家族全員から心理的な虐待を受けた深い心の傷が教えてくれるもの

232 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

家族全員から心理的な虐待を受けた深い心の傷が教えてくれるもの

機能不全家庭での心理的虐待は、兄弟間で行われることもあります。例えば4人兄弟。3人が連携して1人を虐める。3人で1人に対して人格攻撃を行いながら被害者が反撃したことを「虐待された」と1人が演技してすり替えて親に言う。他の2人が「見た」と嘘をつき、1人を追い詰めるケースもあります。

これを受けていた事実を受け入れることは非常に辛いこと。自分が信じていた家族にこのように裏切られて、騙されて、傷つけられて、封じ込められた。その人は二度と人を信じることが出来なくなるかもしれない。人が怖くなるかもしれない。人を信じられなくなるかもしれない。人は世界に家族を映し出す。

だけど、その時の苦しみ悲しみは、これからのプラスなことに繋がっている。そして全体を通して「必要な経験をしたんだ…」と思える日が来るかもしれない。

僕自身は、こう思うようにしている。こう思えば過去の苦しみ悲しみを糧に出来るから。僕は、今もまだこのことに対して恐怖しているけど、過去よりはだいぶ回復しました。過去はこのトラウマにさえ気づいていなかった。色々辿ることでやっとこのトラウマに到達し、1つ1つ開放していくことでたくさんの恐怖、悲しみなどが消えていきました。消えても、1人でいたいという気持ちに変化はありませんせんけど、それもありのまま認めています。自然に任せようと思っています。

家族全員から心理的な虐待を受けた人の深い心の傷は、癒されていけば、他の人たちが気づけないレベルの何かに気づける人になります。(そう思っている)それが「必要な経験」となり、何かの能力向上や成長に繋がっている。僕自身は、まだこの傷が全部癒えたわけではないけれど、そこまでしなければならないほどだった家族の気持ちがわかるようになってきました。

全員、酷い恐怖を抱えていたのです。他にも色々な問題を。それを僕の所為にして向けたことで一時的な安定を保っていたのです。だから何とか全員生きてこれたのかと思えば、水に流していける部分も出てきました。もしも、家族全員が他に向けるべきものを僕に向けなかったなら、大きな問題や、誰かが自殺していたかもしれないと思うのです。本当に滅茶苦茶な家族だったので。

<<下に続く>>

そんな過去も、その時の全員での最善の結果だった…そう思うのです。だから、足りなかったものをこれから成長させていけばいい。僕は、そう変化してきました。

「家族全員から心理的な虐待を受けた深い心の傷が教えてくれるもの」は、僕の場合ですが、「あらゆる形の恐怖」そして、「その恐怖への同一化によって矛先を曲げる人たち」、それが集団になるとどうなるか、色々な複合的なものを知ることが出来ました。

子供の時に勉強を放棄した自分にとっては、必要な経験です。小学生までの勉強しかしないまま、薬物依存で、本当にかなりひどい状態でした。自分の気持ちを書き出すことさえ出来ませんでした。だから苦しみも悲しみも蓄積していくばかりだったのです。そこで、以下の経験が役立っているのです。

機能不全家庭での心理的虐待は、兄弟間で行われることもあります。例えば4人兄弟。3人が連携して1人を虐める。3人で1人に対して人格攻撃を行いながら被害者が反撃したことを「虐待された」と1人が演技してすり替えて親に言う。他の2人が「見た」と嘘をつき、1人を追い詰めるケースもあります。

過去にこの経験をした。そして勉強不足によって、苦しく悲しい気持ちを書き出すことさえ出来ないほど酷い状態だった。それを必死に出来るだけ正確に書き出す努力をした。その過程で色々な勉強をすした。結果、マイナスの経験がプラスになっているのです。そして、「サヨナラ・モンスター」を制作し、販売し、「この方法で回復したよ」と他の人の回復にお役に立てたと言う嬉しい声も頂けた。

これは、苦しくて悲しい過去があったから、それに背中を押されて、自分なりに勉強を始め出したからです。

そして、生きていくために勉強をして、自分の力で生きていくことが当たり前であるということを知ったのです。

僕の人生は、出だしが、マイナスに堕ちていっていたので、感覚も認知も歪みきっていたのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)