人間は一週間安静にしているだけで「廃用症候群(筋肉や関節が衰えて内臓機能も低下など、動かないことによる二次障害)」に陥ることがある!

人間は一週間安静にしているだけで「廃用症候群(筋肉や関節が衰えて内臓機能も低下など、動かないことによる二次障害)」に陥ることがあります。人は死ぬまで動き続ける(適度に休む)ことが必要です。週に3日は30分から1時間の運動をし、毎日歩くことが大切です。衰えるのは簡単、体作りは大変。

少し前に運動不足で頭痛など体調不良が続いていてネガティブ思考が増えていたのですが毎日30分程度ランニングして軽く運動するするだけでどんどん体調がよくなっていきました。運動は本当に「運を動かす(プラスに導いてくれる)」素晴らしいもの。衰えるのはすぐです。毎日の積み重ねが健康を作る。

毎日、体を動かして、休む時はしっかり休む。そして、上記の記事にも書きましたがマインドフルネスを行って雑念を減らすことで脳疲労を減らしていくことも大事です。

無意識のうちに雑念が飛び交って、脳が疲労します。マインドフルネスを集中して行うと、その飛び交っている雑念が鎮まる感覚がわかります。あたまがスッキリします。やり方は簡単です。リラックスできる体勢で目を閉じてゆっくり息を吐いて、鼻から吸って口から吐いて、呼吸だけを意識すればよいのです。15分くらい呼吸だけを意識して行って目を開けると、頭がスッキリしていることがわかります。

寝る前に行うと効果的です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
人間は一週間安静にしているだけで「廃用症候群(筋肉や関節が衰えて内臓機能も低下など、動かないことによる二次障害)」に陥ることがある!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
人間は一週間安静にしているだけで「廃用症候群(筋肉や関節が衰えて内臓機能も低下など、動かないことによる二次障害)」に陥ることがある!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)