音楽を聴いている時に涙が出てきたのに、自分でその理由がわからない時は「本当の自分の気持ち」に気づく大チャンスです!

音楽を聴いている時に涙が出てきたのに、自分でその理由がわからない時は「本当の自分の気持ち」に気づく大チャンスです!

音楽を聴いている時に涙が出てきたのに、自分でその理由がわからない時は「本当の自分の気持ち」に気づく大チャンスです!

つまり、「音楽」が「心の深い部分」に届いて、あなたの本当の自分の気持ちを動かしてくれたのです。音楽は潜在意識(無意識)に働きかけてくれやすいものです。

自分でも気づいていない気持ち、感情はけっこう多いものです。僕も、ありました。人は、子供時に本当の自分の気持ちで生きていますが、歳を重ねるごとに本当の自分の気持ちを出すことが難しくなっていきます。必要なものを身につけていかなければ、本当の自分の気持ちは抑圧されていく仕組みです。ですから、本当の自分の気持ちを守っていくために、人は成長していくのです。

そんな忘れてしまった自分の感情を取り戻すキッカケになる場合があるのが「音楽を聴く」ということなんです。

僕の場合は、涙が出てきた音楽はたくさんありますが、最近では「山口百恵 いい日旅立ち 歌詞」です。

とある人が、この歌を聴いていると涙が出てくるといっていたので、何気なく僕も入浴中に湯舟の中で聞いていたんですが、すると、心の奥から何か感情が湧きあがってきて涙が出てきました。その時は、自分では理由がわかりませんでした。だけど、歌詞のどこかで、心が反応したのです。それが本当の自分の気持ちです。その自分の気持ちにしっかり気づいていあげる。それが心の中の小さな自分の親になるということ。

そして、心の中の小さな自分に対して扱いや、本当の子供やペットに表れてきます。つまり、心の中の小さな自分を軽視していると、子供やペットを軽視しますし、心の中の小さな自分を心理的に虐待していると、子供やペットを虐待してしまう可能性が高いのです。

僕は、サヨナラ・モンスターの方法によって、以前よりも心の中の小さな自分を大切に思えるようになったので、「自分で理由がわからない涙」が何なのか、わかることが増えました。過去はまったく自分の気持ちがわからなかった…;^^

本当の自分の気持ちがわからない…、そんなあなたは、色々な音楽に触れるようにしてみると良いと思いますよ(^^)/
心のこもった音楽が、あなたの心の扉を開いてくれることがあります!

そして、音楽を聴いている時に涙が出てきたのに、自分でその理由がわからない時は「本当の自分の気持ち」に気づく大チャンスです!その時に心の中の小さな自分にまっすぐ向き合ってみると、自分の気持ちに気がつくことがあります。その気持ちを大切にしてあげてください!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)