親の見えないいじめが子供を学校でいじめに巻き込まさせている

親の見えないいじめが子供を学校でいじめに巻き込まさせている

親の見えない”いじめ”が子供を学校でいじめに巻き込まさせている場合があります。

このような話は、反発がくるのは当然ですし、認めることが嫌なのもわかります。

まさか、自分で気づいていない自分のコミュニケーションによって子供を知らず知らず追い込んでしまい、更に親は言葉では良い言葉を言っているから子供もまさか親から傷つけられているなんて気が付けないのです。

それが、問題行動やいじめとして現れてくると私は確信しています。

実体験も通して、そして、今までいじめに巻き込まれた人の話を聞いて、確信しています。

子供のことを考えるからこそ、細かい部分に目を向けてあげなくてはいけないんです。

ある子にこう言いました。

「親に縛られて封じ込めらて誰も信じれないんだよね?」

すると、その子は普段泣かないで強がっているのに

泣き崩れて顔がしわくちゃになりました。

今まで誰にも理解されず感情も支配され封じこめられて辛かったでしょう。

私もその気持ちはわかりますから、こそこそ陰湿に追い込むなら刃物で刺してみろやって思った事もありますね。

子は親を無条件で信じています。

そんな小さな子を追い込み腐った操作をするような親ほど受け入れるのは嫌でしょうが、そんな姑息な真似をすればするほど子は問題行動を起こします。

逆に親が改心し姑息なやり方をやめると、まるで魔法かのように子供の問題行動が止まることもあるのです。

小さな子供の繊細な心を守ることもせず、

細かい事でうじうじしてという大人は自分がうじうじして子供いじめをして、それを隠ぺいしていることに気が付くべきです。

親による隠れた子供いじめは必ず明るみに出てくるでしょう。

逃げることは不可能です。

このような記事に刺激されてしまい、反発したくなるのは図星だから刺激されるのです。

必死に隠そうと「親のせいにしている」という見方で安定を保とうとするのでしょう。

そうでない正常な人は、一個人の意見として区別して学べるはずですからね。

子供には厳しく、自分には甘く。

子供には厳しく、自分には甘いおやつを与える。

子供には、「親のせいにするな」と言いながら自分が文章に刺激されたら、相手のせい。相手の考えがおかしいから・・。相手が勘違いしているから。

誰でも下に圧力を出し、上に恐怖することはあります。

私も同じです。

だからこそ本当の恐怖に向き合い、克服し、歪みを修正することが大切です。

一番身近な存在が、涙していないか気づくこと。そこが大事だと思います。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)