「スケープゴートをされる道」を「救われる道」だと巧みに信じ込ませてスケープゴートをし続ける。これで被害者は、基本、死ぬまで逃げなくなるのです。

 2021年11月28日
1547 views
「スケープゴートをされる道」を「救われる道」だと巧みに信じ込ませてスケープゴートをし続ける。これで被害者は、基本、死ぬまで逃げなくなるのです。

一番酷かった時は、慢性的に緊張していて首を横に動かすことも出来ず、眼球をスムーズに動かすことさえも出来ない状態、まさに「蛇に睨まれた蛙状態」になっていたことがあります。恐怖の対象を明確にし「知り尽くす」ことで恐怖は消えていきました。「知ること」は素晴らしいことです。

「知り尽くす」ことでわかったきたのは実際に「蛇(喩え)に睨まれていた」ということ。「蛇」=「爬虫類脳に支配された人」。そして自分でそのことを意識ではわかっていなかった。だから極度の緊張として無意識が教えてくれていたのです。「知り尽くす」「離れる」「問題解決する」。これが必要です。

人間の脳はこの3つの脳がバランスよく使われるから人間らしくいられるのです。「煩悩まみれ」は「爬虫類脳」です。誰かをスケープゴートをしている人は「煩悩まみれ(爬虫類脳)」です。平気で嘘をつく人も爬虫類脳です。人間らしさを司る前頭葉を活性化させていない人がハラスメント加害者なのです。

「爬虫類脳に支配された人」は、人間らしさが失われていき、異常なほど権力や支配力などの「力」に執着するようになります。裏を返せば「恐怖している」ということでもあります。そういった人が「ハラスメント加害者」となる。 「爬虫類脳(反射的)」 「哺乳類脳(情動的)」 「人間脳(理性的)」

僕自身も過去「爬虫類脳(反射的)」でした。なので当然加害者の要素も強かったです。そこから自分なりに「人間脳(理性的)」になるよう、脳の前頭葉を鍛えるよう読み書きを繰り返し努力した。その結果、加害者の要素も減ってきました。間違いありません、人間らしさは「脳の前頭葉」が司っています。

抜け出してみて思うこと。過去は「爬虫類脳(反射的)」、「蛇」のような者たちの群れの中にいたということ。抜け出して「人間らしさがある人(前頭葉が活性化している人)」を知ることでハッキリ違いがわかりました。表の世界は「人間らしさ」が多く、裏には「爬虫類脳」が多いということ。

邪悪な心を認めずに隠し持っている者がスケープゴートを作り出す。それを持って「生涯正当化」を成し遂げるつもりでしょう。実際に経験した人しかわかりませんが言葉で説明できるようなものではない。複雑巧妙な心理的な罠がある。それらを知り尽くせばちゃんと抜け出せます。何事も人生勉強です。

「スケープゴート」「煩悩まみれ」「カルト的なマインドコントロール」に詳しいカウンセラーなどはとても少ない。だからスケープゴートタイプの人が一般的なカウンセラーを頼るということは「”お金を払って傷つけられに行く”」というようなもの。自分を自分を救い出したほうが早いです。自己理解。

だからといって一般的なカウンセラーが悪いわけでもないし、無能というわけではありません。ただ「役割」や「方向性」の違いです。一般的なカウンセラーの方がいるから救われている人がたくさんいます。スケープゴートタイプというのはそれらとは「別物」だということ。だから理解されなくて当然です。

例えば「我が子にブードゥー教の呪い(硬直を作り出す)」を試す親が実在したとします。これは一般的なカウンセラーには理解の及ばない「闇」です。深い闇は深い闇を経験した人にしかわからないことです。本当のスケープゴートタイプならばスケープゴート経験者に頼れば良いのです。

スケープゴートをされている者が「自分はスケープゴートをされている」と自覚があるのなら大した問題ではありません。巧妙なスケープゴートはスケープゴートをされていることに気づかせないままスケープゴートをします。真の詐欺師は、騙されたことに気づかせないまま騙し切って相手の人生を奪います。

「スケープゴートをされる道」を「救われる道」だと巧みに信じ込ませてスケープゴートをし続ける。これで被害者は、基本、死ぬまで逃げなくなるのです。最後は自殺こそが救いの道だと勘違いします。マインドコントロールとスケープゴートの怖さはここにある。

スケープゴートの闇が深い場合、最終結末は「スケープゴート被害者の死」です。マインドコントロールされているので、そこまでの暗いトンネルに入れ込まれているのです。そこまで騙し続けたスケープゴート加害者は「煩悩まみれ」。これを許す必要が無い。光(知り尽くす)を照らしていく必要がある。

光(知り尽くす)を照らすには、まず、騙されたままのスケープゴート被害者たちが気づいていく必要があります。気づいて、成長して、自己理解を深め、説明力を上げ、育ってくると自然と本当のことを語れるようになります。その頃に、彼らの手口が広まるでしょう。被害者の中に紛れている彼らの…。

最後には、被害者のフリをした加害者を含めて、みんなの傷や悲しみが癒されるために、知っていくこと。争いより、理解。誰もが最初は悪ではないのです。ただ、何らかの勘違いから無知を選択してしまっただけです。全ての悪は無知から生まれる。だから知れば良い。

スケープゴート加害者が奪い続けた結果、ある被害者は自殺をした。加害者は笑ってこう言った。「死ぬ奴が悪いんだよ!ww」と。そして奪ったもので「煩悩まみれ」を堪能していた。それが本当の顔だ。しかし、カウンセラーや役所の人間の前では、優しくていい人で、涙もろくて、「被害者」の立場だ。

こんな者に騙される承認欲求の強いカウンセラーなんて「やめちまえ!」ってことです。ハッキリ言って邪魔なんですよね。世の中の酸いも甘いも知り尽くしてもいない一部だけを見て現実を何も見れない者が煽てられて騙されているソレ。ソレがあるから時々「自殺者」が出ているのです。邪魔な承認欲求。

承認欲求が強い偽善者を飼いならすのが上手なのが、嘘をつき、涙を流し、演技をして「餌を与えて煽てまくる」ことでコントロールして道具にしちゃう者だ。何が問題なのか。そこにある無数の「嘘」が「心理的な渦」となり最悪「自殺者」が出ているということだ。これは人に”絶望を与える”程、強力。

不安と恐怖が酷く発作も頻繁に起こり、それでも誰にも言えず働いて生活保護には絶対に頼りたくない(あいつらと同じにはなりたくない)と、人知れず苦しみ続けた人。一方では騙していることを自覚し生活保護不正受給、のうのうと「煩悩まみれ(違法薬物も)」の生活。後者を「被害者」と呼ぶ愚か者。

僕は、前者も後者も目の前で何度も見たことがあります。

後者は「被害者」ではなく、正しくは「逮捕されないように計算している詐欺師」と呼ぶのです。

このような「逮捕されないように計算している詐欺師」が「スケープゴート」を作り出して、自身の邪悪なものを被害者1人の所為にして、「嘘」を使って被害者を陥れて加害者扱いしていく。その時に「弱者」の立場を使うことでより反転させているのです。「弱者」と「涙」は最高の武器となりますので。

弱者のフリも、演技も、ウソ泣きも、それ自体は何の問題ないのです。使い方次第では素晴らしいものにもなります。問題は被害者を悪者扱いして相手が自殺するまで追い詰めて自身を正当化しようとすることです。ただの煩悩まみれの継続のために。それが”悪質極まりない(表面化しない)”のです。

辛い、苦しい、悲しい、怖かった、そういった感情があるから這い上がれるのです。成長も出来るのです。だからそんなにネガティブ感情を嫌がったり、怖がったりする必要はないのです。恐れずに、その感情を感じきれば良いのです。ネガティブ感情はバネになるものです。

ネガティブ感情をバネにすることで手に入るものがあります。ソレが手に入った時に振り返ってみると「マイナスもプラスも1セットだった」ということがわかってきます。恐怖があるから勇気をもって知ることが出来るのです。知ることが出来るから自分を救っていけるのです。恐怖は本当の自分を知っている

僕の場合は「嘘」や「陥れられる」ことが、とても恐怖でした。その恐怖感情をしっかり感じることで、明確になってきます。それらを1つ1つ知り尽くしていく道は「本当のことを説明する力」にも繋がっています。恐怖や不安は自分に必要なことを教えてくれているのです。「説明力が足りないよ!」と。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。