苦労は買ってはいけない!買う苦労は売ってでも手放そう!他者の課題は背負わなくても良い!

約 5 分
苦労は買ってはいけない!買う苦労は売ってでも手放そう!他者の課題は背負わなくても良い!

若いうちの苦労は買ってでもしろ」と昔は言われることがありましたが、これは勘違いです。 ポジティブで素晴らしい明石家さんまさんも「苦労は売ってでもするな!無駄な苦労はする必要ない」と何かの番組で言っていましたね。

「苦労は買ってでもしろ」 は「買ってでも自分以外の外部の苦しさを背負って苦しい思いをしなさい」ということです。そんな必要はない。何故なら、人生は黙っていても苦しいことは起こるからです。その自然に起こる苦しいことは自分のものです。わざわざ他者の苦しみを背負う必要はないのです。

「苦労は買ってでもしろ」 は押し付けです。「なんでお金を払ってまで苦しまなきゃなんないんだよ!」と思いませんか?

苦労は、苦しい思いをするのですから、その背景には「やりたくない感情」が潜んでいるのです。 何故、やりたくない感情が潜んでいるか?それは自分の人生の課題ではないと感じているからです。

つまり、他者の人生の課題だからです。 本当にやりたいことなら「苦しいとは感じない」のです。または「苦しいと感じることがあっても満足感がある」ものです。

自分の人生を自由にやりたいように楽しく生きるのなら「買う苦労は不要」だということになります。 だからと言って苦労が全部間違っているというわけではなく、「自然に訪れる苦労は大切」です。

買ってまではする必要はないけど、自然に訪れる苦労には「来るもの拒まず去るもの追わず」の姿勢が大事です。何故なら、自然に訪れる苦労は自分の人生の課題であり「その先の安心、安堵、楽しい」を感じる重要なものだからです。

自分の課題と他者の課題を分離し、苦労も自分の苦労と他者の苦労の分離が必要です。

苦労を買ってでもしようと思っていると苦労をどんどん引き寄せて苦労の一生になりやすいのです。

あなたは「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われたらどう感じますか。

苦労を押し付けることはくだらない

以下、準備中

つまりめちゃくちゃシンプルなんですが、 僕が「苦労は買ってでもするな!買う苦労は手放そう!」が言うと賛成と反対が出るのは当たり前ですが、 反対のパターンですが、反対の方は苦労されている方が大半だと思います。 つまりこうです。

1、僕が「苦労は買ってでもするな!買う苦労は手放そう!」と言う。

2、1に反発する場合、苦労は買ってでも手に入れようと苦労を引き寄せる

3、苦労を引き寄せるから苦労が絶えない

4、苦労を手放せない

5、一生苦労する

つまり、苦労を手放す勇気がないのです。

自分で苦労を引き寄せているいたってシンプルな問題なのです。 苦労しなければ絶対におかしくなる!失敗する!と思い込んで不安で洗脳されているようなものです。 苦労しなくても良い道へいくことは認められないのです。

そして、引き寄せるからどんどん苦労の絶えない人生になるのです。 跳ね除けるか引き寄せるかなんです。 それでも苦労が大好きな人は、引き寄せるのは自由です。 僕はいりません。 苦労するくらいなら、美味しいもの食べて寝ぼけています(笑)

必要な苦労はしたいです。

苦労の先にある楽しさや幸せを感じるための苦労は好きです。 つまり苦労だと感じないのです。 僕は子供の時にやっていた窃盗をやめるのに苦労などしていません。自然にやりたくなくなったのです。

少年院での作業が楽しくて苦労などしていません。 少年院からの脱走した過去も苦労はしていません。 資格を取得することも苦労しませんでした。 自分のやりたいことだからです。

しかし、自分の価値観じゃないものを背負った事を捨てるには苦労しました。 自分の物じゃないからです。 他者の苦労は嫌でしかたなかったので「自分のことは自分でやりなよ」って捨てました。 それだけです。 ですので「苦労は買ってでもするな!買う苦労は手放そう!」が大事なのです。

買わなくても引き寄せなくても自然と必要なことは試練のように起こってきます。 それを乗り越えればよいのです。 勘違いをして苦労は良いものだ!と劣等感とセットで他者に押し付けるからおかしなことになるのです。

自信がない人は、自分より劣ったと感じた人間に近寄り、馬鹿にし話のネタにします。 その為にくっついて近寄っていきます。 僕も過去に自信がないころ、劣ったと感じる人間に近寄り馬鹿にし話のネタにし、酷い事をし、価値観を押し付けました。 「お前は甘い環境で苦労をしらないから、そんななんだよバカ」って。 相手はますます悪化し家から出てこれなくなりましたので、甘くて弱くて苦労を知らないやつなんだと思ったので、少し厳しさを教えてやろうと追い込んで玄関からピューピュー音ありロケット花火連続攻撃もしました。玄関ガンガン蹴っ飛ばして新聞受けを壊したり。 警察呼んで自殺の恐れがあると警察に言い、ドアを開けさせて、布団の中でうずくまっていたのです。その後ぶっ飛ばしました。 しっかり反省しました。

押し付ける勘違いの酷い最低人間でした。 くだらない眠たい劣等感の押し付けなのです。 自分が、無駄に買った苦労で苦労して辛かったから、他者に背負わせようとして、きれいごとを言い、押し付けているだけなのです。買った苦労の結末は醜い自分でした。 僕自身が苦労を押し付ける人間だったからわかったことです。 人に押し付けることはだめなのです。 人には人の人生があるから害のないやり方は尊重することが大事なのです。 害のあるやり方はやめることが大事なのです。 苦労の押し付けは害があるから捨てることが大事です。 押し付けられる自分を変えることも大事です。 自分の考えで生きればよいのです。 自分の苦労ではない外部の苦労を受け取った自分に責任があるのです。 自分がやりたければやればよいのです。

「人は頑張って苦労しなければならない…」という固定観念に縛られて無駄なん頑張りや苦労に打ちのめされて病んでしまい動けなくなってしまう人たち。「頑張り」も「苦労」も他人に決められることではない。自分が自分の責任で必要だと判断したら頑張ればよいのです。苦労も同じです。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2000件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)