手の震え、不安など症状を作り出していることに気が付くとプラス思考!

12447 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

手の震え、不安など症状を作り出していることに気が付くとプラス思考!

手の震え、不安など症状を作り出していることに気が付くとプラス思考になれます。

手の震えが酷い、緊張が酷い、不安が酷い、イライラが酷い、いじめられる、などの理由で外出が出来ない方もおられます。

今までは毒親やモラハラ、環境などが原因で症状を作り出されたり、コントロールされたり、洗脳されたり、などの「自分以外の原因」についてたくさんお伝えしてきましたのでコメントをされずに閲覧して下さっている方のほうが多いのでご理解されている方も多数いるかと思います。

その「原因」は人それぞれで、理解できない場合は簡単に「人のせいだろ、親のせいだろ」と他者を突く目的で言います。ですから自分と比べて「人のせいだろ、親のせいだろ」と苦しんでいる方に言うのはプラスではありません。

大事なことはその人の心の成長過程があり、それは人それぞれ違うものなので「人のせいだろ、親のせいだろ」といちいちくっついて粘着はしなくても良いのです。

自分と相手を区別する必要があります。

毒親やモラハラ、環境などの影響としっかり向き合った方もレベルアップしています。

ですので「次の段階に気づく」時です。

次の段階と言うのが「手の震えが酷い、緊張が酷い、不安が酷い、イライラが酷い、いじめられる、赤面、金銭面の問題」などの症状や問題を自分で作り出していることに気が付ける時です。

つまり、「原因」については多くを知ったので次は「目的」について学ぶ時なのです。

こちらで目的の話を書きました。

カーナビと、ガソリンの部分が「目的」の話です。

アドラー心理学ではこう言います。

「不安だから外出できないのではない。外出したくないから不安を作り出しているのだ」

こういうことです(^^)/

つまり

「いじめられたいからいじめられる」

「手を震わせたいから震わせる」

「イライラの感情を生み出したいから生み出す」

勇気の心理学と言われるアドラー心理学は、厳しめの意見なので多くの方はなんとか否定をしたくなるものですが、今後の流れはこれですので今のうちに学んでおくことをおすすめします。

原因は親や環境にあります。

<<下に続く>>

だけど原因が直接私たちの生き方をストレートに左右するわけではないということです。

薬物など使って洗脳すれば別ですが、

原因 ⇒ 解釈 ⇒ 決定、結果

このように間に自分の解釈を入れています。

つまり、解釈次第では決定、結果を自由自在に変えることも出来るのです。

「親が・・環境・・・いじめっ子が・・・加害者が・・」と言うのを悪いと言っているのではありません。

逆にすごく大事なことに向き合っているので素晴らしいとさえ思います。

だけど、親、環境、いじめっ子、加害者があなたの人生を左右していると思えばそれまでです。

相手に心の権限を渡してしまいます。

しかし、親、環境、いじめっ子、加害者があなたの人生を左右できるわけないだろバカヤロウ!と思えば、権限は自分なので左右などされなくなれます。

こういった権限、依存、世代間連鎖、などあらゆる目に見えない流れを学んだ方は次の段階に好ましい「目的論」のアドラー心理学をおすすめします。

おすすめの二冊はこれです。

機会がありましたら読んでみて下さい。

ありのままの自分でいいんだ!

そう思っていきたいですね(^^)/

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本来、権限は誰にも渡すものではないし、奪われるものでもないですからね。そういう意味では人は自由なんだと思います。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)