心の奥に抑圧されているものを、「書くこと」で、表に出していくと、心は軽くなっていきます。出来るだけ「深い階層の情報(心の奥に抑圧されているもの)」を、出来るだけ多く発見していくことが大切なのです。

心の奥に抑圧されているものを、「書くこと」で、表に出していくと、心は軽くなっていきます。出来るだけ「深い階層の情報(心の奥に抑圧されているもの)」を、出来るだけ多く発見していくことが大切なのです。

表に出そう

心の奥に抑圧されているものを、「書くこと」で、表に出していくと、心は軽くなっていきます。

これは、何処かの本を読んで知った気になって言っているのではありません。専門家の言葉をリライトしているわけでもありません。僕自身の心の深い苦しみ、そして、その一部の苦しみの解放により、実際に何度も自分で実感してわかったことです。「心の奥に抑圧されているもの」、これを「書くことで表に出す」と、心が軽くなるのです。

だけど、心の奥に抑圧されているものですから、当然、自分で気づけないものです。では、気づけないものを、どうやって表に出すのか? それが、サヨナラ・モンスターの教材本編「必ずメモしておくこと」の作業です。参加者さまは、ここをもう一度読んで、再確認して下さい。自分で気づいていない、自分の心の奥に抑圧されているものの欠片が、サヨナラ・モンスターの教材本編「必ずメモしておくこと」の作業に、ほんの微かに、、少しずつ表れてくるのです。この作業は、とても【重要】なことなのです。

ここで、勘違いしてほしくないことは、このサヨナラ・モンスターの教材本編「必ずメモしておくこと」の作業を、「浅い階層の情報」として考えないで欲しいのです。ここで書き出す情報が浅い情報なのに、それを心の奥に抑圧されているものと勘違いしてしまう人がいるのですが、それでは、その後の作業が上手くいかないのです。この作業を通して、「深い階層の情報」を引っ張ることが重要なのです。「深い階層の情報」を引っ張り出し、その情報を、付属ツールの【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】の質問文Bの1にセットして、そこから変えていくのです。

つまり、稀に勘違いをされて、「浅い階層の情報(抑圧されたものではない)」を質問文Bの1にセットして変えることが全てだと思っている人もいますが、それも悪くないです。認知療法的なものですから、プラス効果が期待出来ます。サヨナラ・モンスターは、認知療法、認知行動療法では効果が出ない深いレベルのものを変えていくためのものですから、「浅い階層の情報(抑圧されたものではない)」ではなく、「深い階層の情報」から、付属ツールの【自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール】の質問文Bの1にセットして、変えていくものなのです。

この違いを、忘れないで下さい。

表に出そう

心の奥に抑圧されているものを、「書くこと」で、表に出していくと、心は軽くなっていきます。

繰り返しますが、これは、サヨナラ・モンスターの教材本編「必ずメモしておくこと」の作業で、出来るだけ「深い階層の情報(心の奥に抑圧されているもの)」を、出来るだけ多く発見していくことが大切なのです。それが、深いものであればあるほど、変化させれた時に、大きな成長に繋がるのです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)