我々は、何の確認も出来ません。確認のしようがないのです。ですので何も判断が出来ない立場なので、判断が出来ない以上、特定の誰かのことを公然の場で勝手に語ることは出来ません。勝手に語ることでこちらが犯罪者になる場合もあるため、です。特定の人を傷つける恐れのある反応は出来ないのです。

我々は、何の確認も出来ません。確認のしようがないのです。ですので何も判断が出来ない立場なので、判断が出来ない以上、特定の誰かのことを公然の場で勝手に語ることは出来ません。勝手に語ることでこちらが犯罪者になる場合もあるため、です。特定の人を傷つける恐れのある反応は出来ないのです。

そして、この「区別」が本当に大事なことなのです。「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」と「特定の誰かを指すこと」は、まったく意味が違うことなのです。後者は人を傷つける恐れのあることで犯罪になることもあります。

例えば「ハラスメント加害者ムカつく」というのは、特定の誰かを指しているわけではありません。表現の自由の範囲内です。「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」に記載があるよう「外部に感情などを表現」は認められている権利。

そして、我々も「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」にあるよう、思想、意見、主張、感情を、自由に、権利の範囲内で発信しています。特定の誰かを傷つける意図は一切ない。「傷ついた」と言われたなら、それは相手の問題です。

「ハラスメント加害者ムカつく」というのは、特定の誰かを指しているわけではなく「表現の自由の範囲内(外部に感情を発表する自由)」です。しかし、「住所〇〇の実名〇〇はカルトだ」と虚偽で悪評を公然の場に書いたとする。これは犯罪に該当するでしょう。個人を特定出来る状況で虚偽を晒したから。

我々が発信していることは表現の自由の範囲内です。それは認められている権利です。そこに近寄ってきて、ぶつかってきて「ほらぁ、傷ついたぞ、どうしてくれる?」と迫ってくるのは、でっち上げています。「自分からぶつかってきて、骨折れた、慰謝料よこせ」というのと、そっくりです。

(https://twitter.com/moral88887777/status/934259100975742976)にあるように、すり替えてくる加害者もいます。で、こういった情報はとても少なかった。非常にバランスが悪いと感じた。そこで、我々は、少し違う視点からの情報も必要だと思い、発信しました。偏りが減り、バランスが少し整うのだと思います。

ストレートタイプの加害者は勿論、害を加えたのであれば加害者です。その加害者を擁護する気はありません。しかし、どうして、陰でコソコソ害を加えている立派な加害者は、嘘と演技と涙を流すだけで、それでチャラになるのか。我々はおかしいと思ったのです。ですので、足りない情報を発信しました。

すると

1、心救われました!モヤモヤがスッキリしました!という声
2、嫌がらせ

この2つの「反応」が最初ありました。

我々が思うことは「2」も自分の加害者性と、向き合わないといけないということ。「1」と「2」は真逆のタイプ。被害者の部分は勿論、癒すことも大切。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)