ネガティブ思考改善方法はここに書かれています

ネガティブ思考改善方法はここに書かれています

ネガティブ思考改善方法ですが、その前に必ずご理解いただけなければならないことがあります。

それはネガティブ思考やネガティブな感情は無意識から来ていることです。

そして無意識の力は90%以上もあるので意識でなんとかしようと思っても無意識には中々勝てません。

ですので本当の改善は「無意識のうちからプラス思考になる」ことです。

無意識のうちからプラス思考になるために効果的なのはこちらの『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
です。

このトレーニングは無意識にプラスを蓄積させていくことで無意識のうちからプラス思考になっていける正しい方法ですのでおすすめです。

このトレーニング以外にも自分で出来ることはたくさんあります。

思考 ⇒ 行動 ⇒ 感情

このように思考し行動し解釈の結果感情が生み出されていき、無意識は感情の宝庫ですのでプラスの感情を生み出すことで無意識をプラスにして行く事が可能になります。

つまり、ネガティブ思考を改善していくにはプラスな感情をたくさん生み出すことが大事だということです。

プラスな感情を生み出していくにはプラスな行動とプラスな解釈が必要になります。

プラスな行動とプラスな解釈を行いやすくするにはプラスな思考をすることです。

そして言葉。

言葉には人を動かす力があります。

ですのでプラスな言葉を発することが非常に大事なのです。

プラス思考になる為にやってほしいこと

ネガティブ思考を改善しプラス思考になる為にやってほしいことがあります。自分の一日の使っている言葉を録音したりして、どんなマイナスな言葉を発しているかなどを把握して下さい。

自分でも知らないうちにネガティブな言葉を使っていることはよくあります。

そして自分が使っているネガティブな言葉を発見したら、その少し前に何があったか?何が引き金となってネガティブな言葉を発するようになっているか分析して下さい。

自分で引き金を発見できるようになれば、次はその引き金になる物や相手を自分の環境に置かないようにしましょう。

最終的には自分次第ですが、人は環境に左右されてしまいますので自分がネガティブになってしまう原因を取り除くことは大事なことです。

そして逆に自分がプラスな気持ちになれる人や物をどんどん自分の環境に増やしていきましょう!

これは人が環境に左右されてしまう点をプラスに活用する方法です。

自分の環境に自分がプラスになるものや人を増やし、マイナスになる物や人を減らしましょう。

そして自分がプラスな言葉を増やし、プラスな思考をしていくと、プラスな行動も増えてプラスな感情も増えていきます。

自分の環境にプラスを増やすことでプラスの解釈の仕方も出来るようになります。

解釈の仕方は無限大です!

是非、止まることなく自分の「好き」を増やしてください。

 

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
ネガティブ思考改善方法はここに書かれています
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
ネガティブ思考改善方法はここに書かれています

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)