子供たちの汚さを叩く前に、子供が真似をしている対象である大人の汚さを明らかにしたほうがいいのではないでしょうか。

子供たちの汚さを叩く前に、子供が真似をしている対象である大人の汚さを明らかにしたほうがいいのではないでしょうか。

「自分の考えを発する」というのは、とても危険な場合もあります。
特に僕のように、実名や住所を公開し、堂々と発する場合は逃げも隠れも出来ません。

そして、世の中には色々な人間がいます。時には他人の考えに対し、一方的に殺意を抱く者だっているかもしれません。
ですから、多くの人は、実名と住所を公開して自分の主張を発し続けることが出来ず、
自分の主張を押し殺して、偽物を演じるのです。当たり障りのない主張です。

だけど、そんな当たり障りのない主張や、偽物に何の意味があるのか。
長い物には巻かれた発言は、確かに安全です。
しかし、それでは自分で自分を殺していると同じです。

例えば僕は「自己愛性人格障害と本当のモラルハラスメント加害者」の記事などで、
誰も言わないから、僕が記事にしました。閲覧数は現時点で918616 viewsです。
これだけ、気になっている人間がいるということです。
どんな言い訳や、否定をしたがっても、気になっている事実は「閲覧数918616 views」という数字にしっかり表れています。

確かに自己愛性人格障害の人は加害者です。
しかし、事実として被害者でもあります。

問題は「区別」しなくてはいけません。

そして、その自己愛性人格障害の人を傷つけている加害者もいます。
正義の名の下なら、加害者を一方的に叩いてよいのか?
人は誰もが加害者でもあり、被害者でもあります。

それを一部分だけにフォーカスし、一部の加害者を正義の名の下叩く、
それも同じく加害者でしょう。毎違いなく、害を加える者…、です。

そんな加害者のことは何故か誰も言わない。
だから、僕が記事にしておきました。

それが関係しているかわかりませんが、時々、嫌がらせをしてくるおかしな匿名もいました。
そうやって他人の主張などに対し、水面下から圧力をかけて邪魔をする。
僕は、こういう者が嫌いなのです。

他人の自由を奪おうと、支配しようと、付き纏って嫌がらせをし、こっちが少しでも反応してしまうのを待ち、
こっちが反応したら、すぐさま「すり替え」をして「被害受けました!」と姑息なすり替えを行うモラルハラスメントの加害者。

自分が害を加えた部分はうまく隠し、相手を悪者扱いし、
蓋をしてしまう汚いやり方。

それが大人のやることか、って思いますね。

その汚さが、子供たちの「いじめ」に反映されているのです。
子は親(大人)の鏡、子は親(大人)の背中を見て育つ。三つ子の魂百まで。

子供たちの汚さを叩く前に、
子供が真似をしている対象である大人の汚さを明らかにしたほうがいいのではないでしょうか。

そんな汚い大人が行うスケープゴーティング、それに巻き込まれやすいのが自己愛性人格障害の人です。

僕は、何かを変えようとしているわけではありません。
自分のスペースの範囲内で、ただ、自分の考えを書いているだけです。

↓自分
↓  ←ここまでの範囲内のこと。
=========(境界線)

他人 ←(ここを変えようとしていない)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)