「私は社会に出てますから!」と弟の傷を抉るような言葉を繰り返し自分から弟に近寄り何度も浴びせ弟の心の奥を傷つける姉。

「私は社会に出てますから!」と弟の傷を抉るような言葉を繰り返し自分から弟に近寄り何度も浴びせ弟の心の奥を傷つける姉。

この話は、無意識で踏み台にする仕組み、アリの世界にもある2:6:2の割合で分かれる仕組みなどが理解出来ない方には「弟さんの怠け、弱さ」と感じると思います。 仕事も出来ず引きこもりがちな弟をいじめる姉。 「私は社会に出てますから!」と弟の傷を抉るような言葉を繰り返し自分から弟に近寄り何度も浴びせ弟の心の奥を傷つける姉。

弟がなんとか抜け出そうと勉強すると「私はお前なんて尊敬も出来ないし話も聞きたくないから」と勉強のやる気を削ぐ言葉を与えます。 弟が怒ると姉は被害者になりすまし、涙を流し家族中に弟が悪いと信じさせ、暴言を吐いてしまった弟を悪者にしていきます。 コンプレックスを突っつくのはこういった見えないいじめの常套手段で、相手を怒らせておけば、姉自身が被害者に成り済ましやすいので良く使う手段です。

弟が更に怒っても姉は「別にあなたが社会に出ていない事を言ったわけじゃないんだけど?妄想やめてくれない?それ以上言うなら精神病院行けば?」と弟を追い込みます。 このように追い込めるように予め曖昧表現を使ったり、具体的に言わず「私は社会に出てますから!」と言うのです。

裏のメッセージは「私はお前と違い社会に出てるんだよこのクズ」となる場合もあるのです。 姉は弟に、自分の捉え方の問題だと言います。 勝手に被害妄想でそう捉える方が悪いのだと言いました。

そこで弟は苦しくて悔しくて悩み、勉強し同じことを真似たそうです。 もしもいじめなら、真似した時に怒り出し善人の仮面が剥がれると勉強の結果わかったそうで真似をしたそうです。 自分の鼻を気にしてるコンプレックスがある姉の前で「僕の鼻って鼻筋通っててかっこいい」と。 何度か言うと姉は怒り出し「うるせーんだよ!クソ引きこもりヤロウが!」と言ったそうです。 弟は「おねぇちゃんが言ったでしょ?解釈の問題だって。僕は自分の鼻を自分で褒めただけ。ほら仮面がはげた」と言ったそうです。

<<下に続く>>

この事から分かるように、

・姉が弟に近寄っていっている事

・弟が気にしていることを知っていながら傷を突っついている事

・捉え方の問題だとモラルを振りかざし、ばれにくいように、いじめている事

・悪者、被害妄想のレッテルを貼り、家族に拡散させている事

・善人の仮面をかぶっている

・涙を上手く使う

・欺きが上手い

このように、姉は自分から近寄っているのでいじめることを楽しんでいる可能性もあるのです。 姉が本当に被害者なら離れようとするのです。 弟が引きこもりから抜け出してほしいと応援するのなら、「私はお前なんて尊敬も出来ないし話も聞きたくないから」と勉強のやる気を削ぐ言葉はださないものです。

つまり、ダメな弟だと思い、粘着し精神的にイジメてストレス発散していたのです。 2・6・2の法則は、どのような集団、組織も「上2割、中間6割、下2割」だと言われています。 下の2割は知らず知らず上の2割のマイナス感情処理係とされるようになっているのです。

この話の弟さんは家族という組織の中で下の2割の立場で、上の2割のマイナス感情処理係になっていたかもしれませんね。 私たちには自由に抜け出す権利がありますので気付いて抜け出してよいのです。家族や兄弟に支配されると自分の命より家族や兄弟を優先しなければいけないと思い込んでいる場合もありますから、そういった思い込みを解いて自分を大切にすると良いと思います。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 39 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 匿名

    何から何までうちは姉妹なんですが全く同じ状況がありました。薄々姉のストレス解消や心の弱さのはけ口になっているのは分かっていましたが、抜け出せず苦しみました。母は姉のそのような状態の時姉に同調して2人がかりで責められていたので、自殺したいと何度も思いました。兄もいますが、兄は全くそのような事はありませんでした。抜け出しにくかったのはこの弟さんのように、家族は悪くないと考えて自分を責めていたからだと思います。実際家族は優しい時も普通にあります。ただ今は、家族も酷い行動を取る時があると認め、それで自分を責める事はしないと少し客観的に考えられるようになったと思います。

    • by 菅原隆志

      悪いものは悪い。はっきり言ってもいいんですよ。悪いものを良いものだと思う事が自分を責めることに繋がりますよね。自分を責めているという表現はあまり良くないと私は思います。だって自分を責めよう!とか考えたわけじゃないんですし、相手にそう誘導されてしまっていたんですから仕方ない事です。

      「親はお前たちを大事だと心から思っている」という言語を使い、非言語では追い込んでいく。本音は非言語に出ますので矛盾し相手は混乱するんですよね。矛盾したコミュニケーションからは脱出すると良いです。

      自分を最優先させていいって事を大事に進んでいきましょう♪

  2. by サージ

    社会ってのは、幼稚園だろうが、大学だろうが、例え家庭内だろうが全て社会においてのコミュニティなんですよね。なにも報酬が発生する環境だけが社会じゃない。社会と会社がごっちゃになってるんだよ。弟君はしっかり勉強して、この姉を理詰めで言い負かせばいいんだ。

    • by 菅原隆志

      読んで確かにそうだって頷きました^^
      社会と会社の違いを理解されていない点で弟さんも勉強して言い負かすことも時には大事なことですよね。

      良いコメントをありがとうございました。

  3. by a

    私も昔外に出かける仕事をしてました。でも挫折と世知辛さから、不向きだと思い辞めました。それ以来、内職的になりました。同様にいろいろ叩かれますが、頑張っていますから。これが助言です。振り回されず生きていくことなのです。

    • by 菅原隆志

      『叩かれますが、頑張っていますから』叩かれる中から、プラスを見つけてみてください。

      力がつきますよ^^

      力がつくと、叩かれることが良いことだとわかります。

  4. by シンジ

    ストレス発散…。そうかもですね。

  5. by 空

    クラスに一人はこの姉の様なタイプいました。
    姉の言葉は客観的に聞けば被害にあわなくて済んだのかもしれませんね。
    以前の私なら、姉が発した言葉を受けると弟の様に被害者になっていたかもしれません。

    でも、この配信を読んでまた一つ気づけたので回避する事が出来るようになりました。

    こうして気づきを増やして自分にプラスをもたらしたいです!

    • by 菅原隆志

      家族、兄弟と言うのはどうしてもくっついていることが多いので、中々言葉を客観的に受け取ることは出来ませんが、この場合、弟さんは『家族を大事にしなければいけないという思い込みが強かった』ので嫌いな姉なのに大事に思わなければいけないと思っていたこともあります。

      家族であっても離れていいとわかったことで、姉に跳ね除けることが出来たのです。

      回避できるようになってよかったです^^

      自分を大事にしてあげてくださいね!

      気づきでしあわせになりましょう♪

  6. by 名無し

    どうなんでしょうか。弟も弟ですし、姉も姉。いずれはみんな社会に出ます。姉に言われなくても、弟もおのずと社会にでて行くのではないでしょうか。

    • by 菅原隆志

      それは『一般的』に言ってそう見えるんですよね。
      http://bright-ms.net/?p=1271
      こちらに書いてあるモラハラが理解できれば、また違った見方も出来るかと思いますよ。

  7. by あけ

    親や兄弟によるモラルハラスメントは、子供の引きこもり、人格障害、精神疾患の原因になる大変な問題だと思います。

    モラルハラスメントが強い場合、加害者側はもうサディズムです。

  8. by 菅原隆志

    >姉側もミッション失敗でイライラ増幅→姉側が周囲にアタリ散らす。

    ↑これよくある親切の押し売りのメサイアコンプレックス、モラハラです。

    くっつかなくていいのです。

    くっついておきながら
    1、ミッション失敗 
    2、勝手にイライラ増幅 
    3、姉側が周囲に悪いイメージ拡散

    くっつかなければ、どれもやる必要なかったかと(笑)
    こうやってくっついて問題を生み出すマッチポンプ人間(自ら問題を起こし火消しする)です。

    引きこもりも基本はマッチポンプ人間(自ら問題を起こし火消しする)が周囲にいることが多いです。

    子供が引きこもるようにモラハラし、それを道具にしむなしい心を埋めるのです。

    ミッションじゃなく、弟さんの心を本当に理解すれば良いだけでしょう。

    くっつくほうがへんなんですよ。

    引きこもり側からすると『あ~ ミッション失敗~』なんて言ってる姉に心を開きますかね?

    無理でしょうね。

    あなたモラハラ好きなんじゃないですか?^^

    私は気づいたのでやめました。

  9. by 菅原隆志

    全然違います。深層心理にはもし仮にそれがあるのなら、その結果はどこですか?

    典型的なモラハラを理解出来ない、または自身がモラハラやってるのに気づかないタイプだと読んで感じました。

    姉の「我が弟の本音を知りたい」が本音なら知ればいいじゃないですか?知れないから「我が弟の本音を知りたい」となるのです。

    あなたの意見から考えてですが、つまり弟は姉に心を閉ざしているから、「我が弟の本音を知りたい」となるのは理解出来ますか?

    心を閉ざしている相手に、くっつくことが問題なのです。
    本当に理解したいなら本当の理解をすればいいだけじゃないですか?

    何故、弟が引きこもったか?

    紐解いていけばダブルバインド、暗示、モラハラ、毒親たくさん出てきますよ。

    それが怖いから本当の理解はしないのです。

    本当の理解すれば、問題解決です。

    本当は理解したくないのに、理解したいふりをしていじめるモラハラですね。

    よくあります。

    あなたはどんなタイプを踏み台にするタイプですか?

    私も過去に、無意識で踏み台にしていた頃、『引きこもりは怠けものだ!』『引き籠ってたら家族にも迷惑をかけるだけ』と言っていましたよ(笑)

    踏み台にするためには留めておく必要があるんですね。

    留めるためには、やり方の知らない人にやり方を与えない。情報を与えない。正しい抜け出し方を与えない。そうすると留めることが出来ます。

    この話は、やっと姉の本性に気付いたから、抜け出せる話なのです。

    立派な弟さんですよ。

  10. by 菅原隆志

    『そのときに姉に対して吐いた言葉を口にすれば、干されるだけでしょう。』と言いますが、それはごく一部であり、そうとは決めつけ、レッテル貼りは出来ませんよ。

    また、多くの方は引きこもりを悪いと見ますが、その時点で引きこもりという存在を汚物感情処理係として自分の安心の為に利用しているのです。

    そうでないのなら、何故そうなっているかの理解が出来るでしょう。

    人間を監禁すると逮捕されますが、心の監禁は逮捕されませんね。

    好き好んで引きこもりになっている人はいないでしょう。

    心を監禁されているからです。

    心の監禁はモラルハラスメントです。

    『姉は仕事の中で、辛い思いを一杯して、怠けてる弟さんを羨んでるんじゃないかなって。』多くの方はそのように、引きこもりが楽して怠けていると思っていますが、それは投影です。自分が怠けたいからそう見えるのです。

    だって良く考えてみてください。

    この広い世界でいろんなことがあるのに、楽しむことはたくさんあるのに、それを楽しめなくなった心を。

    私には決して怠けたいから楽しているとは見えません。

    心が監禁されているように見えるのです。

    私は少年院での生活、はじめの半年は怠けて規則を破って適当に生活していました。苦しかったです。

    しかし残りの半年は作業や勉強なんでも楽しく気合入れて作業は走って楽しくやっていました。

    怠けて楽しい人などいないでしょう。

    『引きこもり』という存在をダメな位置に配置し、安定を保っている人間たちが、次は明るみ出ちゃうんじゃないでしょうか?

  11. by 名無し

    すごくわかりやすい。

    表ではいい顔をして裏ではネチネチと相手を攻め立て、そうすることで相手は余計に抜け出せなくなり、そのことで優越感を覚えエスカレートしていく。

    弟さんが強くなったことが一番の解決ですね。
    言われてばかりじゃ相手はいい気になるだけですよ。

    • by 菅原隆志

      これが本当のモラルハラスメントです。

      言われてばかりではいけないですが、姉の仕込んだ弟が言えば言うほど悪者にされ孤立する仕掛けがあるので難しいんですよね;^^

      表ではモラルを振りかざしているので、善人だと思わせて、
      裏ではいじめて、いじめを更にばれないようにしていじえていくのです。

      弟さんが気付いて抜け出すことが大事ですね。

      だけどモラハラはこういった弟のような存在に

      『家族を大事にしないのは悪いことだ』と長年刷り込んでいることもあるので、その場合、弟さんはそこも乗り越えないといけないでしょう。

      いじめをする家族なんて大事じゃない!と思っても良いのです。

  12. by リッチマン

    この姉の方も、弟の前では虚勢はっていますが、実は職場で自分もいじめにあっているのでは?

    悪の連鎖は限りなく続くって感じです。

    この弟は、姉さん無視して自由になりなさい!

    • by 菅原隆志

      この姉の方も恐らくですが、

      親→姉→弟

      このような見えない圧力が流れていたのです。

      モラハラはターゲットを孤立させるので、逃げられない引きこもりでいてほしいと心の奥では願っています。

      そして安定を保つストレス発散処理係を確保するのです

      弟はこの見えないモラハラの連鎖に気付いたので、優しくなくてもいいんだと気づけたので抜け出していけるでしょう!

  13. by かず

    うちの姉はこんなんではなくよかったです

  14. by ゆいか

    こういう人っていますよね。
    私は気にしないようにしています。

  15. by ゆっか

    これ、妹がやってる事と同じだ。
    やっぱり、私は妹のストレスの発散役なんだな。
    頭で分かってても、妹の言葉がグサグサ胸に刺さるんだよね。
    妹は本当にズルい。
    でも、妹の気持ちも分かるから、何にも言わない。
    いつか気付いてくれる時が来ることを願う。
    妹が幸せになれるように。

    • by 菅原隆志

      これは自己犠牲をするか、自分を大事にするかです。

      自分を大事にしたい場合は、まず離れることです。

      この仕組みはやってきている本人も気づいていない事が多いので、話し合いで解決することは、難しすぎます。

      離れることが、相手のしあわせにもなるかもしれません。

  16. by 苺

    淋しい姉と優しい弟の印象を受けました。

    お姉さんが幸せを感じてないように思います。

    受け止めてくれる弟さんに八つ当たりしているのかと。

    家庭内ゴタゴタは、本当に辛いですよね。

    お姉さんが、まず積極的に明るく家庭を照らしてほしいと願っています。

    • by 菅原隆志

      『家庭内ゴタゴタ』という言い方はあまり好ましくないように感じます。

      当事者にとってはとても大事な問題ですので『家庭内の大事な問題』という表現が適切かと思います。

      『家庭内ゴタゴタ』という言い方は当事者にとっては『そんなものはくだらない事』というイメージを与えてしまう可能性があります。

      イメージって無意識に影響を与えるのですごく大事な部分ですよ^^

      お姉さんが幸せを感じないのは確実かわかりませんが親からのモラルハラスメントでしょう。

      その影響が下に流れているのです。

      離れないのでいつまでも影響されてしまうのです。

      そんな中、抜け出そうとした弟さんが立派なのですね。

      そのモラルハラスメントを受け下に流す姉はサークル内にいますので、明るく照らしても基本は無理です。

      メッキをかけた明るさで、弟という踏み台が必要なのです。

      大事なことは、弟がここから逃げることなのです。

  17. by アイコン

    弟が立ち直る事はこのような状況から無理だと思います。

    • by 菅原隆志

      これは見えないモラハラが隠れていて心に手錠がかけられていて、既に孤立させられ心を操作されていたのですぐには難しい状況です。

      このような隠れ被害者がたくさんいるんです;^^

  18. by あっちゃん

    あまり姉をよく思いません。あまりにもかわいそうです。

  19. by ゆ

    確かに、社会に出ている人で威張ってる人いました。

    私が実家の家事をして、毎日休み無しで祖母の介護をしていた時に散々こういうようなことがありました。

    もう過去のことですが。

    この話に出てくる弟さんも、よい方向に進むといいですね。

  20. by 伊多波博文

    『私は社会人だから』お姉さんは社会に出て立派に働いているのに弟は就職出来ないという事なのですね?社会にでると学生の時よりもいろいろ有りますから。どうしても人と接して働けないようでしたら弟さんは自分で仕事を持つ努力をするべきだと私は思います。

    • by 菅原隆志

      そうですよね。その努力を邪魔する家族から離れることがまず大事なことですね^^

      そして社会に出て立派に働いているふりをすると、家でストレス発散係を確保し安定を保つのです。

      これが2:6:2の割合です。

      アリの世界にもあり、大なり小なりどこにでもあることです。

      踏み台にされている人は、抜け出せない細工を心にされているので、それを解いて離れることが大事ですね。

  21. by つかmama

    幼稚な姉ですね。おとうが可哀想になります。
    でも、逆に考えたら、いい勉強になったかもです。こんな人間になりたくない、なってはダメだって弟は、感じたと思います。

    • by 菅原隆志

      いい勉強になったと思います。
      家族が良い人間だと思っていたそうなので、はっきりわかってスッキリし、これから抜け出していけるでしょう。

  22. by 名無し

    そのお姉さんはなにかしら仕事でのストレスなどを弟さんにぶつけて、自分を保っていたのかもしれませんね。

    • by 菅原隆志

      恐らくですが、

      親→姉→弟

      このような見えない圧力が流れていたのです。

      モラハラはターゲットを孤立させるので、逃げられない引きこもりでいてほしいと心の奥では願っています。

      そして安定を保つストレス発散処理係を確保するのです。

      表向きは善人のふりをしないと、保てないので保つんですよね;^^

      悪い世代間連鎖抜け出していきたいですね!

  23. by 名無し

    そうですね。

    離れないで執着している側に問題がありますので、
    この話は、姉のほうに問題が多いように思えました。

    • by 菅原隆志

      離れる。くっつかない。これ大事ですよね^^

  24. by 名無し

    これはサイコパスじゃないんですか?

    弟を精神的にいじめる変質者で性的興奮のサディスト女だと思います!!!!

    • by 菅原隆志

      モラハラが酷くなると、慣れてきていじめることで興奮する人もいるようですが、やはり奥にあるのは傷なんですよね;^^

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)