本当に辛くて苦しいと「自分は辛くて苦しんだ」ということさえ自分でわかっていないことがある

本当に辛くて苦しいと「自分は辛くて苦しんだ」ということさえ自分でわかっていないことがあります。僕も過去そうだった。これに関する深い傷を癒していくのは大変だった。途中でもう諦めてしまおうかと何度も考えた。止まってしまったら生きる気力が消えるから止めることも出来なかった。深い傷…。

心の深い傷を癒していく過程で得るものは本当に大きい。辛くて苦しいほど得るものもたくさんある。このことを体感すると「傷つくって、そんなに悪いものじゃないないな…」と思える部分もある。マイナスにはプラスが隠れています。マイナスがあるからこそプラスが手に入る。必要な経験をしている。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)