恐怖症のあなたは「勇気がある人」です。なぜなら、心の中の小さな自分を 「悪魔(恐怖)」に明け渡していない(生贄に捧げていない)から…。

恐怖症のあなたは「勇気がある人」です。なぜなら、心の中の小さな自分を 「悪魔(恐怖)」に明け渡していない(生贄に捧げていない)から…。

恐怖症のあなたは「勇気がある人」です。

は? 何言っているの?
勇気が無いから恐怖症になったのに…、
と思った人もいるかもしれません。

これは、実は、逆です。

勇気があるから、
恐怖症になれたのです。

その理由をお伝えします。

恐怖症のあなたは「勇気」がある人!

僕は「恐怖症」の人たちが好きです。
素晴らしい人たちだと思っています。

足りないのは
「更なる学習(恐怖を減らすための)」です。
恐怖に同一化すると、恐怖症になることは出来ません。
そして本当の自分を見失います。

恐怖症の人たちは「勇気」があるから、
「同一化に抵抗してきた人たち」です。

最も勇気が無い者は恐怖に同一化した者

最も勇気が無い者は恐怖に同一化した者です。

恐怖に同一化すると、
恐怖対象の思考、感情、行動、属性などを取り入れて、
恐怖対象と同じようになっていき、恐怖支配の群れに馴染んでいきます。

これは本当の自分を見失うということ。
本人は「恐怖に同一化した」とは思っていません。
認めることも出来ません。一時的に恐怖から逃れることが出来ます。

恐怖への同一化をしていた者が、
勇気を持ってそこから抜け出した時に、
恐怖症になる場合があります。

例えば、暴力団員だったけど、そこから抜け、
本当の1人になった時に恐怖症になる等。

勇気を持って恐怖に抵抗し始めた者が
恐怖症になる場合もあります。

その恐怖症は勇気ある1歩の証です。

勇気ある者は恐怖を抱く

次の格言をお読み下さい。

勇気とは、
恐怖に抵抗することであり、
恐怖を克服することである。
恐怖を抱かないことではない。

アメリカ合衆国の著作家、小説家、ミズーリ州出身。「トム・ソーヤーの冒険」の著者 〜マーク・トウェインの言葉〜

恐怖に同一化した者は、
恐怖に抵抗していません。
ですから「恐怖克服」もしません。

恐怖に同一化している間は、
呑気に楽しく生きれます。
但し、「本当の自分を見失う」という
恐ろしい「代償」があります。
(あとから戻ることが困難)

恐怖のトップは「悪魔」であり、
恐怖への同一化は
悪魔に魂を売る」ということ(喩えとして)。
ですから、長い間恐怖に同一化していると、
本当の自分には戻れなくなるのです。

恐怖症の人は、恐怖を抱えているけど、
同一化せず抵抗している人たちなのです。

このことを知っていた「マーク・トウェイン」は
本当にすごい人だなと、心から思います。

足りないのは更なる学習(恐怖を減らすための)

恐怖症の人は、勇気ある人たちです。
最初にお伝えしたように、
足りないのは「更なる学習(恐怖を減らすための)」です。

そして恐怖症の人たちは、
「本当の、本当の自分に最も近い人たち」です。

疑い深い参加者様の恐怖も減った

疑い深い参加者様も、
サヨナラモンスターは、確かに恐怖が減る」と言いました。

抱えている恐怖の大きさによって、
個人差は大きいですが、
この方法で書き続けると「恐怖感情」は減っていきます。

「書くこと」で減らすので、自宅で安全に恐怖と直面出来ます。
強い恐怖を抱えているあなたも、
「サヨナラ・モンスター」に取り組んでみませんか?

僕自身、13歳の時に恐怖に同一化しました。
もう限界だったから。
(その時には同一化した自覚は無い)

そして、18歳、19歳、この頃に、
もう一度やり直そう…。そう思う出来事があり、
僕は、同一化していた群れから離れました。

それは恐怖がどんどん強くなっていき、
それでも、もう二度と同一化したくない、
裏切りたくない…、その思いで、
1人で恐怖に抵抗し続けました。

勇気とは、
恐怖に抵抗することであり、
恐怖を克服することである。
恐怖を抱かないことではない。

アメリカ合衆国の著作家、小説家、ミズーリ州出身。「トム・ソーヤーの冒険」の著者 〜マーク・トウェインの言葉〜

そして、全てではないけど、
サヨナラモンスターで恐怖が大幅に減りました。

この心の変化を経験し、
「マーク・トウェイン」の言葉は間違いない。
そう確信しています。

同一化して群れから離れ、
1人で恐怖に抵抗し、
1人で恐怖を克服する。

これこそが「真の勇気」だなと、僕は思います。

ですから、恐怖症
(同一化せず恐怖に抵抗している)の人たちは、
勇気ある人だと、僕にはわかります。

恐怖症のあなたは自信を持って下さい。
あなたは恐怖に抵抗し、
同一化しないで生きてきた勇気ある人なのです。

それは、心の中の小さな自分を
悪魔(恐怖)に明け渡していないということ。
(心の中の小さな自分を生贄に捧げていないということ)

心の中の小さな自分を守っている素晴らしい人です。

あなたは、「恐怖」に抵抗しています。
しかし、「出し抜く力」が足りないのです。

サヨナラ・モンスターで自己理解を深めて、
知るべきことを知り尽くして、
恐怖を出し抜いていけるようになったら、
あなたは「本当の自分」を強く生きていけるでしょう。

GLAY の生きてく強さの歌詞にあるよう、

「”自分の良さに気づく間もなく 働くだけ
「何かが違う…」 それだけは良く分かっている(歌詞より引用)”」

この言葉が出る人は、恐怖に抵抗している証です。
恐怖の群れに染まっていません。

世の中の支配は、ピラミッド型で、
上に行けばいくほど恐怖支配も強いです。

つまり、どんな人でも恐怖の試練があるのです。
同一化してしまえば、楽になります。
前記したように、
本当の自分を見失う」という
恐ろしい「代償」があります。
(あとから戻ることが困難)

本当の、本当の自分って、
簡単に手に入るものではないのです。

恐怖に同一化した者たちは、
同一化している自分を本当の自分だと勘違いしています。

(彼らは気づく勇気が無いから気づけない)
(衝撃的なことが起こらない限り目が覚めない)

私の見積もりでは(人間の行動分析でその潜在意識を解釈する事で出てくる概算です)人類の90%以上は「自我喪失」していると思われます。

引用元:恐怖への同一化

僕も、上記引用にあるように、
人類の9割くらいが自我喪失していると思います。

本当の自分を生きるというのとは、簡単なことではありません。

ここまで読んで、あなたはどう思いましたか?

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)