「また自己肯定感が高まった!」と感じています!今、誹謗中傷問題に真摯に向き合い、作家の方や、弁護士の方、心理士など、色々な方々が「親」として戦っています(問題解決)。

「また自己肯定感が高まった!」と感じています!今、誹謗中傷問題に真摯に向き合い、作家の方や、弁護士の方、心理士など、色々な方々が「親」として戦っています(問題解決)。

ツイッター上で付き纏ってきた加害者が、何故か、僕が販売している人気教材「サヨナラ・モンスター」に攻撃を仕掛けてきて、事実無根のデマ(悪い嘘の噂)を流して、購入する人が減るように妨害していました(1年以上前から)。

こういった理不尽な攻撃(名誉毀損という犯罪レベル)に対し、黙っていると自己否定感が強くなりますから、「自己肯定感を高める方法」を出版している立場として、自己否定感を強くするわけにはいきません。逆に、こういった理不尽な攻撃を受けることで、更に、自己肯定感を高めることが大切です。ですので、実際に本書に記載の「駆逐力を高めるワーク」を行いました。

そしてそれにより、「また自己肯定感が高まった!」と感じています!

「第12章 積極的になると自己肯定感も高まる」でお伝えしたこと、、、「堂々と積極的に書く」を実践してみました。以前よりも「自己肯定感」が高まっていると感じています。他の方法では自己肯定感が高まらないかったという方は、この電子書籍を読んでみて下さい。他にはない方向性から、大切なことをお伝えしています。

理不尽な攻撃に対し、跳ね返せるようになればなるほど、自分に対し、ありのままで良い、自分はかけがえのない存在だと思いやすくなります。崩れにくい自己肯定感を感じやすくなります。

今、誹謗中傷問題に真摯に向き合い、作家の方や、弁護士の方、心理士など、色々な方々が戦っています(問題解決)。あのように「親」の姿をツイッター上で見せてくれています。あなた自身も、戦わないといけないこと、ありませんか? 心の中の小さな自分の親になり、心の中の小さな自分を守ることが大切です。それは「問題解決」を通して成し遂げることが出来るのです。戦い方は人それぞれです。かけがえのない存在であるあなた自身を、あなたの力で守ること、これをせず、深い部分の自己肯定感が高まることは、あり得ない…、僕はそう思っています。

【動画】子を襲われた母ウサギが、ヘビに猛反撃 | ナショナルジオグラフィック日本版サイトにある動画を見て下さい。「親」は「子」を守るためなら、命を懸けて戦うのです。心の中の小さな自分の親となり、自分を守る、自分の親になる。これが大切なことです。

人間の戦い方は「健全な問題解決」です。過去にお伝えしたよう、「予防意識」と「問題意識」をもって「問題解決」をしていくことが大切です。これをしない者たちは、問題が増えていき、スケープゴートに背負わせます。機能不全家庭は問題解決をしない家庭です。だから虐待が増えるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)