我々は、何の確認も出来ません。確認のしようがないのです。ですので何も判断が出来ない立場なので、判断が出来ない以上、特定の誰かのことを公然の場で勝手に語ることは出来ません。勝手に語ることでこちらが犯罪者になる場合もあるため、です。特定の人を傷つける恐れのある反応は出来ないのです。

我々は、何の確認も出来ません。確認のしようがないのです。ですので何も判断が出来ない立場なので、判断が出来ない以上、特定の誰かのことを公然の場で勝手に語ることは出来ません。勝手に語ることでこちらが犯罪者になる場合もあるため、です。特定の人を傷つける恐れのある反応は出来ないのです。

そして、この「区別」が本当に大事なことなのです。「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」と「特定の誰かを指すこと」は、まったく意味が違うことなのです。後者は人を傷つける恐れのあることで犯罪になることもあります。

例えば「ハラスメント加害者ムカつく」というのは、特定の誰かを指しているわけではありません。表現の自由の範囲内です。「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」に記載があるよう「外部に感情などを表現」は認められている権利。

そして、我々も「表現の自由(外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由、Wikipediaより引用)」にあるよう、思想、意見、主張、感情を、自由に、権利の範囲内で発信しています。特定の誰かを傷つける意図は一切ない。「傷ついた」と言われたなら、それは相手の問題です。

「ハラスメント加害者ムカつく」というのは、特定の誰かを指しているわけではなく「表現の自由の範囲内(外部に感情を発表する自由)」です。しかし、「住所〇〇の実名〇〇はカルトだ」と虚偽で悪評を公然の場に書いたとする。これは犯罪に該当するでしょう。個人を特定出来る状況で虚偽を晒したから。

我々が発信していることは表現の自由の範囲内です。それは認められている権利です。そこに近寄ってきて、ぶつかってきて「ほらぁ、傷ついたぞ、どうしてくれる?」と迫ってくるのは、でっち上げています。「自分からぶつかってきて、骨折れた、慰謝料よこせ」というのと、そっくりです。

(https://twitter.com/moral88887777/status/934259100975742976)にあるように、すり替えてくる加害者もいます。で、こういった情報はとても少なかった。非常にバランスが悪いと感じた。そこで、我々は、少し違う視点からの情報も必要だと思い、発信しました。偏りが減り、バランスが少し整うのだと思います。

ストレートタイプの加害者は勿論、害を加えたのであれば加害者です。その加害者を擁護する気はありません。しかし、どうして、陰でコソコソ害を加えている立派な加害者は、嘘と演技と涙を流すだけで、それでチャラになるのか。我々はおかしいと思ったのです。ですので、足りない情報を発信しました。

すると

1、心救われました!モヤモヤがスッキリしました!という声
2、嫌がらせ

この2つの「反応」が最初ありました。

我々が思うことは「2」も自分の加害者性と、向き合わないといけないということ。「1」と「2」は真逆のタイプ。被害者の部分は勿論、癒すことも大切。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)