女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

487 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

実際の女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」を見てみました! ポコチェは初めて見たのですがフリーペーパーとは思えないほど上質な紙質でクオリティ高いなぁと感じました。「花セラピー」など「癒し」に関する素敵な情報が沢山☆

<<下に続く>>

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」(https://bright-ms.net/ )も紹介されています!

上記の言葉は、自分の深い心の傷が癒されていくことを経験したことからわかったことです。

深い部分の「心の癒し」は「自己理解理で未処理・未消化の感情を解く)」ということ。これは根本的な部分のことです。

人それぞれ、何が癒しになるかは違うもの。ですので、それぞれが、「自分が思う癒し」を追求していくことが大事です。人それぞれ何で癒されるかは違いますが、その根本の仕組みは同じです。自分にとっての心理的な安心感、満足感が癒しになるのです。その安心感は、自己理解があるからこそ手に入るのです。自分で自分をよく理解している人は、自分が何で安心するかを知っています。だからそれを与えることが出来るのです。だから深い自己理解が深い癒し、深い癒しを自分に与えることが出来ることに繋がっていくのです。

 

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 読んでいて「なるほど」と思えることがいくつかありました。
    幸せに気づくっていってもみんな意外とスルーして生きているんだなというのも感じられました。私も頭では分かっていても、メモを取ることはなかなか出来ていません。
    なので、ほんの小さなことや自分が嬉しいと感じたときメモを少しでもしておくとそこら辺に幸せってあるんだなというのも感じられますし、普段の生活がどれだけ有りがたいものなのかも分かりますね。
    また、自分を理解してくれる人なんてほんとにごく一部の人でしかいないと私は思っています。
    大概の人って自分のこと、自分たちのことで精一杯というのが感じられるからです。
    私もそうですが、家族ができると自分たちの生活ばかりを重視して見てしまい、友達のことを見落としがちになっていることもあります。

  2. この記事を読んで気づいたことは、まず自分を理解しなければならないということです。自分さえ理解しなければ、相手のことを理解することは不可能だと考えました。例えば、人に優しくしたいと思っても、人に優しくされた時にその優しさを理解出来ない自分がいては、相手にどう優しくして良いか分からなくなってしまうでしょう。自分を癒すということは、自分を理解することから始まり、それが他の人にも優しくして行くために、とても必要なことだと思いました。まずは自分で自分に優しくして、それを理解して、人と人とのコミニュケーションをしっかり図ることによ、どんどん素晴らしい人間へと成長していくのだと感じました。まずは自分を理解することから始めたいと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)