なぜ「責任」を持つほうが良いのか

103 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら

なぜ「責任」を持つほうが良いのか。それは「責任」は「自由」と同じようなものだから。「無責任」でいると「不自由」になり、「責任」を持つと「自由」になっていけるからです。「責任を持つ」というのは自由になりたい人にとっては、とても良いことです。

世の中には色々な人がいます。そこで「無責任」だと誰かを害してしまい、結果「争い」に発展することもある。だから1つ1つ、正しく反応できるようになっていく必要があるのです。「責任」→「Responsibility(英)」→「レスポンス(反応)とアビリティ(能力)」です。

自己肯定感を高める方法!生きづらさを抱えている人に必要なこと

<<下に続く>>

「否定的な暗示は気づかないからかけられてしまう(https://bright-ms.net/post-645/#i-10)」でお伝えしたように、「他人が自分に否定的な暗示を気づかずにかけることは可能」です。無責任な人ほど、1つ1つの反応を軽く見ているので暗示にかかりやすいのです。責任を持つということは、自分を守るということ。

そして、「自分に責任を持つ」ことで「成功」や「目的達成」に近づきます。では、自分に責任を持つにはどうしたら良いのか。その1つが、「サヨナラ・モンスター」の方法です。心の深い部分にある「まとまり」、これを1つ1つ解いていくこと、これは自分に責任を持つことでもあるのです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)