駐英中国大使の公式ツイッターアカウントが、ポルノ投稿に勝手に「いいね」!? これは「印象操作」の一部だ! 実は僕も過去に経験済み!

駐英中国大使の公式ツイッターアカウントが、ポルノ投稿に勝手に「いいね」!? これは「印象操作」の一部だ! 実は僕も過去に経験済み!

 

2020年9月11日の、CNNのニュース記事(下記引用元リンク)を読んでみて下さい。

香港(CNN Business) 駐英中国大使の公式ツイッターアカウントが、ポルノ投稿に「いいね」する出来事があり、在英中国大使館がツイッターに対して調査を要請した。

引用元:CNN.co.jp : 駐英中国大使アカウントがポルノ投稿に「いいね」、大使館がツイッターに調査要請

大使館側は、アカウントがハッキングされたと言っており、ツイッターに調査を要請したとのこと。

これは、大使館側が正しいと、僕は思っています。つまり、ハッキングが本当であり、「印象操作の手口の一つ」であると思います。普通に考えればわかりますよね。公式アカウントで、間違っても、そんな「いいね」はしないでしょう。

次の引用文もご覧下さい。

<ほかにも中国政府を批判するツイートに「いいね」したり、劉大使の「いいね」はどこか変だった、とフォロワーたちは証言する>

引用元:駐英中国大使が脚フェチ画像に「いいね」 中国は「反中国ハッカーの仕業」と | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

敵がまず、ハッキングします。そして今回のように印象が悪くなるツイートに、そのアカウントの持ち主が「いいね」しているように見せかけて、それを敵のフォロワーが、他の者に、「ほら、あの人のこんな趣味があるんだよ」とか、「こんなのいいねしてる…」と知らせて、印象を悪くさせる工作をする者たちもいます。

駐英中国大使館は9日に非難声明を発表し、「反中国分子が劉暁明大使のツイッターアカウントに悪質な攻撃を仕掛け、卑劣なやり方で公衆をあざむいた」と述べ、ツイッターに報告して徹底調査を要求したことを明らかにした。

引用元:CNN.co.jp : 駐英中国大使アカウントがポルノ投稿に「いいね」、大使館がツイッターに調査要請

上記にあるよう、「悪質な攻撃」であり、「公衆を欺いた」ということです。印象操作です。

今だから言いますが、実は僕もツイッターで類似した出来事が数回起こったことがあります。そして不信感を抱いているので、本名やサヨナラ・モンスターの公式アカウントとしてのツイッターの利用は控えています(匿名アカウントは害がないので残っているものもある)。ツイッターだけ、不可解なことが多すぎるのです(今回お伝えすること以外にも、色々ある)。

まず、以前ツイッターで、赤の他人(多人数)から嫌がらせを受けていたころ、相当悪質な者で、レベルもまあまあ高く、一部は政治等に関する発信やRTをしており、極端な反社会的な思想からカルト的な何らかのグループによるものである可能性があると思い、それならアカウントに対しても簡単に嫌がらせが出来るだろうと思い、僕のアカウントに対して他にどんな嫌がらせを仕掛けてくるか、試してみようと思いました。

そして、今回のニュース記事にあるような「公衆を欺き、印象操作する嫌がらせが来そうだ」と思い、自分のメインアカウントのフォローを全て外し、フォロー数をゼロにしました。案の定、勝手に僕のアカウントが変なアカウントをフォロー…。しかもエロアニメオタクみたいなアカウントを。恐らく、ハッキングして勝手に変なアカウントをフォローして、裏で、あの人おかしい人なんだよ、とくだらない幼稚な印象操作をしていたのでしょう。「新規ログインのお知らせ(ご利用のアカウントに新しい端末からログインがありました)」通知が届いておりません。

まともな発信をしている僕のアカウントのフォロー数が1、フォロワー数が約4000、そのフォロー1が勝手にフォローしていたエロアニメオタクみたいなアカウント。多くの人は、「この人の変な人かも」と思うでしょう。そして実際に、少しずつフォロワーが減っていました。このことに気づいて、その勝手にフォローしていたアカウントのフォローを外しましたが、減ったフォロワーは戻ってこず、回復するのに少し時間がかかりました。印象操作の影響は大きいものです。

何故、ツイッターだけ、このような異常なことが起こるのか。不可解で、気持ち悪さを感じていたので、今は、実名や、公式アカウントとして、ツイッターは利用していません。知らない間にマイナスになる不可解なことが起こることが怖いので。

他にも、僕のアカウントが勝手に変なツイートをいいねしていたり、変なアカウントをフォローしていたことは他にも数回ありました。一つ一つの自分の行動に責任を持っている僕が間違えて押したわけではない。ツイッターだけ、不可解なことが起こるから、利用しないようにしています。このようなことが1回でも起こり、そして「原因不明」とのことなら、もう信用は出来ません。こんなことはいいねなどログを取っておけば、本人が押したか、教えていないか、確実にわかることでしょう。それが「原因不明」となるのであれば、そこはもう信用に値しません。

SNSでの誹謗中傷により、自殺者も出て、ようやく騒ぎ出してくれましたが、誹謗中傷は、SNSの闇のほんのごく一部です。印象操作、ハッキング、ガスライティング、中毒になるように向ける、あらゆる闇が隠れているのがSNSです。SNSが悪いとか悪くないという話ではなく、自分が利用する場所には、潜在意識への影響も含め、どんな影響があるのか、それを知ることが大切なのです。

僕に対して嫌がらせをしていた側は、おそらく「カルト」です。又はカルト的な思想の持ち主です。カルトは、「はい簡単に心が治っちゃいまーす!よかったでちゅねぇ♪はいみんな仲間でちゅよぉ」と、メンタル界隈に潜んでいて、引き込むことが目的(今は、カルトがカルトだということを隠して、信者にするために巧みに引き込む時代)ですから、僕のように、心の深い部分、根本から変えましょう。自分を大切にしましょう。こういった発信は、カルトにとって邪魔なのです。カルトは心の奥にプログラムを仕込み、そこに蓋をしますから、深い部分を解くとか、本気で変わるとか、こう言ったことはカルトにとって邪魔になるのです。カルトと僕の発信は対極にある部分が多いのです。

そしてカルトの狩場はSNSですから、SNSで同じジャンルで対極の発信を行うと、当然、敵が増え、嫌がらせを受けることもあります。ツイッターをやめたら、カルトであろう50代のおばさん連中も大人しくなりました(嫌がらせをしてこなくなった)。こればっかりは仕方ないので、僕が場所を変えて発信することにしました(僕の方が大人)。そうすることで、カルトのであろうあの連中も満足なのでしょう。僕は自分の信念(自分が心から大切だと思うことを発信する)は曲げませんが、カルトの縄張りで無駄に疲れることはしたくないと思うようになりました。信者になるのも、ならないのも、みんな自分次第ですので、僕は偽善者になるつもりはありません。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
駐英中国大使の公式ツイッターアカウントが、ポルノ投稿に勝手に「いいね」!? これは「印象操作」の一部だ! 実は僕も過去に経験済み!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
駐英中国大使の公式ツイッターアカウントが、ポルノ投稿に勝手に「いいね」!? これは「印象操作」の一部だ! 実は僕も過去に経験済み!

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)