子供たちの汚さを叩く前に、子供が真似をしている対象である大人の汚さを明らかにしたほうがいいのではないでしょうか。

  • 2019年4月11日
  • 2019年4月11日
  • 未分類
  • 0件

「自分の考えを発する」というのは、とても危険な場合もあります。
特に僕のように、実名や住所を公開し、堂々と発する場合は逃げも隠れも出来ません。

そして、世の中には色々な人間がいます。時には他人の考えに対し、一方的に殺意を抱く者だっているかもしれません。
ですから、多くの人は、実名と住所を公開して自分の主張を発し続けることが出来ず、
自分の主張を押し殺して、偽物を演じるのです。当たり障りのない主張です。

だけど、そんな当たり障りのない主張や、偽物に何の意味があるのか。
長い物には巻かれた発言は、確かに安全です。
しかし、それでは自分で自分を殺していると同じです。

例えば僕は「自己愛性人格障害と本当のモラルハラスメント加害者」の記事などで、
誰も言わないから、僕が記事にしました。閲覧数は現時点で918616 viewsです。
これだけ、気になっている人間がいるということです。
どんな言い訳や、否定をしたがっても、気になっている事実は「閲覧数918616 views」という数字にしっかり表れています。

確かに自己愛性人格障害の人は加害者です。
しかし、事実として被害者でもあります。

問題は「区別」しなくてはいけません。

そして、その自己愛性人格障害の人を傷つけている加害者もいます。
正義の名の下なら、加害者を一方的に叩いてよいのか?
人は誰もが加害者でもあり、被害者でもあります。

それを一部分だけにフォーカスし、一部の加害者を正義の名の下叩く、
それも同じく加害者でしょう。毎違いなく、害を加える者…、です。

そんな加害者のことは何故か誰も言わない。
だから、僕が記事にしておきました。

それが関係しているかわかりませんが、時々、嫌がらせをしてくるおかしな匿名もいました。
そうやって他人の主張などに対し、水面下から圧力をかけて邪魔をする。
僕は、こういう者が嫌いなのです。

他人の自由を奪おうと、支配しようと、付き纏って嫌がらせをし、こっちが少しでも反応してしまうのを待ち、
こっちが反応したら、すぐさま「すり替え」をして「被害受けました!」と姑息なすり替えを行うモラルハラスメントの加害者。

自分が害を加えた部分はうまく隠し、相手を悪者扱いし、
蓋をしてしまう汚いやり方。

それが大人のやることか、って思いますね。

その汚さが、子供たちの「いじめ」に反映されているのです。
子は親(大人)の鏡、子は親(大人)の背中を見て育つ。三つ子の魂百まで。

子供たちの汚さを叩く前に、
子供が真似をしている対象である大人の汚さを明らかにしたほうがいいのではないでしょうか。

そんな汚い大人が行うスケープゴーティング、それに巻き込まれやすいのが自己愛性人格障害の人です。

僕は、何かを変えようとしているわけではありません。
自分のスペースの範囲内で、ただ、自分の考えを書いているだけです。

↓自分
↓  ←ここまでの範囲内のこと。
=========(境界線)

他人 ←(ここを変えようとしていない)

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)