかないといけない。「新しい問題解決の方法」を身につけないといけない。「みんなが本当の自分を生きる」という言葉の「みんな」は加害者も自己愛も犯罪者も含めてです。つまり成長したら”気づきだす”のですよ。

巧妙な手口を使うモラルハラスメントというのは「騙す」が含まれています。騙して精神的な嫌がらせを継続できるような細工をしているのです。だから真の被害者は気が付かない。しかし成長すれば気づきだしてしまいます。彼らが本当の自分を生きるためには通過しないといけない部分でもあります。

つまり、

Aが巧妙に騙して精神的な嫌がらせを水面下でBに行う
BはAにされていることがよくわからない
Bは些細なことをきっかけに無関係なCに攻撃してしまう
Bは反省できない。何故ならAにされたことが紐解かれていないから。

Aの行為を初めとして罪のない被害者が誕生する。

この問題が変なトラブルを生み出しています。更には最悪、無差別殺人のきっかけにまでなり得るほど”深刻な問題”なのです。本当にこれ以上無差別殺人を起こさせたくないのなら原点である「A」と「B」の時点での解決が必要なのです。無差別殺人を起こすようなタイプは皆「B」。Bの付近にはAがいる。

<<下に続く>>

行為をしたのは「B」ですから当然、裁かれるべきです。しかし「B」タイプは反省しない。それどころか「自分は被害者だ」と主張することが多い。それは一理あるのです。「”別件”で被害者だから、その傷を癒さないと反省しない(出来ない)」のです。犯罪者は過去の被害者だから反省しないのです。

犯罪者や加害者は過去に「A」タイプから被害を受けているのに、その問題が隠蔽されたり”なかったこと”にされているのです。だから納得が起こらないのです。その被害者である部分を紐解いて本人が納得すれば自分の加害行為を認めることが出来るようにもなります。被害者性を吐き出した先に反省がある。

「根本解決」に近づくほど「A」タイプはばれてしまう。だから「A」タイプである巧妙な手口を使うモラルハラスメント加害者はそろそろやめていかないといけない。「新しい問題解決の方法」を身につけていくことが大切。どれだけ巧妙でも「子供が使う支配の延長線上にある手口」なのです。

「巧妙な手口を使うモラルハラスメント」が「新しい問題解決の方法(自分も相手も傷つけずに済む方法)」に変わればよいのです。そのためには「新しいことを知る」を増やしていけばよいのです。より良い解決法が見つかっていきます。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)